Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ブライドープ動物園・その3

[ Continuing report of Diergaarde Blijdorp. At first, Cuban hutia, Swift fox, Rock squirrel and Greater roadrunner at OCEANIUM. Then, Manned wolf, Asian elephant, Great Indian rhinoceros and Bacrtian camel. ]

150908_01
ブライドープ動物園がつづきます。この黒いのはキューバフチア。


150908_02
齧歯目です。カリブ海の島にいるフチアのうちでも、いちばん大きなやつらしい。


150908_03
のびてます。最初の個体と毛の色が違いますね。


150908_04
そのとなり、スイフトギツネ。北米の草原にいる小型のキツネ。


150908_05
Rock squirrel。和名を調べたら、ちゃんとあるんだなこれが。カワリイワジリス。北米南部のジリスです。


150908_06
そのとなり、オオミチバシリ。和名はグレーターロードランナーのまんま訳ですね。北米の砂漠の鳥です。


150908_07
今いるのはOCEANIUMという施設で、水族館かと思ったら上のような動物もいたりする。


150908_08
キングペンギンもここ。


旧入口から入ると、このOCEANIUMが最奥になります。付近は現在のメインエントランスなので、車で来たお客さんはここから見ることになるんでしょう。


OCEANIUMを出て、しばし来た道を戻ります。

150908_10
出た!タテガミオオカミ!


150908_11
今まで他の動物園で見たタテガミオオカミは、すぐにヤブに入ってしまってなかなかじっくり見れなかったのですが、やはりここでも同じでした。


150908_12
ヤブ好きなのね。


150908_09
さて、ブライドープ動物園はオランダ国鉄の線路をはさんで2つ敷地に分かれています。さっきのOCEANIUM、AMAZONICA、それとビクーニャやタテガミオオカミ、ホッキョクグマのいるのが、この線路の左側のエリア(上の説明写真の,里△燭蝓法これからのTAMAN INDAHという展示に向かいます。


150908_13
TAMAN INDAHは、要するにアジアゾウの室内展示。


150908_14
もう4時過ぎなのでゾウさんたちは室内に入っています。


150908_15
子ゾウ!


150908_16
観覧エリアが2か所しかなく、お客さんがいっぱいいるのでなかなか思うように観察できません。ここに上がったら見えるのかな?と思って高いデッキに上がってもぜんぜん見えなかったり。改善の余地がありそう。


150908_17
「あそんでー」状態ですね。


150908_18
乾草のっけ放題。


150908_19
子ゾウもマネします。


150908_20
壁の上部と天井からの全面採光。広さは、もうちょっとほしいかな、という感じ。


150908_21
外に出るとインドサイ。


150908_22
水モートが川みたいに見えます。


150908_23
その向かいがフタコブラクダ。


150908_24
ヨーロッパのラクダ放飼場ってどこも広めだなあ。


キリンも「爆発タマネギ」に入った頃なので、そろそろキリンに戻りましょう。
その4につづく。


みどりのアフリカ園

[ Yagiyama Zoological Park in fresh green leaves! It was Children's Day, so every zoos in Japan was crowded. ]

150505_01
仙台市八木山動物公園、5月5日のこどもの日。

純粋に撮影目的だったら、超混雑間違いなしのこんな日には行きません。でも今年はスケジュール調整がうまくいかなくて。だったらもう、いっそ一年でいちばんにぎやかなこの日に行ってやろうなどと思って、覚悟して出かけました。


150505_02
絵に描いたような新緑の色です。アフリカ園のこの風景が見たくて、今年もこの時期にやってまいりました。晴れてよかった!


150505_03
メアリーも楽しそうに見えます。


150505_04
そういえば八木山のシマウマ、識別できてませんごめん。


150505_05
わー!サクラちゃん出てます。
そういえば、今まで放飼場でサクラを撮ったことがなかったような。


150505_06
おらおら〜!


150505_07
あらあら、けっこうシマウマに強気です。


150505_08
仲よくしましょうね。


150505_09
アップで撮るとわかりませんが、引きで撮るとサクラちゃんちいさい。


150505_10
底の抜けたような青空。


150505_11
もしゃもしゃ


150505_12
おいしそうな若葉だこと。


150505_13
一方、ユウキはパドック勤務。2頭を同時に放飼するのはまだ難しいのだそうです。


150505_16
ふふふ・・・


150505_15
このメタセコイア?ごしに遠くから見えるゾウさん、とってもいい眺めです。


150505_14
リリーさんも楽しそうに見えます。


150505_17
結局、ゾウさんが収容されるまで、ここ(キリンのビュースポット)にずっと貼り付いてました。

午後も遅くなって少しは人出が落ち着いてきたと思われるので、ちょっと動きます。



150505_18
夏毛になるよ〜


150505_19
コブ子さん。


150505_20
レッサー前からサル山方面を見たところ。3時過ぎですがまだお客さんいっぱい。


150505_21
ちょうどポーラがこっちに出てきました。あっという間にお客さんが群がります。


150505_22
あれ、座り込んじゃった。


150505_23
そうこうしているうにち、もう閉園。


150505_24
サクラちゃん収容〜♪


実にいい半日でした!

