Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

世界最大のカワウソ4・ハーゲンベック動物公園その1

[ In Germany, four zoos have Giant otter now. I've reported three of them already. And this is the final one, that is, Tierpark Hagenbeck. I came to be fully convinced of Giant otter's unique attraction. ]

130113_01
現在、ドイツ国内ではオオカワウソが4か所の動物園で飼育されています。今まで3か所、ご覧いただきました。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 世界最大のカワウソ1・ライプツィヒ動物園
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 世界最大のカワウソ1・ライプツィヒ動物園その2

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 世界最大のカワウソ2・ドルトムント動物園
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 世界最大のカワウソ2・ドルトムント動物園その2
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 世界最大のカワウソ2・ドルトムント動物園その3

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 世界最大のカワウソ3・デュイスブルク動物園
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 世界最大のカワウソ3・デュイスブルク動物園その2
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 世界最大のカワウソ3・デュイスブルク動物園その3

ちょっと(かなり)間があいてしまいましたが、いよいよ最後はハーゲンベック動物公園です。



130113_02
おお、いるねえ!泳いでるねえ!


130113_03
ちょっと狭いかな、という気もするけど。


130113_04
でもしっぽの先まで2メートル以上あるオオカワウソが群れで泳いでいることを考えたら、十分にでかい水槽だと思う。


130113_05
1.5メートル程度の垂直段差は軽く飛び越えられます。でもこっち側からプールに入ることは、設計した人も考えてなかったと思う。


130113_07
なになに〜?


130113_06
こんにちは!


130113_08
つくづく大きいですね。


130113_09
何かくれるの?


130113_10
たっぷりボディに水のはじっきっぷりがたまらん。


130113_11
何かあやしいやつが来てるよ


130113_12
他の動物園でも見られた通り、やっぱり植栽に「竹」が入っています。オオカワウソに引っこ抜かれにくい割に、密度が出せるからなんだろうか。


130113_13
2007年4月8日、2008年1月26日、2009年9月5日、2010年6月20日に生まれてます。すごいですね、たてつづけに毎年だ。その上にあるのは、物を投げ込まないで、ガラスをたたかないでの注意書き。こちらはいずこも同じフレーズ。


130113_14
つくづく長いですよ。


130113_15
水もしたたる、いいオオカワウソ。


130113_16
オオカワウソの目は他のカワウソ種に比べて飛びだしぎみ。これってやはり水上の視認性アップのための進化の真っ最中ってことなんでしょうね。このまま進化を続けていくと、きっとカエルやトビハゼみたいな顔になっていくよ。


130113_17
それとアマゾンあたりにいる動物では、ノドあたりにぶち模様があるのが多い(タイラとアマゾンマナティしか知らないけど、たぶん他にもいるはず)。こういう柄物関係もやっぱり収斂(コンバージェンス)なんだろうか。


130113_18
えっへん!


130113_19
あ、クチは開かない方がかっこいいみたい。


130113_20
なんだなんだなんだ〜?


130113_21
奥の砂場でおトイレ中。

オオカワウソはおトイレ中もしっぽが上がり切らない感じです。重そうだもんね。


130113_22
水面航行中。目の上のヒゲがピンっと立って警戒モードか。


130113_23
精悍だけど、どこかおまぬけな感じが魅力。


130113_24
ペリスコーピング(水面から潜望鏡のように高く首を上げて警戒する習性)と同じ姿勢をしてくれました。この状態だとノドの模様が観察しやすいのですが、飼育個体だとあまり首上げをしてくれないような気がします。逆に野生ではこのスタイルの写真が圧倒的に多い。


130113_25
ふしぎなふしぎなハーゲンベック。


オオカワウソつづきます。

  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 11:31 | Edit

基本のハーゲンベック

[ Rothschild Giraffe, Impala, Polar bear, Walrus, Asian elephant, etc. at Tierpark Hagenbeck. I visited there first time last summer. New exhibit called Eismeer was good. But I prefer old elephant hall. And otters are coming up on the next update. ]

130111_01
ハンブルクのハーゲンベック動物公園。2012年8月撮影。ハーゲンベックは「動物園の基本」のひとつと考えてよいのでしょう。いろんな意味で。


130111_02
ロスチャイルドキリンのファミリー。


130111_03
キリン放飼場はそんなに広い印象がないのですが、写真見直してみるとこれが結構、広く見えるんだ。


130111_04
キリンはインパラ、クーズーと同居してました。


130111_05
インパラ。


130111_06
こちらはちょっと前にリニューアルされた、Eismeer(氷の海、すなわち南氷洋+北氷洋か)。ホッキョクグマとセイウチなどがいます。


130111_07
いました。


130111_08
まあ夏だしね。


130111_09
地下は水中が見られるようになってる。


130111_10
セイウチ来ました。


130111_11
ガラスに貼り付いて遊んでいます。


130111_12
ハーゲンベックと言ったら、これ。世界初のパノラマ展示。フラミンゴ→シマウマ→ライオン→バーバリーシープの展示が重なって、ひとつの風景として見える・・・わけですが。


130111_13
シマウマの奥にいるライオン。


130111_14
そのまた奥にいるバーバリーシープ。


現代人の目から見ると、かなり大味でした。でもこれ、100年前からやってるってことを考えると、やはりとんでもなく画期的な展示と思える。



・・・



さて、ハーゲンベックにはオオカワウソとコツメカワウソがいるので、ほとんどの時間は両方の展示を行ったり来たりしていた。カワウソが収容されてのち、閉園ぎりぎりで最後にふらっと入ったアジアゾウの室内放飼場(Freilaufhalle)が、すごかった。


130111_20
なんだこれ。あり得ない室内風景。


130111_19
ゾウの大きさを考えて、建物の規模を想像してください。


130111_15
せっせ、せっせ。


130111_16
あ、ちびゾウ!


130111_17
給油中。


130111_18
もう完全にスケール感が崩壊している写真。


130111_21
ちびゾウの体型が面白い。ゾウとハイラックスが親戚、ってのも何となくわかるような気がする。


130111_22
室内にいるということを忘れそうです。


130111_23
それにしても、ちびゾウの目がたまりません。


130111_24
模型じゃないよ。



次回はオオカワウソ、行きましょうか。


  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 00:06 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに5巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】