Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

江戸川限界遡上

江戸川を船で遡れるだけ遡る、というのが夢だった。

というのも、江戸川はかつて東京から銚子まで通っていた通運丸という蒸気船が走ったルートだからだ。鉄道が主要な輸送システムになる以前、明治の前半の話である。なにしろ古い話だから、大きな船が江戸川を上り利根川を下っていく様子はこれはもう想像するしかないのだが、とにかく東京から銚子まで船で行けた、という事実だけでご飯3杯は軽く食べられるような気がする。何でそんな話にものすごく魅力を感じるのか、これはまったくわからない。

ところが、世の中にはわたし以上にその話に惹きつけられているパドルさんという方がいて、自分で船を駆って江戸川をはじめとする東京の可航水路探険に日々精進されているのだ。あまりに素敵すぎてちょっと形容する言葉が出てこない。

090719a

それでこのたび、パドルさんの愛艇に同乗させていただき、江戸川を遡上してきた。と簡単に書いたけど、これはとんでもなく凄いことだぞ。今年は水門工場を見学させてもらったり、わけあって公表はしてないが某巨大造船所を見学させてもらったりと、かなりビッグな水モノ体験が続いている。これはきっとひとまわりビッグな水モノ人間になれ、という趣旨の運命のいたずらであることだろう。こんな運命なら、年内にあと二つ三つは受け付けますのでよろしく。

で、とにかく江戸川遡上、それも限界まで、というお願いを聞いていただいて、われわれは荒川河口近くにあるマリーナを出発、葛西臨海公園を突っ切って江戸川河口から遡上を開始した。

江戸川閘門だって通ったぞ。ほらこのとおり。

090719b

市川、松戸と通過して(江戸川のこのあたりはかなり風光明媚だ!)お昼近くに遡上の限界地点まで到達。水深が1メートルを切っており、スクリューで進む「船らしい」船は、現在ではここから先に進むことはできないのだという。素人目にはたっぷり水が流れているように見えたんだけど、googleマップで見るとたしかにこの辺から浅くなっているようにも見える。


大きな地図で見る

具体的に言うと、三郷放水路の出口である三郷排水機場の排水樋管のあるあたり。って言われても困ると思うけど、要するにそのあたりだ。これを「意外に上まで遡上できるもんだ」と見るか「なんだその辺までしか行けないのか」と見るかでその人の性格がわかろうというものだ。

はじめて水の上から見る三郷排水機場。でけえ。
090719d

パドルさんによると、水上オートバイやカヌーなんかは利根川とぶつかる関宿まで遡上できるらしい。この日も手漕ぎのカヌーが何艘かわれわれの横を遡上していった。もっと言うと、スクリュー駆動の船でも、水量が十分にあれば行けちゃうらしく、台風の翌日に関宿突破を果たした剛の者もいるのだそうだ。そこまでやるか。

限界遡上地点でアンカーを下ろし、お弁当をいただく。三郷のこのあたりって、地上を歩いているととりわけ静かないい場所、という感じはしないのだけど、水の上で浮いていると街の音などまったくしない、きわめて静寂な空間であることがわかる。高い堤防の防音効果は想像以上だ。この空間を独り占めできる川走りって、とってもとっても贅沢な行為だと思うよ。水上スキーとか魚釣りとかもいいんだろうけど、パドルさんもわたしも単純に川を走るだけでとてもうれしく、また楽しい。

停泊地地点からは、少し上流にある巨大な松戸水門が小さく見えた。行きてえ。
090719c

この松戸水門と、三郷放水路が大量の砂を吐いているおかげで河床が上がっているとのことだが、それが実感としてわかった。やはり水の上から見ないと生き物である川が今どういう状態にあるのか、わかんないもんですね。とっても有意義な経験をさせてもらいました。パドルさんありがとう!

休憩中のパドルさんと愛艇をこっそりと。素敵です。
090719e


【追記】
パドル船長のとっても詳細な航行記が出ましたよ。
http://suiro.blog27.fc2.com/blog-entry-263.html

【追記2】
江戸川はどこまで遡れるのか?に興味のある人は、パドルさんのこのエントリは必ず読んでね。
http://suiro.blog27.fc2.com/blog-entry-267.html


  • Posted by jsato
  • TB(1)
  • 23:57 | Edit

同い年の7連ゲート

Imai_FG
写真をクリックすると、Panoramio上のわたしの写真に飛びます。
↑時間のあるひとはPanoramioで拡大して見てね。


江戸川区の今井水門。なんと11年ぶりに行ったよ。

14.5メートルのゲートが7つも並ぶ姿はかなりかっこいい。しかし今だったらもうひとまわり大きく高く作って、ゲート数は減らすだろうな。

メンテナンスがちゃんとなされてて(当たり前だが)、ていねいに使い込まれている雰囲気が伝わってくる。しかし設計の古さは隠せない。

古い、とか言ってたら1963年製かよ。おお〜同い年だw。お互い仲良くしようぜ。
  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 23:12 | Edit

単純反復をさらに反復

080325

反対側から見た、江戸川水門

この雰囲気、何かに似ている。
たとえば、これ。




Minimum-Maximum



ずっと見てると、クラフトワークの方が本当は6人ぐらいいた方がよいのではないか、みたいに思えてくるから不思議だ。

ソウルとテクノって、みんな別系統の音楽だと思ってると思うが、ヴィジュアルなフォーメーションから見るとよく似ているのだ。ざまあみろ、だ。

何に対してざまあみろ、なのかよくわかんないのだけど。



  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 00:56 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】