Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

若様詣とお正月多摩うそ

[ African elephant and Oriental small-clawed otter at Tama Zoological Park. ]

140103_01
とべのどじょうタイムをお送りする予定でしたが、今日は多摩動物公園に新年のごあいさつに出かけたので、その様子をちょっとご覧ください。


140103_02
元気いっぱいの若様こと、砥夢くん。耳の端が黒いのは、これはやはりオリーブオイルですねw


140103_03
あーあ、またぁ・・・


どうしたのでしょう? チーキおばちゃんが困った顔をしていますよ。


140103_04
若様が降りているゲートをくぐって、お部屋に戻ろうとしています。これじゃあゲートの意味がないw


140103_05
チーキさん、若様に戻るように説得しているようです。


140103_06
あら、素直に出てきた。



140103_07
チーキさんの言うことは聞くのですね。


140103_08
ふぃ〜


140103_09
なんかつまんないな〜


140103_10
あ、ミカンが来た!


140103_11
たくらみ顔の若様。


140103_12
おばちゃ〜ん、なにやってんの〜?


140103_13
竹をもらったようです。


140103_14
たけもらったぁ〜♪ (鼻とキバの間にはさんでいます)


140103_15
いぇ〜い、たけっ!


140103_16
たけたけ!


140103_17
えいっ!


チーキさんの方へ飛んでいきました。



・・・



140103_18
一方、こちらはカワウソ舎。


140103_19
一家の主、ゴンタくんはあいかわらずの貫録ですね。


140103_20
みんなが昼寝をしていると、何やら物音が・・・


140103_21
ドジョウです。お正月特別サービスでしょうか?


140103_22
ドジョウまて〜


140103_23
まて〜


140103_24
お客さんも大喜び!

というわけで、今年も多摩は楽しくなりそうです。


さて、すでにご存知の方も多いと思いますが、2月に多摩動物公園でコツメカワウソがテーマの講演会があります。

2/15「カワウソ講演会──コツメカワウソのこれから」開催 | 東京ズーネット

ご興味のある方は、ぜひ聞きにいらしてくださいね。

おうちに帰ろう♪

[ We are coming back home! At Tama Zoological Park. ]

120621_01
そわそわ


120621_02
開いた〜!


120621_03
ぞろぞろ


120621_04
閉めるよ〜!


120621_05
おつかれさま


120621_06
そわそわ


120621_07
気になる気になる


120621_08
ま、行こうよ


120621_09
ちょっと待ったー


120621_10
いいっていいって


120621_11
そっちじゃないよ


120621_12
父ちゃん何やってんの


120621_13
帰るよ


120621_14
帰ればごはん!みんなでごはん!


多摩カワウソ・ご報告と飼育の日

[ Oriental small-clawed otters at Tama Zoological Park. It was rainy Sunday but was held special keeper's talk event. ]

120422_01
多摩動物公園のコツメカワウソですが、今日はその前にご報告が。


昨年11月に、ちばZOOフェスタで販売した「日本の動物園水族館カワウソ個体別ポスター」の売り上げの一部、というかほとんどを、多摩動物公園のコツメカワウソ個人サポーター資金として投入しました。


120422_02
証拠写真w(ウォッチングセンターのカフェに貼り出されてます)

本当は日本の飼育カワウソ全体のために使いたいなどとビッグなことを考えていました。しかし3億円ぐらいあるのならともかく、決して巨大な金額ではないお金の使い道って限られてきます。お金はもらうよりあげる方が難しいぜ、なんてすごいことが言えるような立場になっている自分にびっくりですが、案の定、小口の寄付を引き受けてくれそうなところがなく、だったら千葉市動物公園に、と思ったら千葉ズーはサポーター制度自体、やめちゃうしで。いっそ「獺祭純米大吟醸50」を3本買って終わりに(いちおうカワウソ関係に使ったということで)しようかと思った時期もありましたが結局、ご近所コツメの多摩ズーに受け取ってもらうことにしました。

みなさんからいただいた浄財を「個人サポーター」のお金として使うのも変かなと思いましたが、寄付でいただいたのではなく、あくまでポスターを買っていただいた代金を活用しましたという形なので、納得いただけると考えました。今後、わたしが個人サポーターとして享受することになる何らかのお楽しみ(あるのか?)は公開可能な限りこの場でご報告しますのでよろしく。

あ、もちろん何に使ってもらったか、もね。


・・・



120422_03
ということで、今日は飼育の日特別イベントのキーパーズトーク。日曜日なのにお客さんが極端に少なく(寒かった&天気予報が雨)心配してたら、始まる頃には格好がつく程度に人が集まりました。いつもなら群がるお客さんをさばきまくるカワウソチームボランティアのみなさんも、今日はむしろ客引きの方に力が入ってました。

ご覧のとおり、今からドジョウ投入が始まるというのに、肝心のゴンタファミリーはみんなヒーターの上でおだんごになって寝てます。


起きろ〜!


120422_04
キーパーさんがおだんごの上にまでワカサギをばらまいて、ようやくみんな起きだしましたが、最後まで寝てたのはこのひとだ。ゴンタ親父にこわいものなし。


120422_05
くわえタバコならぬ、くわえワカサギ。


120422_06
こまけえこたぁきにしねぇんだ


他のカワウソたちは営業に精を出します。


120422_07
ドジョウどこ〜?


120422_08
最近、木組みがやたら立派にどんどん高くなっています。浮かれたカワウソはどんどん上まで登ります。調子に乗ったキーパーさんがこの先どこまで木組みを高くするのか、ちょっとした見もの。


120422_09
うへ。


120422_10
うひょ。



ここいらで、ちょっくらキリンへ行ってこよっと。



120422_11
多摩でわたしがやらなきゃいけないことでずっと棚上げにしていることのひとつが、多摩キリン軍団の個体識別です。今日はお客さんが少ないので絶好のチャンス!


120422_12
1頭ずつ全身とお顔のどアップを撮影して、特徴をメモしていきます。


120422_13
何とか6頭目まで来たあたりで雨が強くなり・・・


120422_14
結局11頭がわちゃわちゃになってわけわかんなくなりまして、識別トライアル中止。
いまんとこ、いちばん小さいユリア(誰でもわかる)しかわかんない。先は長いよかなり。


・・・


雨がしのげるカワウソ舎に戻りましょう。

120422_15
たけったけ〜♪


120422_16
おれ、パンダ。


120422_17
竹たまらん竹。


120422_18
せっかく植え替えてもらった竹を、みんなで攻略してました。竹竿じゃないよ。植わってる竹ですこれ。


120422_19
おまえら、抜くんじゃねえぞ。
ゴンタ親父の一喝w




【追記:2012.4.24】
hotallさんの個体ファイル(個体識別祭りin多摩(1) - キリンと私)を参考にさせていただき、個体識別がかなりできるようになりました。それによると今回の3枚は、上からユズ、アミ、ナツキだと思われます。これで今まで「いっぱいいる!」で終わってた多摩キリン軍団に会いに行くのが楽しみになりました。しかしカワウソとキリンのかけもち撮影って、山越えがあるので体力的にはかなりハードだ。


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】