Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

かみねどうぶつ・7月のライオン

[ Let's have a break for the other animals. I'm also interested in Lion. A pair of them lives in HITACHI KAMINE ZOOLIGICAL GARDEN. And they have three cubs on Mar. 16, that is, only five days after the huge earthquake. ]

日立市かみね動物園で、震災の5日後に生まれたライオンのお子たちに会ったことを忘れていた。7月に撮ったので、7月のライオン、だ。意味なくてすまん。

110915_01
ウィル父ちゃん!


110915_02
バルミー母ちゃん!


110915_03
というわけです。つまりこの時点(2011年7月)で4月齢。


ちなみに去年の4月に会った、2009年10月に3頭生まれた子たち(すでに移動済み)の6月齢の様子はこちら。
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | GWネコ科スペシャル♪


110915_04
おーい、キッズども!


110915_05
にゃ〜ん!


110915_06
微妙にというかとっくにカワイイ時期をはずしたかな、と思ったけどまだまだ十分イケてる。


110915_07
みんな同じ顔だよねぇ。どうやって識別するんだこれ。


110915_08
ちょっとこれはたまらん。たまらんけど、狙ったみたいなのであんまり撮りたくないようなアングル。


110915_09
前足とか後ろ足とかしっぽとか・・・


110915_10
基本的に、もうしっかりとしたライオンのお顔になっていた。


110915_11
かと思うとこんなプレイもしたりで、


110915_12
チビレオたまらん。


110915_13
ネコっぽいからかわいい、っていうのとちょっと違うんじゃないだろうか。大型ネコ科動物の魅力って、ネコっぽさに還元できない何か独特のものがある。追われる側の草食動物が、その造形における過剰性をボリュームをそぎ落とす方向へ発揮させるのに対し、肉食動物の側は骨や肉を重厚になる方向へ盛りつけて行くのだ。いや、単に手足太いよな、って言いたかっただけだ。

あと結構、耳の大きさとその動きがポイントになっているようだ。っていったい何のポイントか?



ウィル父ちゃんが出てきたよ。

110915_14

110915_15

110915_16

110915_17

110915_18
オチも大した動きもない5コママンガになってて申し訳ないのだけど、間違いなく最後は笑ってるように見える。ウィルのおかしさが遺憾なく発揮されている。お笑い系のライオンっていいなあ。

というか、メスのライオンはみんなシリアスだが、オスはみんなお笑い系なんじゃないだろうか。ライオンのたてがみって今までヨロイカブトに付ける装飾の類で、それによって武勇っぷりを演出するものだと思っていたが、実はそうじゃないのかもしれない。だいたい狩りをするのはメスの仕事だし。だからたてがみって、ウケ狙いのかぶりものとか、サンバダンサーの背中の羽根とか、そういうエンタテインメント方面の機能を持つアイテムと考えても別にライオンの不利益にはならない。そう仮定すると、ライオンの見え方って結構変わってくる。いや、絶対そう見るべきだなんて言ってるわけじゃないよ。単に従来型の動物の見方をしたくないだけ。



110915_19
とにかく、ウィルってほ〜っんと、いい表情してる。一度いっしょに飲みに行きたいぐらいだ。つまみはほらやっぱり、馬刺とかだろうか。


110915_20
たてがみが潮風になびくよ〜♪

かみねカワウソ・あんずあんず〜♪

行くたびにどんどん立派になってる日立市かみね動物園。今回は1年以上、ご無沙汰してしまいました。

110721_01
あんずです。


110721_03
黒目がち、というかぜんぶ黒目w。


110721_02
今年2月にお母さんのコウメが亡くなり、その直後に何と姉妹のあやめまで、あとを追うように亡くなって、とうとう1頭になってしまいました。


110721_04
そんなに広くない放飼場ですが、さすがにあんずひとりだとちょっとさびしい感じがします。


110721_05
2頭が死んじゃった当時はさすがにしょげてたそうですが、今ではすっかり元気になりました。


110721_06
でもあいかわらず手しゃぶりは止めませんねー。


110721_07
なによー。


群れで暮らすコツメカワウソは、1頭で飼育するとどうしても運動量が減ってしまいます。そこで・・・

110721_08
これ。


キーパーさんが秘密兵器を作ってくれました!


