Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

桂浜コツメーズ、その2・サクラと王子

[ Katsurahama Aquarium has another pair of small-clawed otter. The male otter named Oji (means prince in Japanese) is tame. He takes a walk around the aquarium site three times a day. ]

130909_01
桂浜水族館のつづきです。コウメ&ソラのとなりの部屋にいるのは、うみたまごからやってきた王子くん。

王子くんとは以前、うみたまで会いました。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | うみたまカワウソ・哲学のヒモの練習



130909_02
そして王子(手前でゴロゴロ)といっしょにいるのは・・・


130909_03
サクラちゃん。


130909_04
サクラは前回は、ヨモギといっしょにいました。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 桂浜カワウソ・ビビりコツメとおさんぽペンギン

このビビリコンビの様子は面白かったです。その後、ヨモギは王子とトレードで、うみたまに移っています。いまごろは向こうできっと、うまいことやってることでしょう。



130909_05
サクラちゃんはついに外の世界に出てきたわけですが、何と言うか、まだまだ表情がカタいです。


130909_06
こりゃまた派手なバスタオルですなw


130909_07
さて、王子は「おさんぽコツメ」です。うみたま時代にハーネス着ける練習をしていましたが、まさか桂浜でそれが役立つことになろうとは。


130909_08
おさんぽタイムだよ。


130909_09
1日3回、おさんぽします。コツメの健康維持にもいいんですよね、おさんぽは。


130909_10
しゅっぱ〜つ!


130909_11
ありゃ。


130909_12
いまいちやる気が出ません。


130909_13
しょうがないので、


130909_14
もうここで営業しましょう。


130909_15
コツメカワウソでーす。やさしくさわってね。


130909_16
え? なに? やる気になったって?


130909_17
あらためて、しゅっぱ〜つ!


130909_18
いってらっしゃ〜い!




・・・





130909_19
おかえんなさ〜い!


130909_20
おさんぽがすんだら、ごはん。


130909_21
王子様はテーブルの上でペレットなどを召し上がりますが、


130909_22
サクラちゃんは、


130909_23
カワウソっぽく、サカナですw


130909_24
でもこの若い2頭はいい感じ。繁殖の期待も高まりますね。


桂浜コツメーズ、その1・コウメソラテンミズホ

[ A cute small-clawed otter named Koume at Katsurahama Aquarium. She has a lot of fans in all over the country. Actually she gave birth again recently but all the pups didn't grow up this time too. Now she is well but I really pray for her good health after this. ]

130907_01
桂浜水族館のアイドル、コウメちゃん。


前回、去年の11月に訪ねた時は、病み上がりでへろへろでした。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 桂浜カワウソ・がんばれコウメ!



130907_02
その後、すっかり回復したようで、またソラと出ています。実は先日また出産があったのですが、体重が少ない状態で産まれた子たちは、やはり育たなかったのだそうです。残念です。

ちぃさな浜辺の水族館の飼育スタッフブログ こんどこそ   スタッフO



130907_03
今回は出産後のコウメは元気にしていますが、2回も続けてうまくいかないと、無理しない方がいいのかな、とも思えます。しかしコウメの血統がぜひ続いてほしい、という気持ちもあります。むずかしいです。担当さんたちも悩んでおられました。


130907_04
「コウメ立ち」がふたたび見られるようになって、うれしいですね。


130907_05
ソラとも相性いいしね。


130907_06
なかなか撮れないソラの単独写真。あ、コウメちゃんばかり追ってるからか。


130907_07
つくづく、小顔でキュートです。



・・・



130907_08
さて、いまアシカの裏のおうちに住んでるのは、


130907_09
ミズホと、


130907_10
テンです。


130907_11
テンは、どんどんおとぼけキャラの度合いが増してますね。


130907_12
食べないの?


130907_13
んんん?


130907_15
あ、食べた。


130907_16
はずかしいんかいw


130907_14
ミズホは、何と言うかマイペースです。



・・・




130907_17
コウメちゃんたちも、ごはん。


130907_18
真剣です。


130907_19
「ツイストコウメ立ち」と、えさに無関心を装うソラの様子が絶妙です。


130907_20
あ、それあたしのだから


130907_21
わーい   わーい


130907_22
もひとつ


130907_23
くださいな〜


130907_24
まずは元気なコウメを見て安心したのでした。


さてさて、コウメちゃんたちのとなりのカワウソ舎がいまどうなっているか、気になるでしょ?
続きをお楽しみに♪


桂浜カワウソ・ビビりコツメとおさんぽペンギン

[ Other members of small-clawed otter at Katsurahama Aquarium are also attractive. And a Humboldt penguin went for a walk as an everyday attraction. ]

121207_01
桂浜水族館のコツメカワウソがつづきます。これは誰かな?


121207_02
アシカプールの奥のお部屋に住んでいる、アヤしいコツメ。桂浜カワウソ界の公然のヒミツと言われています。


121207_03
外に出たいのでしょうか?


121207_04
そんならこっちからお訪ねしてみましょう。


121207_05
左の大きい方がヨモギくん、右の小さい方がサクラちゃん。2頭とも超ビビりウソです。


121207_06
ヨモギくん、かくれたつもりか。


121207_07
       外はコワいの     わしもコワいねん


121207_08
ヨモギくん、固まってしまいました。


もうずいぶん前からここにいるのに、うまくいかないもんですね。ヨモギくんはいちどコウメと組まされたことがあるそうですが、もうぜんぜんダメダメで、相手にならんかったそうです。サクラちゃんにいたっては、ここから出たことがないのだそうです。




・・・



121207_09
破壊した木で一生懸命に遊んでいるのはミズホ。


121207_10
楽しそうだからいいことにしましょう。


121207_11
海遊館帰りのソラは現在、ミズホとペアです。


121207_12
仲よさそうだからいいことにしましょう。


121207_13
お食事ミズホ。


121207_14
考えごと中。


121207_15
なかなかカメラ目線くれないソラですが、


121207_16
最近は「幸せの鐘」の担当をやってるようです。けどそれなあ、ひとりで鳴らすもんとちゃうやろw



・・・



121207_17
フンボルト池。今年もいっぱい生まれてました。


121207_18
午後のおさんぽ時間に出てきたのは、メリーくん。


121207_19
メリーどこ行くの?


121207_20
しらんがな


121207_21
そのままイルカプールの観客席の方へ。


121207_22
えっへん


121207_23
ショーやっとらんの?


ショーの時間にあなたを解き放つわけにはいきません。



121207_24
そして、そのまま本館へ乱入。


121207_25
階段、上がるのは得意ですが、下りるのはちょっと遠慮しときます。


121207_26
もたもたしているうちに時間切れ。おねえさんにつかまってしまいました。


121207_27
わしはもっとさんぽしたいんじゃあ〜

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】