Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

世界カワウソの日@ズーラシア

170530_01
何年か前から、IOSFが毎年5月にWorld Otter Day(世界カワウソの日)をはじめたのですが、趣旨は分かるけど何でまた5月の第4水曜とかなんだ?と毎年首をひねっておりましたところ何となく定着してきたらしく、今年は日本でもいくつかの園館でイベントが行われております。もちろんイベント自体はとっても結構なことなので、しばらくご無沙汰のズーラシアに出かけてみました。


170530_02
ズーラシアでは5月27日(土)から31日(水)まで、公開フィーディングといつもよりちょっと詳しいカワウソのお話をされています。


170530_03
カワウソ展示場にはカワウソの総合的な紹介、これまでと現在の姿、日本の園館における飼育下繁殖の取り組みなど、パネル5枚にわたって解説されています。素晴らしい!


170530_04
午前中は昨年8月生まれのリュウ。もうすっかり大きくなってました。


170530_05
例の全面ヒビ割れ状態だったガラスが入れ換えられて、クリアな視界!


170530_07
リュウ、体は大きいですが、


170530_06
まだまだお子様なので、


170530_08
いちいちこちらに反応します。


170530_24
とういうわけで、お客さんに大人気でした。特に人間のお子様にはほぼ100パーセント、反応しますよ。


170530_09
水の中からおもちゃを運んで、


170530_10
わざわざそこに置いて、何で穴に入るかなあ。


170530_11
下の展示場にはモコ。昨年5月に安佐から移動してましたが、わたしはもう何年も前に安佐で会って以来でした。お元気そうで何より。


170530_16
つくづくユーラシアは、にょろりんっと長いのであった。



・・・



170530_12
11時30分からホッキョクグマのお食事。横浜で1年暮らしたらすっかり毛が薄くなってしまった!みたいなツヨシ。


170530_13
落ち着いた泳ぎっぷりは変わりありません。


170530_14
最後にサバが来るので喜んでおります。顔の毛が薄いけど元気よー。


170530_15
サバくわえて楽しそう。水から上がるとすっかりスリムになっているのがわかります。このくらい脂肪を落とさないと、横浜の夏は越せません。

下のリンクから、去年、冬の釧路から来てすぐの頃の毛の量と比較してみましょう(大きなお世話かも)。
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | ズーラシアのツヨシ!



・・・



170530_17
12時からいよいよ世界カワウソの日☆スペシャルガイド! イベント要員としては、リュウに代わってジュウベエが登場。


170530_18
水中展示前は黒山の人だかりだったので、ジュウベエはこれだけ。ごめんね。


170530_22
下の展示場に移動してガイドが続きます。


170530_19
モコ様大活躍。


170530_20
すっかりドクダミの園ですね!


170530_21
うまいっす!


170530_23
ショップも、とってもカワウソ押し。
世界が少しずつカワウソ寄りに変化しているのだろうか?


ズーラシアのツヨシ!

[ Tsuyoshi the polar bear who I reported recently moved from Kushiro Zoo to Zoorasia Yokohama Zoological Gardens on Mar. 1. I went to Yokohama to meet her finally. ]

160329_01
ツヨシが釧路市動物園からズーラシアに移動してもう4週間。ようやく様子を見に行ってきた。


160329_02
お、前足を揃えてリラックス姿勢だな。


160329_03
1か月ぶり!
もうすっかりこっちに慣れた感じだ。


160329_04
さっそく元気にスタンディング。


160329_05
ジャンブイのいるバックが気になる。ときどきね。


160329_06
何か楽しそうw


160329_07
今日は気温も高めなので、せっせと泳ぐ方向でまずドボン。


160329_08
こっち見えてるか〜?


160329_09
すっかり茶色くなった。


160329_10
おっ!


160329_11
ごはんですね!


160329_12
さっきから、すごく表情が楽しそうだ。


160329_13
リンゴ行くよ!


