Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

かっこいいアジアゾウ舎・ライプツィヒ動物園

[ Asian Elephant house at Leipzig Zoo is an interesting structure. Especially, space of the inside has unique atmosphere. ]

120907_01
ライプツィヒ動物園、おしまいはアジアゾウ舎へ。


120907_02
このゾウ舎がもう、とってもかっこいい。


120907_03
何なんだこれは。こういうとんでもない構造物を作ろうという意志は、どこから出てくるのか。


120907_04
ゾウさん撮らないで入れ物ばっか撮ってどうすんだ、って言われそうだけど、ちょっとこれは自分としては放っておけない。


120907_05
これ見て野望が心にわき起こったね。もしわたしが建築家だったら、ぜったいに巨大ゾウ舎の設計がやりたい!


120907_06
あたま冷やしましょう。ゾウさんが主役です。


120907_07
あらあら、何でロープ入れて撮ってんだ?


120907_08
んもう、明らかに空間の方ばっかり見て撮ってますね。ごめんなきみたち。


120907_09
外、出てみる?


120907_10
外観はこんな。ちょっと廃墟っぽくしてあるのか。あるいはゾウさんたちがせっせとぶっ壊すのか。


120907_11
屋外放飼場はどかんと単純に広いわけではなく、4エリアぐらいのほどほどの面積に区分けされています。


120907_12
プランが出てました。中央の建物がゾウ舎です。ゾウ舎の規模からすると全体は狭め、という気もしますが、ライプツィヒ動物園は中央駅から850メートルしか離れていない、という立地を考えた場合、やはり驚異的な広さであることに違いはありません。


120907_13
このアヤしいインド風の建物をくぐってゾウエリアに入ります。


120907_14
これまたインチキくさい壁画ですが、何というか雰囲気の方向性は間違ってません。


120907_15
でもゾウ舎はやっぱり内部空間ですね。中に戻りましょう。


120907_16
はい、このプールですが、飾りものではありません。ちゃ〜んと深いんです。つまりゾウさんが入ります!


120907_17
ゾウ舎の地下はこんな。

右側の窓に注目!
そうです。地下から水中でゾウさんが泳ぐのが見られるわけです(見たかった!)。


120907_18
そんなあなたのために、水中でのゾウさんの様子を写したビデオが流れてました。


120907_19
頭蓋骨を縦割りにした標本。


120907_20
で、その向かいの暗がりには驚くべきものが。



おーれんしゅっぺんてぃーあ、って何だ???


セ、センザンコウ????


120907_21
うは〜!!! たしかにセンザンコウですねこれは。

怪獣みたいのがお腹を上にして足を投げ出し、しっぽを丸めているようにしか見えません。

真っ暗で直接は見えない(目が慣れるとやっと見える程度。撮影困難)のですが、巣箱内を暗視カメラで写してくれています。

いやーびっくりした!


他にもいろいろすごい展示を見たのですが、ライプツィヒはいったん終了です。次はどこかな?

ロスチャイルドキリン・ライプツィヒ動物園

[ Rothschild Giraffe at Zoo Leipzig. They are exhibited in Africa zone with Thomson's Gazelle, Scimitar Oryx, Grevy's Zebra and Ostrich. The ground is very large. So I watched and enjoyed the giraffe calves run about actively. ]

120906_01
ライプツィヒ動物園のキリン。ロスチャイルドキリン!


120906_02
どりゃあ!(蹴ってるw)


120906_03
逃げまどうトムソンガゼル・・・


120906_04
今度はシロオリックスを狙ってるようです。ま、とにかく若いキリンは元気でいいですよね。


120906_05
ライプツィヒ動物園のアフリカゾーンの、キリン等放飼場です。


120906_06
かなり広いです。広いと言うか、長いです。


120906_07
撮って撮って〜♪

トムソンガゼル、シロオリックスの他にグレビーシマウマ、ダチョウもいっぱい。


120906_08
その中でトップスターはやはりキリン。

前からキリンの亜種がどうもわからんなーと思ってました。なにしろ現在、日本にはアミメキリンとマサイキリンしかいないことになってるので、実感としてわからんわけです。


そんなおり、hotallさんがキリン亜種についての詳しい情報をブログに載せてくれました。

キリンの亜種分類(1) - キリンと私
キリンの亜種分類(2) - キリンと私

実にありがたいです。

で、hotallさんによりますと、ロスチャイルドキリンという亜種は「クリーム色の地に、大きくて暗い色の四角いスポットまたはシミが不規則に広がるが、脚は目立って白く、かつ模様がないのが特徴」とあります。


120906_09
なるほどたしかに。足が白いです。


120906_10
模様も何となく不規則な感じがあります。


120906_11
このように、それぞれの模様の真ん中が黒くなってたり、逆に白くなってたりするみたいです。


120906_12
個体差もありますが、まあたしかに同じグループに属するんだな、ということが納得できます。日本ではアミメキリンと称していても、ほんとにアミメかどうかアヤしい個体がいる、という話を聞きますが、他の亜種を見て、はじめて実感できました。


120906_13
え?もう収容ですか?(まだ3時)


120906_14
ちびりんたちが駆けていきます。


120906_15
おーい!はよ入れてんかー!


