Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

2月の八木山動物公園と松島水族館と

[ Last month, I had a lecture at Yagiyama Zoological Park. The theme of these five times lecture series is "Zoo for grown-ups". As my turn, I spoke about a proposal concerning the new viewpoint of taking photos at zoo. ]

150308_01
まいど速報性ゼロのブログですが、先月(2月)の後半に、仙台市八木山動物公園に行っておりました。


150308_02
用事はこれです。「大人の動物園」。

大人の動物園 | 仙台市

5回シリーズのセミナーです。昨日、3月7日が最終回でした。ズーラシアの村田園長と東大総博の遠藤秀樹さんの熱い対談が行われたはず。で、その前の4回目(2月21日)は、わたしがお話しさせていただきました。


150308_03
雪の残る放飼場を歩き回るベン。


150308_04
葉っぱも〜らい〜♪


150308_05
リリーさん。

セミナーではここ「アフリカ平原」の展示景観についてほめまくりました。その理由を挙げ、比較対象のための他園の写真を大量に提示しつつ、八木山のアフリカ園の景観は世界レベルである、とまで言いきりました。大きく出ましたw


150308_06
メアリーさん。


150308_07
東北のひとは宣伝がヘタと言われます。わたしも東北のひとでこれまた宣伝がヘタでありぜんぜん役に立ちませんが、アフリカ園はもっと存在をアピールして、多くのひとに見てもらった方がいいんじゃないかと思います。なにしろよくできているからです。仙台のひとしか見に来ない、っていうのではもったいないです。


150308_08
ユウキ元気にしとるか?


150308_09
あははずっと見てる。冬はパドック勤務が多いのかな。


150308_10
さて、キリンのビューポイントからアフリカ園売店まで、気が付かないくらいの微妙な上り勾配がつけられている、ということをお話しさせていただきましたが、その証拠写真?です。カバの後がゆるい斜面になっているように見えます(この写真はちょっと強調しすぎかも)。

キリンのところから売店の方を見ると、園外の樹木にまで通景ができて、実際以上の奥行きを感じるように作られているわけです。許されるものなら、いつか実際にこのへんを歩いて確かめてみたいものです。

あ、あと園長おすすめの、アフリカ園売店の屋上(立入禁止だ!)からの逆方向の景観もいつか見てみたいです。


・・・


150308_11
ドン様。


150308_12
これはアカラ?アイナ?
どなたか識別お願いしますー。

→アカラくんだそうです。Nさんご教示ありがとうございます。



150308_13
ふんふん・・・


150308_14
素通り〜w 
ありゃ



150308_15
カイ&ポーラ、微妙にすれ違っておりました。



以上はセミナーが始まる前の時間にうろうろ撮影した、八木山のスターたちであります。

150308_16
さてさて、こちらセミナー会場です。今さらですが、その節はご来場ありがとうございました。おかげさまで無事に終わることができ、ほっとしました。

内容ですが、もちろんアフリカ園をほめることだけで2時間も持ちませんので、動物園での撮影における、新しい視点の提案みたいなことをお話しました。

わたしたちは動物を撮るとき、うっかりどアップでばかり撮りがちです。それは動物の表情や仕草が魅力的だからなのですが、それだけでいいんだろうか。たまにはぐっとズームを引いて、あるいは広角レンズで撮ってみると、どうなるのだろうか。

引いて撮ることによって、動物だけでなくその周囲の状況まで写り込むことになります。できれば人工物が入らないように撮りたい、と思いがちですが、それって暗黙のうちに野生動物と同じように撮れることを目指している。だとしたら、動物園で撮ることは生息地で野生個体撮ることの代償行為にしかならない。

積極的に動物園で撮ることの意義を考えたとき、動物の周囲に配された人工物は、むしろ面白がるべき要素となる。それこそが「動物園らしい風景」の発見です。

柵やモートや壁や獣舎など、動物を取り巻くさまざまな建築/構造物のありようは、実は動物園独特の技術や文化の反映であり、歴史的な変遷や、地域的特徴が現われるような、実はきわめて知的な解析の対象となるものです。それをカッコよく入れて撮ったらいいんです。

