Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

円山どうぶつ・ウメキチ!

[ Playful Malayan sun bear at Sapporo Maruyama Zoo. This five years old male bear named Umekichi is exhibited near the ASCO enclosure. ]

150227_01
先月末の札幌市円山動物園です。はやく上げないとまた月が変わってしまうぞ。


150227_19
前回のコツメカワウソが展示されているのが熱帯雨林館ですが、同じ部屋にはありえない近さにマレーバクがいます。こちらはお食事中のワカバちゃん。


150227_20
そしてかっこいい鳥、カンムリシロムク。


150227_21
白地に青って、ぜったいありえないカラーリングだよなあ。ぜったい専属デザイナーとか付いてる。


150227_02
そして、マレーグマの大将、ウメキチくん。上野出身、5歳。

多くの動物園のマレーグマはうろうろ動き回っているだけですが、ウメキチは違います。こどもの頃からやたらと好奇心旺盛で、ありえない行動に出てファンを湧かせてくれます。


150227_03
何かはじめました。


150227_04
ひょっとして、ドンゴロス着たいの?


150227_05
オランウータンなども布かぶりが好きですが、たいていかぶった段階で満足します。


150227_06
ここまで着ようとするのはウメキチだけかもしれません。


150227_07
ちょっと休憩。


150227_08
ウメキチの問題点は、つぎつぎに興味の対象が飛び移ることです。明らかにオレンジ色のブイに目線が行っております。


150227_09
いや、そんなことではいけない。


150227_10
何とかこのドンゴロスを着てやるのだ。


150227_11
ごそごそ。


150227_12
全身運動になってます。


150227_13
うおりゃっ!


150227_14
こんなもんでどうだ。


150227_15
あれ?この穴は何かな?


150227_16
びろーん。


150227_17
やっぱり穴も気になる。


150227_18
あれ、何か見つけた。

これだけ一人遊びをしてくれると、見ている方も楽しくなります。「セルフ・エンリッチメント個体」という称号を贈ります。

こちらもどうぞ。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 葉っぱとウメキチ

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 上野カワウソ・マレーシア仲間


ところで、ここ熱帯雨林館の欠点は、温度だけでもなく湿度も高いので、冬場はうっかり外から入れません(レンズが曇りまくります)。なので、計画的に出入りしないといけない。



150227_22
となりの高山館は、それほど温度差湿度差がないので安心ですね。


150227_23
この時期、レッサーパンダはむしろ外のほうがいいみたい。


150227_24
次回はお外の動物を。


とべカワウソ・ベビうそお披露目会!その2

[ Continuing story of Oriental small-clawed otter pups at Tobe Zoological Park of Ehime Prefecture. Let's take a look into their den and how they rear the pups. ]

121231_01
愛媛県立とべ動物園に戻ります。

現在、カワウソ展示は寝室と放飼場をつなぐドアが写真のように開放されており、マサピアが気が向くと出てきます。


121231_02
このドアから寝室内を覗くことができるのですが、こんな感じになりますね。奥でマサピの目が光る〜♪


で、もちろん2頭のベビうそも中でうろうろしてるはずなのですが、なにしろ暗いのでよく見えません。ごそごそと動きを感じたときにダメ元でシャッターを押したものを、後処理で見られるようにしてみました。軍事用赤外線暗視カメラみたいな絵ですが、なーにふつうのカメラの露出不足データを無理やりいじっただけですので。



121231_03
うはー、いますねベビうそ!


121231_04
奥の部屋から出たそうにしているベビうそと、引き止めるマサピ。


121231_05
くわえて移動。


121231_06
文字通り、目を光らせています。



寝室内は常に動きがあるわけではありません。2時間待ってごくたまに1分ぐらい動く・・・ぐらいのスローペース。動きのない時間はヒマヒマなので、お隣のレッサーパンダと遊びます。

121231_07
まいど。

この日は雨でした。雨宿りもついでにレッサーパンダ舎でw




あ、また動いてるぞ!



121231_08
ベビうそをくわえて、さらに奥の明るい部屋に移動しようとしています。


121231_09
宇宙人こっち見た!


121231_10
両親のガードが固くてベビうそは自由に動けないのであった。


121231_11
暗い部屋に戻ろうとしますが、


121231_12
マサピがくわえて戻します。


121231_13
こうして見ると、ベビうその移動はマサピが担当していることがわかります。ピアは警備担当とのことでしたが、実にそんな役割分担になっとりました。


121231_14
きみたちも大変だなあ。


121231_15
ぶぉ〜!


121231_16
雨なので、キリンはユウマだけ。お嬢さんたちは室内でぬくぬく。


121231_17
ふぃ〜


さて、雨ではありますが冬休み、しかも本年最後の営業日ってことで、今日もベビうそお披露目会をやるようです。やった!



121231_18
ん??? いつも気が付くとここにいるんだよなあ〜


121231_19
今日はお客さん少ないぞ


121231_20
今日のお客さんはどんなかなあ


121231_21
ん?


121231_22
ちょっと見てみ


121231_23
あそこに面白い顔の子供がおるやろ


121231_24
く〜くっくっく   ウケすぎじゃ


121231_25
ありゃ? もう時間ないやん


121231_26
ほな、つづきは来年!


お披露目会はその3につづきます。みなさまよいお年を!

円山カワウソ・はじめまして熱帯雨林♪ その2

[ Oriental small-clawed otter at Sapporo Maruyama Zoo's new exhibit. The new facility has not only Rain forest house but also Alpine house and Frigid house. ]

121218_01
札幌市円山動物園アジアゾーン、熱帯雨林館のコツメ、コチカちゃん!


121218_02
こちらはサン。


121218_03
プールになぜか金魚が。水草のとこ。見えますか?


121218_04
んんん〜?


121218_05
ぷはっ


121218_06
別に金魚を狩りたいわけではないようです。


121218_07
むしろ、左奥の方に興味がw


121218_08
行っちゃいましたよ。


121218_09
サンはアロワナを狩りたいようです。頼もしいやつです。


・・・


新施設をもうちょっと回ってみましょう。


121218_10
となりのワウワウテナガザル。


121218_11
ウメキチも新居だ。ガラスごしになってしまったのはちょっと残念だけど。


121218_12
熱帯雨林館の隣は高山館(こうざんかん)。レッサーパンダが室内の遊具で遊んでます。


121218_13
すごい人気。


121218_14
高山館の隣には寒帯館。ここの人気者はユキヒョウ。


121218_15
ユキヒョウに雪。梅に鴬、パンダに笹・・・


121218_16
しっぽに雪が〜♪


121218_17
えっへん


121218_18
え〜っへんっ


121218_19
でもお部屋に帰りたい


121218_20
ずっと降ってます。降りすぎなのでアムールトラは室内にいました。



・・・



熱帯雨林館に戻ります。


121218_21
サン&コチカがどこに隠れているか、のガイド。実は(2)と(3)の間の、擬木の上にいることも多かった。


121218_22
コチカ〜


121218_23
八重歯、というか犬歯がちょっと出ているのがコチカのチャームポイント。


121218_24
まだつづきます。


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】