Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ユーラシア展示その3・ドイツカワウソセンター

[ This is Otter-Zentrum Hankensbüttel's final report of mine. I saw a lot of impressed exhibits and enjoyed the ideas of interactive explanations about otter and environment around there. Finally, let's fix our eyes on the otters from underwater observation window! ]

121025_01
何食べてるんでしょうね? ヒヨコかw

ハンケンスビュッテル・カワウソセンター、いよいよ最終回です。気が付くと7回分も書いてしまった。それだけものすごい情報量があったということですな。


121025_02
実にカワウソな風景。

これを守らなければ! という目標が明快に示されている、たいへんに優れた展示です。




121025_03
さてカワウソセンターは事実上、イタチ科センターなのですが、唯一の例外として犬が飼育されてます。Otterhund、つまりカワウソ犬。


121025_04
カワウソ犬というのはウナギイヌみたいなものではなく、オッターハウンドというカワウソ猟のために改良されて生まれた犬種のようです。こういうことをするのはイギリスなのですが、ドイツでも昔はカワウソ猟をやってたってことですね。かつてのカワウソの敵も、ここでいっしょに暮らしているのであった。懐が深いぞカワウソセンター!

ちなみにこのやる気のない写真は、カワウソ犬のガイド中に隣のマツテンのウッドデッキからちらっと撮ったもの。あくまでイタチ科優先の撮影をこころがけた結果がみごとに表れています。




121025_05
遊具ももうちょっと見てみましょう。これはまあ、見ての通り湖上に張られたロープをたぐって進むイカダ。あまり学習目的ではないと思われます。説明板のカワウソを見てね。


121025_06
前回の記事の中にもあった緑の▲の標識は、実はカワウソ生き残りゲームという連続したカワウソ環境学習遊具です。これは漁網に入り込んでしまう体験。カワウソが漁網に入り込んで溺死する事故が多いため、そのリスクを身をもって理解してもらいます。


121025_07
これは前回お見せするのを忘れた、ボールころがしゲームのディテール。ここまでたどり着けるかな。


121025_08
これは足跡スタンプ。砂に押して遊びます。カワウソだけでなくイタチ科の他の動物のもあります。


121025_09
展示に戻りましょう。「カワウソの小川」の本日最後のガイドがはじまりました。


121025_10
今回は地下の水中が見える窓から撮影してみます。ここはガイド中にはお客さんがぜんぜんいなくなります(みんなこの上のデッキの上で見ている)が、撮影の点からすると超穴場。水中観察窓ですが水位がほどほどにしてあり、水面上のカワウソの様子を「他のカワウソの視点で」撮ることができます。


121025_11
ぶくぶくぶく

カワウソが泳いでくるのをカワウソ視点で撮るとこうなります。


121025_12
鼻・耳・目が一直線!


121025_13
じー


121025_14
ガラスを蹴って泳ぐので、足跡スタンプみたいのが撮れました。


121025_15
後ろ姿もたまりません!


121025_16
ガラスはそれほどきれいな感じがしなかったのですが、何でこんなにちゃんと撮れてんのか不思議。しかも最高感度のISO12800で、いつもならノイズまみれになるので絶対に使わない設定です。


121025_17
はい、エサはおしまい。


121025_18
あ、あいつ何か持ってんぞ。(←カワウソ視点で見てね)


121025_19
何食ってんの?


121025_20
ん?


121025_21
ガジガジ


121025_22
魚?

わたしに取られそうだと思ったのか、隠して食べてるのが面白いです。



・・・というわけで、本日の撮影は終了!



・・・



121025_23
楽しげな木彫。入口のインフォメーションセンターにも、カワウソとセンター周辺の環境を理解するための展示がたくさんあります。


121025_24
お金を入れてね。


121025_25
これは入口にある高額寄付者?のお名前が記されたもの。ドイツカワウソ財団(Deutsche Otter Stiffung)にいくら寄付すると金の足跡になるのかな?「足跡は永遠に残します。いっしょにやりましょ!」ってあります。

左のアクリルシリンダーは立体棒グラフで、満杯になると500,000ユーロ(約5000万円)で、現在50,000ユーロをちょっと超えてました。上のスクリーンにはカワウソセンターの紹介ビデオが常時流されており、これを見るとついつい展示を見に入りたくなってしまう・・・という仕掛け。あ、ここは無料エリアです。


121025_26
というわけで、長らくおつきあいをありがとうございました。カワウソセンターでした。また来るぜ!



次はハーゲンベックかな。
ドイツで4か所めのオオカワウソ展示があります。
たぶんちょっと間が空きますごめんなさい。

ユーラシア展示その2・ドイツカワウソセンター

[ Otter-Zentrum Hankensbüttel's third exhibit of Eurasian otter is "Otter-Wasserfall" or otter-waterfall. And they have many playground equipments in many place. The equipments are not for fun, but for understanding otter's property and today's environmental problems around otters. ]

121024_01
カワウソ横断注意!

話が前後してすいません。ハンケンスビュッテル・カワウソセンターに戻ります。

しかしこの「Otterwechsel」という表示なんだけど、Wechselって交代、とか交換、という意味で、一般的に横断というニュアンスはないみたいなんですよね。「カワウソ交代」ってどういうことよ?

こんなにあるよ、Otterwechsel!