実は動物の周囲に何があるのか、を意識することは、なぜわれわれ現代の人間が動物を飼育し、展示するのか、という根本的な意義を考え直す端緒となる可能性があり、それを意識するとしないとでは、来園者としての個人が動物園と接するときの基本的な姿勢がまったく違ってくるのではないか。園は展示にメッセージを込め、それをちゃんと解読できるのが大人の来園者、という関係がいいんじゃないか。


・・・というような話をさせてもらいました。


今回のセミナーでは毎回、参加者の方にアンケートを書いてもらっており、その内容が講演者に知らされるようになっています。それを読ませていただく限り、だいたいのところは伝わったように思っています。おそらくわたしがこういった、言わば「外部からの視点」を持てるのは、もともとドボク写真家だからでしょうね。その辺をちゃんと見抜いていらっしゃるようなコメントもいただきました。ありがたいことです。


・・・


翌日は、去年11月に行った時にもうこれが最後かも、と思ってたマリンピア松島水族館へ、もう一度、足を運びました。今度こそ最後かな。

150308_17
2月とはいえ日曜日なので、なかなかにぎやかでした。


150308_18
ああ、いよいよカウントダウンなんですね。

この空間、しっかり記憶に留めました。


おもいで博覧会・マリンピア松島水族館

[ Japan's second oldest aquarium Marinepia Matsushima Aquarium will be closed on May 10, 2015. Their fishes and animals will move to the new aquarium which is building now in Sendai city. ]

141217_01
2015年5月10日に閉館することになった、マイ・ファースト・アクアリウムのマリンピア松島水族館。おそらくこれが最後の訪問になりそうです。

実はこのブログでも震災直後に1度、取り上げただけでした(カワウソいないからね)。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 松島どうぶつ・不滅のマリンピア!

その後、紆余曲折を経てやっぱり仙台水族館を作ることになって、お約束通り松島は幕を下ろすことになったわけです。今回の撮影は11月下旬です。


141217_02
現在の松島水族館の雰囲気を決定している大屋根がかけられたのは1993年。意外と最近なのでした。


141217_03
このレリーフのついた建物は「第二水族館」という建物で、1980年にできました。


141217_04
ですので、わたしは数年前に大人になってから初めて来たときに、以前の記憶と全く一致しなかったのは当然といえます。


141217_05
水族館のある場所は88年前からずっと同じです。同じ場所で営業している水族館としては日本最古を誇ります。


141217_06
それだけに、各時代で景観が大きく変わっているということです。


141217_07
「ペンギンランド」ができたのが1989年。この年、単なる「松島水族館」から「マリンピア松島水族館」に名も変わっています。


141217_08
このモノレール?は意外に古くからあり、1970年の写真にもレールが写っています。


141217_09
スイカペンギンがw


141217_10
で、何で歴史に詳しいのかと言いますと、


141217_11
この展示を見たからです。なーんだw


141217_12
大屋根がかけられる前の全景。


141217_13
宮城県出身者にとって松島水族館といえば、もうラッコとマンボウなわけですが(CMがすごかったからね)、ラッコが入ったのは1984年のことでした。実は、ラッコ存命時代にわたしは来ていないのであった。すいません。


141217_14
剥製が2体。成獣の方は人気者だったアイ。


141217_15
かなりかわいさを意識して剥製化されてます。


141217_16
ラッコ金貨。


金貨というのはウソで単なるメダルだと思いますが、実際、ラッコ登場の翌年の1985年に年間入場者数が過去最高を記録しています。ラッコは水族館にとって、まさに金貨のような存在だったと言えましょう。


141217_17
他に目玉であったマンボウ、スナメリ、イロワケイルカの展示があり、当時の写真や資料は興味深いものでした。そして現在の目玉であるペンギン。そもそもの発端はイロワケイルカ入手の際にチリにできた人脈を使って、マゼラン、イワトビ、マカロニを入手したもの。1989年のこと。

一般論として、この時代がいい時代だったのか、何とも言えません。今の価値観からするとまあ、かなり思い切ったことをやっていたものだと思うしかないのだけれど。実際に当時、海外から動物を入手するプロジェクトで仕事をされていた某水族館の方にうかがうと、それは冒険譚満載で、超一級の面白い話だったりします。もちろん今日、そんな話はおおっぴらにはできないわけで、そういう意味からもやはり「いい時代だったのですね」としか言いようがないのかもしれない。何とも歯切れの悪い言い方で申し訳ないです。