160329_14
ホッキョクグマの口元はよく笑っているように見えるけど、この場合、目まで笑ってるように見える。


160329_15
サバもらった♪


160329_16
ふんふん。


160329_17
いやー、今日は実に気持ちよさそうだ!


160329_18
釧路でお気に入りだったハート型湯たんぽもいっしょに来てた♡


160329_19
そして、釧路では見られなかった水中シーン。


160329_20
これにはお客さんも釘付け状態。


160329_21
大歓声があがる。早くもニューアイドル誕生の予感。


160329_22
釧路パワー!

水中観察窓の横ではツヨシ写真展。

お客さんには「ツヨシなのにメスなんだってー」とウケまくっていたが、これってものすごく記憶に残りやすい話なので、横浜でのツヨシ知名度アップにとても貢献していると思う。


160329_23
というわけで、


160329_24
がんばりましょう!横浜で!


あ、次回はカワウソの予定。オッチー&ヒメ。

それにしてもこのブログ、いろいろ途中のままあちこちの話を書き散らしてるんだけど、どうしたもんだろう。エメンも途中のままだし、先月の北海道もまだ終わってない。また忙しい時期が来るので書く時間がない。困った。

ミルクとツヨシ、その2

[ Second day at Kushiro Zoo. Same as yesterday, Milk was exhibited in the morning and Tsuyoshi appeared afternoon. Look at amazing behavior of Milk! ]

160316_01
2月下旬の釧路市動物園、ミルクとツヨシの続き。表紙↑はツヨシ。


160316_02
まずは午前中のミルクの様子を。
今日は新しいおもちゃとして、ホースが投入されていた!


160316_03
おかげではじめて接する物体に対し、ミルクがどのように反応していくのかを観察することができた。


160316_04
その新しい存在をどうやって激しくプールに叩き込むか、という意図がベースにあり、様々な行動が発現していくように見えて興味深い。


160316_05
端部の匂いを嗅いでいる?


160316_06
壁にぶつけて跳ね返らせてみる。


160316_07
水中に沈めたあとで振り回すと、端部から水が吹き出すことに気づく。


そしてこのあとがすごかった。

160316_08
プールの縁にホースを4分の1ほど飛び出すように置いた状態で、それを前脚でタッチして跳ね飛ばしつつ・・・


160316_09
自分はプールにダイブする。
視線の先に注目。あくまでホースの動きに関心があるようなのだ。


160316_10
これを何度も繰り返す。


160316_11
いかにホースを派手に跳ね飛ばすか、ということが問題なのだ。


160316_12
だいたい納得したのか、ホースなしのノーマルなダイブも繰り返して、


160316_13
揚々と引き上げるミルク。

とんでもないクマである。いっぱい飛んでたけど。




・・・



さて午後1時、ツヨシに展示交代。

160316_14
今日は実にいい天気。


160316_15
でも今日はお客さん少ない。一昨日いっぱいいた遠征の人が、ぜんぜんいなかった。曜日の関係であろうか。


160316_16
この角度だと、ツヨシの頭の毛の分け目がよくわかる。


160316_17
この壁の部分の凍り方で気温がわかるようだ。つまり今日は一昨日より気温が低い。


160316_18
やがて余裕のスタンディング。腕組みしているように見える。


160316_19
スタンディング中は人っぽいが、直立姿勢が崩れるときにホッキョクグマの体型(特に首の長さ)がよくわかる。


160316_20
場の確認が終わると、安心してくつろぎ姿勢に。


160316_21
魚食べるのホースで遊ぶのどっちなの!

ツヨシの欲張りが遺憾なく発揮されるパクパクタイムであった。


160316_22
でもやっぱり、リンゴは行儀よくいただきます。


160316_24
昼寝には最高の天気だ!


その後、ツヨシは無事にズーラシアに移動、3月19日から一般公開の予定で、順調に慣れているらしい。よかったよかった。この調子で、繁殖よろしくお願いします。

ズーラシアでは、イベントてんこ盛り。
よこはま動物園ズーラシア | イベント welcome 「ツヨシ」!!


おまけ。

160316_23
隣のミルクはトマト好き!


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】