110721_09
ものすごく興味を示します。その証拠に限界まで目を開いてます。めったに見れないあんずの白目。


110721_10
気になる気になる。

竹竿の先はピンポン玉なのですが、かじりつくと竹竿を回しても離れなくなるそうです。


110721_11
いっぱい運動しました。ちょっと休憩。


110721_12
6月で2歳になったねえ。カワウソ人生いろいろ大変だったけど、これから花が咲くよ。


110721_13
大きな葉っぱが飛んできました。この日は台風のせいでやたら風が強かった。


110721_14
これあたしのだからね。


だれも取らないよ。


110721_15
ほーら、いいでしょ!


110721_16
去年はかなりゲモってましたが、スリムになりましたよ。ある意味、お見合い写真。


110721_17
しっぽからもぎゅもぎゅ。
この日はなぜかお昼ごはん抜きだったので、夕方のごはんに気合いが入ります。


110721_18
必ず右手がちょっと曲がるんですよね。


110721_19
いろいろうるさいわよ。

GWネコ科スペシャル♪

大型連休中は動物園・水族館はお客さんであふれますが、ブログは逆に見てくれるお客さんが減ります。そこで、いつもならあり得ないようなコンテンツを出してもいいかな〜と思っていたところ、ネコ科は撮らないのかというコメントをカシワヤさんからいただきました。考えてみると、撮ってるけど出してない動物がいろいろいます。そこで今日はGWスペシャルってことで、ネコ科動物だけのエントリにしてみます。


110501_01
トラもおだてりゃ木に登る〜♪


110501_02
ネコ科に限って撮影データをずっと見てみたのですが、わたしの場合、トラは写真にならないことがわかりました。どう撮ってもガードが堅いというか、トラらしく威厳が保たれてしまいます。おそらくかっこいい顔の模様のせいだと思います。裏から撮るとこんなぼわんとしたシーンも撮れるんですが、正面からは難しい。それはそうと、この耳裏の白い毛が好き♪


110501_03
チーターなんかも、全身撮るとかっこよすぎてちょっと気後れします(何で人間のわたしがいちいち気後れしなければならんのか!)。この写真もキリっとしててほとんど負けそうですが、唯一、クチのまわりのモフ感がゆるいので載せてみました。以上3枚は姫路セントラルパークのみなさん。



110501_04
旭山動物園のクロヒョウ。うーん、クロヒョウもちょっと気後れしますね。よーく見ると独特のユルさがあるんだけど、まず真っ黒という色自体がど迫力だ。強すぎ。



そしてなんと意外なことに、わたしがいちばん撮ってるのはライオンでした!
(自分でもびっくり)


110501_05
かみね動物園のウィル父ちゃん。


110501_06
バルミー母ちゃん。


110501_07
2009年10月生まれのこどもたち。6月齢ちょいの頃のカールとミミーとネイミー(カ+ミ+ネ)。今年3月にまた生まれましたが、その兄姉たちです。


110501_08
(これがカワウソなら、ぜったいにここでアホなセリフ書く)


110501_09
「父ちゃんすごいね〜」  「すごくないの」   「ふぁぁぁぁぁっ」 (←やっぱり書いてる)



110501_10
ふたたび旭山。ライオンって百獣の王とか言われているけど、表情は決して険しい一方じゃないです。かなり柔らかさを含んでいる。強いからやさしい、の典型みたいなところがよろしい。


110501_11
実は雪上ライオン。百獣の王は寒さにも強いのだぁ。



そしてライオンがかっこいい場所といえば、天王寺動物園のアフリカサバンナ肉食ゾーン!



110501_12
うふっ。


110501_13
ふぇ。


110501_14
ふぃぃ。


110501_15
あんぐぅあぁぁぁ。


110501_16
あぁぁぁ。


110501_17
ぁぁぁぁぁぁぁ・・・


110501_18
っふぅん。


110501_19
「おおこわ〜」

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】