141217_18
ここまで見て、本当に終わっちゃうんだなあ、と実感がわく。



・・・


141217_19
ジェンツーの繁殖賞は松島なんですね。

ペンギンランドは仙台水族館にどの程度、引き継がれるのだろうか。


141217_20
「第一水族館」に入ります。入口は「ジャングルゾーン」。

夏にブラジルに行ってから、日本の水族館でわりと普通に見られる巨大なピラルクが現地ではなかなか見られないことを知って、見方がちょっと変わりました。何だかんだで日本の水族館すごい。


141217_21
松島といったらこれでしょう。しかしカキの展示はその後、宮島がでっかいのを作ってしまったので、今見るとおとなしめの展示です。


141217_22
黒潮の海水槽。こちらも他館の巨大水塊を見慣れてしまうと、かわいく見えてしまいます。以前の記事で、小さくてもいい水族館になる方法はあるだろう、とか書きましたが、そういう趣味的なレベルでは経営は成り立ちませんわね。


141217_23
コワモテなのに意外に人気のある、バイカルアザラシ。


141217_24
バイカルアザラシ展示横の登り通路が、第二水族館へのブリッジになっています。


141217_25
通路にはイロワケイルカの展示が。


141217_26
第二水族館へ渡ったところから、第一水族館を見るとこういう感じ。


141217_27
イロワケちゃん!


141217_28
ところで、松島になぜイロワケイルカがいるのだろうか、と思ってましたが、予定ではリクゼンイルカ(イシイルカのリクゼンイルカ型)を入れるつもりだったらしい、ということをさっきの「おもいで博覧会」展示で知りました。というか、リクゼンイルカ入れたのはいいが長生きせず、次善策として塗り分けが違うけど同じ白黒のイロワケイルカになったのだそうです。


141217_29
第二水族館外壁のあのレリーフ(3枚目の写真)、リクゼンイルカの塗り分けで作ってしまったのを、あとでイロワケに直した、というエピソードが紹介されていました。


141217_30
マンボウを経て、


141217_31
ウミガメを通って、


141217_32
イロワケプールの上を覗くことができます。しっかりトレーニングされておりました。


というわけで、ほんとにさようなら松島水族館。
水族館の歴史に興味のある方は、「おもいで博覧会」はご覧になった方がよいと思います。


この記事書いてたら、来年5月までの間、もう1回行っちゃうかもしれないような気になってきました。

松島どうぶつ・不滅のマリンピア!

[ In this issue, I introduce a small aquarium which was suffered from the massive earthquake and resulted tsunami on Mar. 11. As the zoo which I mentioned last issue, MARINEPIA MATSUSHIMA AQUARIUM was also restored in only 42 days. Behind this miracle revival, there were surprising efforts of the aquarium's staff too. ]

マリンピア松島水族館にも、震災後はじめて行ってきました。

110814_01
ビーバー!生きてたかあ!!!


110814_02
巣穴の入口でごろごろ。

松島湾の奥に位置する松島水族館に押し寄せた津波は、高さこそ低かったものの、主にバックヤードの機器類に甚大な被害をもたらしました。さらに屋外で飼育されているアメリカビーバーは津波に流され、一時行方不明と伝えられました。後日、全頭保護されたものの、6頭のうち3頭が海水による脱水症状で死亡したそうです。残念だけど、全滅しなかったことだけがせめてもの救いか。


110814_06
「津波がここまできました」・・・ペンギンランドの水槽とほぼ同じ高さで、約1.5メートル。


そしてなんと、復旧作業のさ中の4月2日にケープペンギンの卵が孵化したのだそうです。すごいなあ。


110814_07
これがケープペンギン。オトナペンギンですけど。


110814_05
こちらはおなじみ、フンボルト。


110814_08
フンボルトとケープ、どちらもおなかのラインが1本ですが、くちばしの付け根、下の方までがっつりピンクなのがフンボルトです。覚えておきましょう。きっといつかどこかで役に立つぞ。


