Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

秋吉台キリンズ・その1

[ Reticulated giraffes at Akiyoshidai Safari Land. One is young male and other three are female. ]

150410_01
秋吉台自然動物園サファリランドのアミメキリン。今年3月下旬の撮影です。


この日、朝のうちは寒くて怪しい天気でした。

150410_02
うわー、いますね!

秋吉台のキリンたちは、サファリゾーンではなく「動物ふれあい広場」にいますので、ずっと貼り付いていることができます。これはうれしいかも。


150410_03
朝食中。


150410_04
おじゃましますよ。
手前がコユキ、奥、左からフブキ、キズナ、右がカスミ。


150410_05
たてがみぺろぺろ。

ぺろぺろしているのはキズナくんでした!
いしかわ動物園でまだちびの頃に会ってる個体です。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | いしかわどうぶつ・キリンファミリー

いしかわ動物園で会った時はまだ1歳そこそこでしたが、もうすっかりオトナなのだった。


150410_06
キズナくん、裏が気になります。


150410_07
じー


150410_08
裏はご覧のとおり、かなり広いです!

このエリアはかつてはサファリゾーンの一部だったそうです。手前の柵がなくて、わたしが今、撮影している丘の上までずっとキリンエリアだったそうな。

日本海からの季節風がきびしいので、この時期キリンたちは風よけシェルターの中にいるのですね。



・・・



キリンから一時はなれて、サファリエリアに行ってきます。

150410_09
ブラックバックだ〜。


150410_10
いい感じで黒くなってます。


150410_11
ゾウさん。サファリエリアにいるのはふつうのアフリカゾウ(サバンナゾウ)です。



で、すぐにまたキリンに戻る、とw


150410_12
12時から「もぐもぐウォッチング」。
左から、フブキ、キズナ、コユキ。


150410_13
コユキちゃんは、


150410_14
すわりたがり、です。


150410_15
ふぃ〜


150410_16
すわってたら、もうおやつはなくなってましたw


150410_17
こちらはフブキ。コユキのお母さん。


150410_18
コユキ&フブキ。


150410_19
お話しているように見えます。


150410_20
日が照って、暖かくなってきました。


150410_21
キズナくんはシェルターでごそごそしています。


150410_22
と思ったら、外に出て跳ねはじめました。


150410_23
若いのぉー!


150410_24
風もやんだので、みんなで草をもしゃもしゃ。


つづきます。

ヘラブルン動物公園・その1

[ Happy new year! This year's first article is Tierpark Hellabrunn in Munich. On last August, I dropped by there during transit from Sao Paulo to Tokyo. It was a quite tough schedule. ]

150107_01
シャモア!

遅くなりましたが、新年おめでとうございます。ようやく2015年の最初の記事です。ブラジルの帰りに寄ったミュンヘンのヘラブルン動物公園、昨年8月の撮影がまだアップされてませんでした。サンパウロでは動物園からそのまま空港へ、ミュンヘンに朝着いて、そのまま動物園へ。体にやさしくないスケジュールですな。


150107_02
とてとて・・・


150107_03
おっ!


150107_04
アルプスマーモットがわらわら。意外にでかいんですね!


150107_05
シャモアのツノってどうして先だけ曲がってるのでしょう。武器というようりは、何かをひっかけて寄せるための道具みたいに見えます。


150107_06
しかしまあ、広い放飼場だこと。


150107_07
かい〜の。


150107_08
おや?               いたの?

シャモアとマーモット、とてもゆったりした混合展示です。


150107_09
穴から出ると無防備な感じかな。


150107_10
やっぱり穴がいいっすね。


150107_11
写真写りのイマイチな、アルプスマーモットでした。



・・・


150107_12
あらためてマップで確認。左下の入口から入りましたです。

今のシャモアとマーモットの展示は入ってすぐぐらいのところにありますが、それでもあの広さだよ。すでに先が思いやられます(体力はすべてブラジルで使い果たした)。




150107_13
広大なクマ放飼場のとなり、ヘラジカ(エルク)の放飼場。エルク遠くてぜんぜん見えねえ!


150107_14
おくつろぎのところ失礼します。


150107_15
こういうシチュエーションがあることを考えると、やっぱり500ミリは必要なんだわなあ。


150107_16
そのとなりはブラックバック。


150107_17
あらかわゆい子♡


150107_18
ブラックバックはニルガイ、アクシスジカと混合展示です。インドの平原のイメージでしょうか。


150107_19
ニルガイのメスさん。


150107_20
ニルガイのオスさん。


150107_21
そのとなりがキョンでびっくり。短足ジカは極東の神秘。


150107_22
向かいがインドサイ。ツノどうしちゃったの?


150107_23
そしてキョンのななめ向かいがキャン(チベットノロバ)という笑える展開。ぜったい狙ったでしょ。キャンの奥でゴロゴロしてるのはヤク。


150107_24
ノウマとノロバって、違いがよくわかりませんねー。


つづきます。


姫路どうぶつ・春サファリ♪

[ Continuing report of Himeji Central Park. It's warm and mild spring day today. So enjoy their drive-through safari part. We will come back to otters again next time. ]

140413_01
姫路セントラルパークのつづきです。今日は1回カワウソをお休みして、サファリをまわってみましょう。


140413_02
ドライブスルー、行け〜♪


140413_03
まずはネコ科のゾーンがつづきます。


140413_04
みんな元気にしてますかー


140413_05
こっち向いてー


140413_06
草食エリアへ。
現われたのは望(のぞむ)くん。到津でお会いして以来です。


140413_07
ローンアンテロープ。背景の山桜がみごと。


140413_08
山桜とシロオリックス。


140413_09
若い子たち。


140413_10
ふたたびローンアンテロープ。ちなみに後の四角い構造物は、シタツンガ専用シェルターだそうです。


140413_11
ブラックバック。


140413_12
こちらは若いオス。


140413_13
ちょっととばして、いきなりエゾヒグマゾーン。


140413_14
必ずここで止まって、


140413_15
引き返します。


140413_16
そうすると、不思議な形のクマ道ができます。


140413_17
第1フライングケージ。カビバラの湯もそろそろおしまい。


140413_18
ホワイトライオンのお子様たち。


140413_19
アダックス!


140413_20
の、若い子!


140413_21
ふたたび望くん。今度はテラスから。


140413_22
リン太。


140413_23
ミミさん。


140413_24
パドックにはミミさんの子、姫一くん。


140413_25
2013年10月5日うまれです。


140413_26
ミミお母さんといっしょ。


以上駆け足でしたが、山桜が真っ盛りの、春のサファリを楽しみました。
次回、カワウソに戻ります。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】