Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

ブライドープ動物園・その4

[ The final article of Diergaarde Blijdorp. Enjoy giraffe's dinner and their elaborate house! And finally, met Eurasian otter which is not appeared on the zoo's map. ]

150909_01
ブライドープ動物園、最終回です。


150909_02
夕方になって、爆発タマネギ型のキリン舎にキリンたちが戻ってきました。いや、正しく言うと、戻っていました、だな。


150909_03
でも扉はまだ開放されているので、とうぶん出入り自由です。


150909_04
さてこのキリン舎ですが、ある方から木造では?というご指摘がありましたが、たしかに木造のように見えます。


150909_05
しかも外壁が凝っていて、このように茅葺き屋根が壁になっているような処理がされています。万一、キリンが激突しても(するのか?)ケガしにくい!っていうのを狙ったわけではないと思いますが。


150909_06
お食事中。すでにオランダのお客さんがいっぱい貼り付いています。


150909_07
オランダのお客さんは滞留時間が長くて(それ自体はいいことですが、必ずしもみんなずっと動物を見ているわけじゃなくて、単にダベってるだけの人も多い)、なかなか撮影ができませんでした。ゾウ舎と同じく、ここももっと観覧スペースを広く取った方がよかった気がします。


150909_08
おーい!


150909_09
左から2番目のカゴはお子様用なのに、何だか大きいのもまじって食べてますね。

そういえば、「その1」で書き忘れてましたが、2015年生まれのお子が3頭もいます。うひょー!
http://www.diergaardeblijdorp.nl/dossiers/dieren/giraffe/


150909_10
床に枝が散乱してますが、このえさはどこに付けてたんだろう?


150909_11
ところで、さっきは外壁を見ていただきましたが、今度は内壁です。これも普通の材料ではありません。


150909_12
拡大してもわかりにくいのですが、おそらく竹だと思います。割ってフシの部分を削って平らにしたものを、何本もはぎ合わせて板材にしてあるものと思われます。この場合、竹にどんな効用があるのかは、わかりません。

ところで天井部分をちゃんと撮ってなくて申し訳ないのですが、「その1」で出てきたキリン舎の入口の写真をよーく見ると、全面採光になっている天井の構造は鋼材のようです。ひょっとすると木造に見えるのは壁だけで、中の構造は鉄骨なのかもしれません。


150909_13
爆発タマネギの両脇は、広いウッドデッキになっています。


150909_14
夕食後の散歩に出ましょうかね。


150909_15
ズグロウロコハタオリ。キリンのウッドデッキを下ったあたりに小さい展示がありました。


150909_16
その下にはジリスが。ケープアラゲジリス。ジリス多いなw


150909_17
ギニアエボシドリ。美し!


150909_18
というわけで、アフリカの小動物展示でした。




さて、もう閉園時間も近いのですが、最後に残ったアジアゾーンを可能な限り回ってみます。

150909_19
あれ、何かとんでもないところで、知り合いに会ったような気がします。


150909_20
あら、この池は!


150909_21
しっぽが!


150909_22
何だあ、いたんだ!
黒ムギュのユーラシアです。


150909_23
なにしろ、カワウソはいただいた園内マップに載ってないのですよ。そりゃないよね〜。


150909_24
ごめんねー。
また来いってことかいw



次回からは、アントワープ動物園。お楽しみに!

市川カワウソ・握手パイプとお別れ会と

[ Oriental small-clawed otters on early spring sunny Sunday at Ichikawa Zoological & Botanical Garden. Recently, one more new equipment has appeared. It's an acrylic pipe for shaking hand (with paw). What kind of facility is that? See the photos below :) ]

140323_01
市川市動植物園のコツメカワウソ。ひさびさの登場です。これはマロン?コロン?


140323_02
早春の日曜日。


140323_03
カワウソ展示場に、いきなり新施設あらわる。


140323_04
いわずと知れた、握手パイプです!


140323_05
しかもイベントではなく、常設。何とも思い切った展開に。


140323_06
「カワウソと握手!」コーナー
ご自由にどうぞ(カワウソしだいです)
お願い1:指を中に入れないでね
お願い2:握手のあとは手を消毒してね


140323_07
実はこの新施設、まだ試験公開中なので、大々的に宣伝をしていないそうです。


140323_08
係のひとがいたりするわけではないので、あくまで自己責任というか、人間の性善説を信じましょうよ、で成り立っているわけです。


140323_09
したがって、絶対に事故や悪戯があってはいけません(中止になっちゃう)ので、みなさん大切に使いましょう。


140323_10
でもこのひとたちは飽きっぽいので、いつまでタダで(えさなしで)握手してくれるかわかりませんからね。


140323_11
早春のムツキおとっつあん。


140323_12
名物・ムツキ座り。


140323_13
こちょこちょ。
ギャー!


140323_14
ナナお母さんは、こどもをでんぐり返しします。


140323_15
しかしまあ今回の2頭も、みごとに毛引かれております。


140323_16
でもしっかりと、


140323_17
コツメの道を、


140323_18
歩んでおられます。


140323_19
あ、ミーアキャットも子育て中です。


140323_20
さて、今日はイベントがいっぱい。
まずは、敬愛するさとうあきらさんの講演会が。あっという間の約2時間でした!


140323_21
そして、近々移動するコウキとキリの、お別れ特別公開。


140323_22
2頭はすでにファミリーから分離されて、移動準備中で検疫用?の檻にいました。固まっちゃってるコウキくん。


140323_23
お客さんがいっぱいで出てこれないキリさん。

無事に移動して、向こうで新たな出会いがあることを祈ります。


140323_24
というわけで、今年ももうすぐ流しカワウソの季節ですね(カワウソは年中流れてますが、見る側の季節感の問題として)。

到津どうぶつ・ひなたぼっこ

[ Let's bask in the sun at Itozu no Mori Zoological Park. ]

121210_01
到津の森公園のアミメキリン、トーマくん。


121210_02
はさまったー(うそ)


121210_03
らんららん♪


121210_04
ふっふっふ


121210_05
ん〜


121210_06
じ〜(ライオンのキングくん)


121210_07
ふぇ〜(パートナーのライさん)


121210_08
キリン放飼場はいろんなところから見えるね。


121210_09
                     え?       あ、ハエ!





ミーアキャットはひなたぼっこ好きですが、ひなたぼっこと言ったらもちろんこのひとたち。


121210_10
まかしとき!


121210_11
うりゃ!ひなたぼっこじゃい!


121210_12
お?


121210_13
まじめにやらんかい!            お、おぅ


121210_14
キツネザル舎。

りっぱです。ワオとエリマキがとなりあってます!


121210_15
あ、ど〜も〜


121210_16
さぼり発見。


121210_17
こわくないよ〜


121210_18
落ちてくんなよ〜



キリンに戻りましょう。



121210_19
ヤングキリンが出ていました。トーマくんのせがれ。


121210_20
ツノ毛がたまらん。


121210_21
まだお母さんにべったりですねー。


121210_22
あら楽しそう。


つづく〜♪

あ、撮影は10月下旬でした。いつもながらのおそいアップで申し訳ないです。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】