写ってないですが2本ラインのマゼランもいます。奥に見えるのは極地(正しくは亜南極)ペンギンのお部屋。そっち行ってみましょうか。


110814_03
ジェンツー。やっぱり極地もんは、よりころころしていて作りものっぽい。


110814_04
マカロニにキングですね。写ってないですがイワトビもいるよ。極地ペンギンズは当然冷房でひえひえ〜の部屋にいます。震災が寒い時期だったのが不幸中の幸い。


110814_09
アマゾン水槽のピラルク。パンっ!という凄い音とともにエサを吸い込んだ直後の状態ですが、この写真じゃわけわかんないですね。


熱帯水槽は、停電でとりわけ苦労されたことでしょう。沸かしたお湯を入れて温度を維持したという話が伝わっています。

設備の停止によって、マンボウやコマッコウ、クラゲなどが死んでしまいました。それでもアクアマリンふくしまのように全滅に近い状況に陥らなかったのは、設備の古さが逆に幸いしたようなのです。ポンプ等の復旧作業をすべて内部のスタッフの手によって迅速に行うことができたのは、最新の自動制御システムではなく、設備担当の方が常に自分の手で最適状態を維持されていた、融通の利くシステムだったからなのです。ここ↓にその驚くべき復旧作業の様子が紹介されています。

マリンピア松島水族館 マリンピア日記 水族館のお医者さん (2011-03-31)

こういう現場のひとたちの機転の利いた対応ってのは、ほんとに素晴らしいと思う。本物のかっこよさってのはこういうことだ。



110814_10
キタオットセイの保護個体、タロちゃん。元気にしてました。


110814_11
タロちゃんいつもびゅんびゅんに泳いでて、うまく撮れた試しがない。


110814_12
オットセイの耳が気になる今日この頃です。


110814_13
さらに撮影困難なバイカルアザラシ。


110814_14
下手に撮るとコワい動物か、怪しい動物に写ってしまいます。ごめんね。


110814_15
「ビーバー見つかるといいですね」なんて書かれててさ、泣けてきますよ。


110814_16
イロワケイルカ!


110814_17
名古屋港水族館から6月にやって来たタイマイ(だよね?)。ウミガメもこうやって見るといいもんだねえ。

トピックス 広報レポート 名古屋港水族館生まれのタイマイとクマノミをマリンピア松島水族館(宮城県)へ届けてきました




・・・



110814_18
マリンピアは不滅です。いいぞいいぞ!

前回、「はじめてのどうぶつえん」の話をしましたが、「はじめてのすいぞくかん:my first aquarium」ってのもあるわけで、わたしの場合はもちろん、ここ松島水族館です。

決して大きな水族館ではありません。今回は逆にそれがよかった面もありますが、やっぱり設備も古いです。なにしろ「同一場所にある民営水族館としては日本最古」なんだそうです。昭和2(1927)年、現JR仙石線の前身である私鉄の宮城電気鉄道が松島公園駅(現:松島海岸駅)まで延長されたときに、同時にできた水族館が、ずっと同じ場所にある、という筋金入りの古さです。

ひところ、仙台市内へ移転の話がありました。仙台市が10億の予算を計上するところまで行ったところで、運営会社が資金調達に失敗、白紙に戻ったところで今回の震災です。つまり当分この話は復活しないでしょうね。

となったら、いまある地で徹底的にがんばるしかない。地元のひとたちは何でも自家用車で移動するからぜんぜんメリットだと考えていないフシがあるけど、電車の駅前にある水族館、というのは悪いもんじゃないよ(仙石線はいわゆるローカル線ではない)。アクアマリンふくしまや男鹿GAOのような大規模な水族館に目をうばわれるあまり、大風呂敷ひろげた需要予測で同じような水族館を東北にもうひとつ作ることはないと思う。小ささや古さ、という要素を逆にプラス価値に転換するようなプランってのが、きっとあるに違いない・・・などと勝手な事を考えてしまいます。


110814_19
アシカも元気にしてました(じつはこれだけ去年の写真ですまん)。みなさんも八木山行ったら、ぜひ松島まで足をのばしてくださいね。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】