121024_02
通りますよ〜


121024_03
へへっ、ヒヨコもらっちゃったぜ


121024_04
魚ゲットだ〜


121024_05
ちょっとカーブしてみる


121024_06
森の奥からやって来て、


121024_07
木にも登ります。


121024_08
ととととと・・・


121024_09
キリっ


121024_10
ふぃ〜

前回、説明しましたように、「カワウソの小川」展示は、水路の半分をあえて人工水路にしてあります。そこはこんなふうに護岸されてる。


121024_11
で、その近所にこんな学習遊具があります。ブルーシートの部分がふかふかマットになってて、そこから茶色の壁(鋼矢板:こうやいた、シートパイル)に沿ってジャンプして上がってみてね、という趣旨。

要するに、鋼矢板なんかで垂直に護岸してしまったら、カワウソが水から出れなくなるでしょ、ということを体で学んでもらう遊具なのだ。上の写真では、カワウソは鋼矢板につかまってくつろいでましたけどね。でもまあ、両岸がずっとこれで覆われてたらやっぱりイヤでしょう。


121024_12
こちらはカワウソ生き延びゲーム。標識型看板しか撮ってませんでしたごめんね。左にチラって見えているゲームの中身は、たしかボールを穴に落ちないようにゴールまで送るゲーム。


121024_13
で、こちらが冒頭のカワウソ横断注意の体験遊具。

「音が出てたでしょ?」と、昨年ハンケンスビュッテルで研修された多摩ズーのOさんに指摘されましたが、ぜんぜん気が付きませんでした。だめだオレぜんぜんちゃんと見てない。要するに、カワウソは音で車が来るのを判断して横断しているので、それを体験してみよう、というコーナーだったらしい。



・・・



121024_14
で、これがカワウソ第3展示場「Otter-Wasserfall」。名付けてカワウソの滝。奥の人がわしゃわしゃいるところが小山になってて、滝が作られています。


121024_15
上から見るとこういうスペース。カワウソはどこだ?


121024_17
横から水中が観察できます。


121024_16
カワウソがどうやって身を守っているのか、的なインタラクション解説。頭が平らで目と鼻と口が一直線に並んでいるのはね・・・


121024_18
ほら、出たあ!


121024_19
身を潜めて警戒中。


121024_20
というか、エサはまだか中w


121024_21
下からガラスごしに。


121024_22
ふんふん


121024_23
お子様もびっくり。



・・・



さて、このへんでお昼にしましょう。入口まで戻ってレストランへ。

121024_24
アイスがおいしそう。いたるところに ↑ カワウソがいます。


121024_25
これはお釣り皿。


121024_26
このベビうそを抱っこしたヒゲのおっちゃんこそが、カワウソセンターを作ったクラウス・ロイターさん。惜しくも2004年に54歳の若さで亡くなられました。ロイターさんはかつて州の森林局につとめていたのですが、カワウソ保護のために一念発起して職を辞し、このセンターを一から作り上げた超ビッグなカワウソ人です。


つづきます。

ユーラシア展示その1・ドイツカワウソセンター

[ Thank you so much for waiting for otters! Otter-Zentrum Hankensbüttel has 3 exhibits of Eurasian otters. At first, it's "Otter-Teich" or otter-pond. And next is "Otter-Bach" or otter-stream. Unlike zoos, we can watch animals almost only at feeding time here. So it's important to follow their guide schedule. ]


121017_01
ハンケンスビュッテル・カワウソセンターがつづきます。お待たせしました、今回からユーラシアカワウソです!

ではまず、入口からあらためて見てみましょう。
なぜかパンツはいた銅像カワウソがお出迎え。


121017_02
入ってすぐのオッターショップ。実に危険ですw 危険ですがちゃんと時間を決めてチェックしないと、先日のデュイスブルクのキリンショップの二の舞いになります。

ショップ前を左に進むとレストラン、右が展示エリアの入口です。レストランやさっきの銅像のある遊具エリアは、入場料はかかりません。


121017_03
展示エリアへ向かう道にある案内板。カワウソ以外はすでにご覧いただきました。


121017_04
頭と胴体としっぽを合わせる学習遊具。でもこれ、イタチ教のマニ車にしか見えないw 1回まわすとイタチ経を10万回唱えたことになります的な。どんなお経だ。


121017_05
まずは、Otter-Teich(カワウソの池)という展示です。ガイド時間のちょっと前に到着したらすでにカワウソが出ていました。


121017_06
あはは。この子は目が小さくて特徴のある顔ですね。


121017_07
どうも〜♪

葉っぱ乗せw


121017_08
広いカワウソの池には2頭、展示されています。


121017_09
はらへった


121017_10
まだかいな


121017_11
ガイド開始!


121017_12
うま〜♪


121017_13
不まじめなお客であるわたしは、ガイドを全部聞かずに次の展示へ向かいます。


121017_14
ここがカワウソの第2展示場。カワウソの小川(Otter-Bach)。水路がU字型に作られており、右側が自然のまま、左側が人工的に改修されて護岸工事が施されたものです。水はつながって流れています。


121017_15
その2本の水路をつなぐ部分に観察デッキが設けられています。デッキの下では水中観察が可能。他のお客さんはまだカワウソの池でガイドを聞いているので、だれも来ていません。


121017_16
右の水路の奥から、カワウソくんが出てきました! 期待通りの出方をしてくれますね。そう、写真を撮ろうと思ったらガイドの始まるちょっと前にそこへ行っておく、というのがポイントです。カワウソセンターの間違った使い方ですなw


121017_17
警戒しています。


121017_19
暗い森の小川に住むカワウソがみごとに表現された展示!


121017_18
あやしいやつが来てるな


121017_20
どうしよっかな


121017_21
ちょっくら出てやっかな


121017_22
そうこうしているうちに、お客さんが集まってきました。


つづきます。



おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】