オランとコツメの共生展示・ハーゲンベック

[ Tierpark Hagenbeck's Orangutan House shows us mixed-species exhibit. Of course the main exhibit is Orangutan but Oriental small-clawed otter supports it well. Actually, I could not watch otters this time. Unfortunately or fortunately, they had new born pups then and confined themselves to their den. I hope I can see this motivated mixed exhibit again when otters are there. ]

130122_01
ハーゲンベック動物公園のレポート、最終回はオランウータン舎。


130122_02
こんな外観です。
がっちりした入口があるのに、ドームは半分開いています。どーなってんだこれ?


130122_03
いますね、オラン様。


130122_04
お客はそれほど動き回れません。池の向こうにオラン島。



さて、なぜハーゲンベックに限ってオラン舎をじっくりご覧いただいているのかというと、ここはコツメカワウソと共生展示になっているからです。

130122_05
結論から申しますと、今回コツメには会えませんでした。当日は何でやねん!と思ってましたが、ここに理由がはっきり書いてあることに、今になってやっと気が付いたw

Unsere Zwergotter haben Nachwuchs und befinden sich zurzeit noch in ihrer Kinderstube.
(コツメカワウソは子育て中で、今は寝室にいます。)

な〜んだ。これじゃ出てこないわけだわ。

オランウータンの食事時間の午後3時半まで、ふたたびオオカワウソや他の展示へ。




130122_06
ゾウ舎の横にある動物園学校(Zoo Schule)。ドイツの動物園には必ずあるようです。


130122_07
ちびゾウにひっかかったりして、


130122_08
で、あっという間に3時半。戻ってきました。公開フィーディング大人気。


130122_09
同時に3本食べます。


130122_10
お父ちゃん、毛ハゲハゲやん。


130122_11
ハーゲンベックオランの家族構成。お父ちゃん以外はみんな♀。いちばんお歳の個体(ベラ)は何と1961年生まれ。

おや、ハラパンという名前の子がいますね。ハラパンはマレー語/インドネシア語で希望という意味なので、意外にありがちな名前だったのだ。

あと面白いのは、「オランウータンが混乱するから名前で呼ぶな」って書いてあります。何のこっちゃ、そのために名前があるのとちゃうんかい、と思いましたが、こんだけ個体がいると、きっと間違って呼ばれることも多いのでしょう。だとしたら、たしかにそりゃ迷惑だw


130122_12
上の方から見下ろしてみます。


130122_13
見上げるとこんな。結構、高い木です。どこまでオランが上がれるようにしてあるんだろう・・・などと今ならいろいろ考えられますが、これを撮ってる段階ではコツメがいつ出るかと思って下ばかり見てたので、まったく詳しく見てませんごめんなさい。


130122_14
ドーム部分。あ、そうか可動式なのであったか。夏だから全開にしているんですね。


130122_15
オランウータンハウス、2004年5月オープン。地表面積1000平方メートル、ドーム直径32メートル、高さ約16メートル、有効容積5280立方メートル。

「ZooLex」見たら載ってました。興味のある方はどうぞ。
ZooLex Exhibit | Hagenbeck Zoo Orangutan House




130122_16
父ちゃんえっへん。


130122_17
口紅塗ってるのかと思いました。


130122_18
ふたたびオオカワウソに行って1時間半後。すでに5時を過ぎましたが、閉園は7時なのでまだまだ粘れます。以前見せてもらったビデオで、池の手前のこの狭い砂場でコツメが遊んでいたのでした。さらにその手前はカフェになってます。あ、人間用のカフェです。でも今日はもう閉まりました。コツメも全く出てきません。


130122_19
若い個体。ハラパンかシミアだろうか。


130122_20
みんなでごそごそ、何かやってます。


130122_21
おやつですか?


130122_22
うん、その位置は楽しそうだ。


130122_23
閉園まであと30分。もうお客さんもいなくなりました。



降参です。


コツメとオランの共生って、ありそうであんまりやってない(大きさが違いすぎるので、ひとつの展示にまとめるのが難しいのか?)のでぜひ、見たかったんだけど。



130122_24
出口に向かう途中に、ベビラクダが!


130122_25
最後まで気が抜けないぞハーゲンベック!

(実はこのさらにあとに、あのアジアゾウの室内放飼場に遭遇するのでした)



これでようやくドイツ動物園シリーズは終わり、と思った?

あま〜い。

まだもう1園あるんだこれがw


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】