Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

宮崎キリン・3頭のマサイ

[ Three Maasai giraffes at Miyazaki City Phoenix Zoo. ]

120408_01
宮崎市フェニックス自然動物園のマサイキリン。

カワウソを中心に撮影をしておりますと、どうしてもアイドリングな時間帯ができてしまいます。それはカワウソ様が必ずお昼寝をされるからなのですが、そんなときにはセカンドターゲットな動物の撮影になります。わたしの場合、それはキリン。


120408_02
フェニックスにはマサイキリンがいっぱいいて・・・というのは昔の話で、今は3頭だけ。リッピさんの「キリンのいる動物園 その2」によると4頭いることになっているのですが、どう見ても3頭しかいない。むむむ?


120408_03
唯一のオス。

2009年11月にフェニックスを訪ねてらっしゃるhotallさんのblogで、当時5頭いた様子を見ることができます。

2009-11-05 - キリンと私

オスはアラシとコブシ。アラシは他の個体に比べてだいぶ体毛が黒いので、現存するこのオスはコブシか。


120408_04
きみはコブシなのか?


120408_05
メスちゃん。hotallさんの書かれている識別ポイント(ツノ毛がまだら)から、この個体はランと思われます。


120408_06
あなたはラン?


120408_07
もう1頭のメス。となるとこちらはユメ。


120408_08
ユメちゃんですか?


120408_09
何とも歯切れの悪い識別ですいません。今回はカワウソを最優先した関係で、キリン担当の方をキャッチできなかったのでございます。


120408_10
ラン(左)とコブシ(右)

だととすると、アラシはどうなっちゃったんだろう?


120408_11
コブシは一番若い個体のはずなのに、ちょっとお年寄りっぽい。色が違うけど、実はこれがアラシなのだろうか。

だとすると、コブシはどうなっちゃったんだろう?


120408_12
ということで、現場でサボって情報を掴んでおかないと、後で園の方に問い合わせなくちゃいけなくなったりするわけです。せめて個体紹介の掲示でもしてくれてれば、お互いに手間が省けるんですけどね。


120408_13
南国らしい風景ですが、この日は実際に暑かった。今ほんとに3月なのか、と思ったぜ。


120408_14
もっと葉っぱくれ〜い!



【追記:2012.4.12】
この3頭の個体の愛称について宮崎市フェニックス自然動物園にメールで問い合わせをしてみたところ、すぐに回答をいただきました。それによりますと、この3頭は、

  ♂コブシ 2004年1月15日生(平川動物園生)
  ♀ラン  2003年1月17日生(フェニックス生)
  ♀ユメ  2001年8月28日生(フェニックス生)

とのことです。ランとユメについては、わたしの識別で合っているそうです。

そして残念なお知らせ。やはりアラシは亡くなっていました。2011年11月とのこと。合掌。

お忙しいとこと、個体識別の確認までしていただいた宮崎市フェニックス自然動物園のご担当者さまに、こんなところで何ですが重ねて御礼申し上げます。


宮崎カワウソ・ピンクのお鼻のユーラシア

[ At Miyazaki City Phoenix Zoo, old female Eurasian otter spends the rest of her life. She lost her mate early this year. I missed taking photo of they two lived together, to my regret. The widow otter seemed to be healthy. I hope she enjoys more longevity. ]

120407_01
ついに会えた、宮崎市フェニックス自然動物園のユーラシアカワウソ。

実は一昨年の夏に行く計画があり、飛行機と宿の手配までしていたところ、口蹄疫で長期休園になってしまって行けなかったのである。もうみんな忘れかけていると思うけど、一昨年の宮崎は本当に本当に大変だった。わたしもうっかり忘れてた。

その後、なかなか行き先になることがないまま時間が流れてしまい、今年に入ってオスの方が死んでしまったという情報が入る。2頭とも決して若くない個体なので、存命のうちにはやく訪ねなければいけない、とは思っていたのだけど間に合わなかった・・・残念。