120906_16
落ち着いて頭数を数える余裕がなかったのでごめんなさい。ぜんぶで8頭か9頭います。その中で、今年生まれのちびりんが2頭。


120906_17
ああ、行ってしまいました。




ここからキリンの室内展示場まではかなりの距離があります。




120906_18
ふぃ〜、やっと追いつきました。


120906_19
いよっ、若様!


120906_20
ちびりんは2頭ともオスのようです。


120906_21
樹葉えさの付け方がおもしろいです。


120906_22
上下逆さにして上から吊ってるので、ちびりんにもおいしいところが食べられるのです。


120906_23
えっへん!


120906_24
奥の方に個体ごとの仕切りが見えます。床はコンクリートですが、仕切りなどは自然素材で作ってあるんですね。おもしろいなあ。


次はアジアゾウ。

世界最大のカワウソ1・ライプツィヒ動物園その2

[ Continuing story of Giant Otter at Zoo Leipzig. Have fun! ]

120905_01
ライプツィヒ動物園のオオカワウソがつづきます。


動物園の入口を入ると、カワウソはどこだ?とさがすわけですが、そんなわたしの目に飛び込んできたのがこれ。

120905_02
これはまぎれもない、オオカワウソです♪


ライプツィヒ動物園自体は19世紀からオオカワウソ飼ってたぐらいですから、古い歴史のある名門動物園です。なので全体的には重厚な雰囲気なんですが、そんな古くさいイメージにとどまってません。

120905_03
というわけで、新たに気合い入れてこんなとてつもないものを作ってしまいました、というのがゴンドワナランドです。


どこから見ても、立派なテーマパークですw


ちなみにこの船の通う川にいきなりオオカワウソはいません。念のため。



120905_04
アマゾンの奥地なんだがアフリカの奥地なんだかインドネシアの奥地なんだか、とにかくそんな西洋人のあこがれるトロピカルな雰囲気で貫かれていますね。実に見事なもんです。



そして「看板だけで肝心のカワウソは出てこない」というのはカワウソ界のお約束みたいなものですが、やはりここでもそういう展開でした。


120905_05
むなしく看板を撮ります。ちなみにオオカワウソはドイツ語ではリーゼンオッター。直訳すると巨人カワウソ。


120905_06
ゴンドワナランド中央部の展望台に上ると、全体が見渡せます。ありゃ?遠くにどこかで見たことあるような動物が。


120905_07
マレーバクです。

ここはアメリカバクっていうか、ブラジルバクの出番ではないのか、と一瞬思いますが、そこがゴンドワナランドのゴンドワナランドたる所以ですので、あえてマレーバク、なわけです。


120905_08
オオカワウソが出てこないので、マレーバクの近所のコツメカワウソを表敬訪問。



いるかーい?


120905_09
いたいた!


120905_10
ちなみにコツメカワウソはドイツ語ではツベルクオッター、直訳すると小人カワウソ。どっちもわかりやすいねえ。


・・・


で、夕方になってゴンドワナランド2度目のアタック。


120905_11
ようやく遭遇。というわけで、めでたく前回のファーストショットにつながります。以下は前回のセレクト漏れショットですが、よろしければ。


120905_12
この木の根っこのところがファミリーのお気に入り。


120905_13
つくづく、長いです。この個体(お父さん?)はいつも背面高速潜水。


120905_14
こっちはわかうそ。普通にトロトロ潜水。


120905_15
息継ぎ。


120905_16
なになに〜?


120905_17
びゃ!

オオカワウソのボーカルコミュニケーションはとても発達してまして、ざっと聞いてコツメカワウソの2倍以上の音声を使い分けているような印象です。常に何かしら、鳴き交わしていてとってもにぎやか。


120905_18
お決まりの水上バトル。


120905_19
ガブー


120905_20
ヒュシ!


120905_21
ムギュ〜


120905_22
ちょっと休憩・・・



120905_23
このやたらな好奇心の現われ方って、どちらかというとアオニックス属に近いような。


120905_24
上陸して休憩です。


120905_25
そして閉園時間が近付くと、ファミリーは密林の奥へ消えていきました。


またね〜!



120905_26
次はライプツィヒのキリン行きますよ。ロスチャイルドだかんね!


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】