というわけで、ようやく会えたよ宮崎のユーラシア。


120407_02
開園直後のユーラシアカワウソ展示場。だーれもいない・・・。アクリル板のくもりで撮影困難とのウワサでしたが、問題のアクリル板は意外にきれい。朝イチだと順光になるので、今出てくれればそれほど反射に煩わされずに撮れるんだけどなあ。


120407_03
よく観察すると、岩の上に新鮮なフンが! 寝室の戸は開いているので、中で寝ているものと思われる。このまま待つことにしましょう。


120407_04
10時になると、こども動物村にヤギが出勤してきます。どどどどど・・・


120407_05
ここでお掃除に来られたキーパーさんをキャッチ。ちょっとかわいそうな気もするけど、寝室から追い出してもらいました。この顔は完全に寝てますねw。


120407_06
とてとて。


120407_07
にゅーん。


120407_08
例の岩の上でおトイレ。適当なところにみんなでぶっ放す感じのコツメと違い、ユーラシアはシンボリックな場所で、自分の存在をアピールするかのようにフンを残すようです。一般化していい話なのかどうかはわかりません。


120407_09
もそもそ。檻の角の方へもぐり込む感じで、また寝る準備。


120407_10
別の角度から。


120407_11
ふあ〜


120407_12
で、寝たw



わたしの午前中の仕事はこれで終わりました。


・・・


120407_13
しっぽ時計が12時をお知らせします。


120407_14
爆睡されております。このあたりは見事にカワウソで、期待を裏切りません。


この1頭残ったメスの個体ですが、名前はあるんでしょうけどずっと名前で呼んでない、というお話でした。19歳ぐらいで、やはり安佐から来たとのことです。安佐では貸し出し動物一覧を公開していますが、確かにそこにカウントされています。

種の保存 - 広島市安佐動物公園

ちなみに死んじゃったオスの方が若くて、15、6歳だったとのこと。

えさは中くらいの大きさのアジで、寒いときは1日に1kg食べるのが、暖かくなると半分に落ちるそう。つまり春は食いが落ちてくる時期なんですねえ。フラミンゴ池で増えすぎたティラピア(!)をたまにプールに放してやることがあるそうで、小さいのは食べるけど大きいのは捕っただけで放置、つまり獺祭するわけですが、でかいティラピアは頭が硬くて食えないんじゃないか、とのこと。いろいろと面白い話があるもんです。



ここでまた、時間の経過を示す写真を2枚入れときます。



120407_15
フェニックス名物のゾウさんガイドへご出勤。


120407_16
4時になるとヤギ軍団が帰宅を開始します。どどどどど・・・


120407_17
で、いよいよカワウソのごはんタイム(非公開)になります。だいたい3時半か4時過ぎぐらいに、寝室の中であげるようにしているとのこと。ごはんだよ〜


120407_18
実はなかなか起きて来なかったので、キーパーさんがデッキブラシで追い立ててくれました。年とって1頭になっちゃうと、どうしても活動は鈍くなりますね。


120407_19
なかなかかわゆいお顔です。それにしてもユーラシアでここまでピンクの鼻の個体は今まで見たことがありません。白ムギュの美しさは安佐のユウ老師の血統を裏付けるもの。


120407_20
ふぁああああああああ


120407_21
ぷしゅ。


120407_22
んでまた寝るかw おなか空いてないの?


120407_23
ほら、ごはんだぞ。


120407_24
しらーん。


120407_25
食べても大丈夫?


いつも寝室であげているのを、今日は外であげたので、怪しがって食べないのでは、とのことです。

キーパーさんがいろいろと気にしてくれたおかげで、写真が撮れて助かりましたが、いつもと違う対応をされたカワウソにはちょっと気の毒だったかな、とも思います。いや、ちょっとした刺激になってむしろ良かったと考えることにしよう。


次はフェニックスの別の動物たちを。




【追記 2012.4.7】
昨年11月にフェニックスにいらっしゃったリッピさんの写真をもう一度見直してみました。かえすがえすもオスの存命中に行けなかったことがくやまれます。

動物園でお散歩 : ユーラシアカワウソ

さらに、コメント欄で初心者さんが情報を提供してくださってます。このメスちゃんはユマという名前で、ユウ老師の孫に当たり、15歳とのこと。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】