Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

大阪カワウソ・もっとベビうそ爆弾♪

[ Otter babies again! They are exhibited only 30 minutes a day. During this special show, we can watch their practice for eating solid baby food. And aquarium's otter expert gives a small lecture about baby otter. This limited exhibition will be held until Mar. 16 at Osaka Aquarium Kaiyukan. Enjoy! ]

120309_01
海遊館のベビうそ、好評大公開中!

いっちょまえ〜 | 海遊館日記 | 海遊館

ということで、わたしの写真もいまや世界中で大人気だ。いや、別に写真がいいわけじゃなくて、あくまでベビうそが世界的にかわいいだけだろう、とも考えられるが、せっかくなのでこの機に乗じて第2弾をアップします。すいません調子に乗ってます。


120309_02
あの、別にまた大阪まで出張したわけではなくて、前回のと同じ日に撮ったものなので、何というか、サンドイッチを作った時に出たときのパンのみみ、みたいな写真が続きますのよ。それでもよければご覧ください。


120309_03
アタマがね、重いんだw


120309_04
はい、離乳食トレーニングですよっ


120309_05
え?どっかで見たような写真?


120309_06
あくび〜。このショットなら間違いなくまだ出してない。


120309_07
で、別の子。クチに入れてもらった海遊館特製の離乳食(おさかなミンチのミルク練り。ためしにこれショップで売ってみたらどうだろう)を、半分以上無駄にした悪い子。


120309_08
イヤなもんはイヤじゃ。


120309_09
ヒゲの生えっぷりがね


120309_10
たまらんたまらん


120309_11
他の3頭は休憩中。タオルに乗せた瞬間に寝ますけど。


120309_12
完食えらいぞ。


120309_13
へへ。


120309_14
離乳食にすっかり降参したわけではなく、担当キーパーさんが「ベビうそのひみつ」を解説してくれているところです。


120309_15
ぴょこーん。


120309_16
おとなうそはドンゴロスが似合いますが、ベビうそはやはりタオル。もちろん例の「カワウソ専用タオル」だと思います。


120309_17
トレーニングが終わり、フリータイムでもそもそ。


120309_18
ずりずり・・・アタマが重くてまだしっかり歩けません。


120309_19
(言語化不可能)


120309_20
実はこれと次の2枚は2日後。なんだやっぱりまた行ってんじゃんw。


120309_21
目つきが違うね。ちょっと成長したかなあ。


120309_22
初日に戻ります。


120309_23
おれ、やっぱり眠いわ。


120309_24
すでに寝てまふ・・・


120309_25
公開はあと残り1週間。がんばれベビうそ!

大阪カワウソ・ベビうそ爆弾!

[ Cute small-clawed otter babies! At Osaka Aquarium Kaiyukan, special limited exhibition is held now. You can meet these babies everyday until Mar.16. Exhibit time is very short and strict (only 1:30 to 2:00 pm) so as to keep otter babies' health condition. ]

120303_01
海遊館で、1月2日に生まれた4頭のコツメベビーズが、期間&時間限定で公開されているのは、もちろんみんな知ってるよね!


生後2カ月! コツメカワウソの赤ちゃんを期間限定で公開! | トピックス | 海遊館


今までのベビうそ特別公開イベントはすべて屋外のテントでやってたんだけど、今回はたまたま冬ということで、ベビうそが凍えないように室内でやることになりました。チケット売り場の横みたいな場所が特設会場なので、いつもの場所でやってんだな、などと早合点せぬようご注意ください。



120303_02
はい、ベビうそ出ました! ♂2+♀2、だそうです。


120303_03
背中も見て。色はもう「おとなうそ」の色だけど、背中の毛質はまだ「ほわほわ」であることがわかる。


120303_04
公開といってもただころがしておくと間が持たないので、今回は離乳食の練習を見せてくれます。いやじゃいやじゃまだおっぱいがいい!


120303_05
右手を出してみまちた、みたいな。


120303_06
ツメも見てね。これを見るとコツメも今のように進化する前はカギツメがあったのだ、ということがわかるよね多分。


120303_07
あぎゃ〜


120303_08
別の子。


120303_09
いやじゃいやじゃ。


120303_10
わしはまだおっぱいがええねん!


120303_11
モデルさん視線くれましたぁ。左目、すでにワル〜い感じになってきてますw


120303_12
とにかく必要以上にかわいすぎなんで、ほんと困りますって。


120303_13
はい交代。


120303_14
この子はあんまりいやがりません。


120303_15
おとなしい感じの子やね。


120303_16
これはさっきの子。お弁当が付いてますぜ。


120303_17
さすがは海遊館の血統、みんな鼻がピンクだ。模様も違って識別もしやすそう。


120303_18
へっ


120303_19
動物の子どもがかわいいことに関して特に文句はありませんが、それにしてもカワウソの場合はかわいすぎます。もうほとんど爆弾みたいなもんだな。いやーもういい加減にしてほしい。かわいいにもほどがあるってもんだと思う。


120303_20
ぴゃぅ


120303_21
放っておくと、すぐに寝てしまいます。もそもそ動き回ってても、あっという間に電池切れになるみたいな。


120303_22
出ました、サービスショット!


(実はこれ、公開初日の撮影なんだけど、翌日に新聞やテレビに出ちゃったおかげで、関西一円のカワウソファンが大挙押しかけ、いまや大変なにぎわいになっている。ということはうっかり週末なんかに行きますとこんな悠長には撮らせてもらえませんので、ご注意ください。)

海遊館カワウソ・アユ狩りファイブ

海遊館8Fのコツメカワウソ部隊、今も元気のいい5頭の男子チームが出ています。キーパーさんたちからは「ばかファイブ」と、実に愛情のこもった名前で呼ばれています。

110404_01
これは7Fの水槽前に設置されたモニタに流れる紹介画面。さすがに公式に「ばかファイブ」とは呼べないので、「ファイブぶらざーず」とマイルドな表現になってましたw。


110404_02
さてファイブぶらざーず、いつにも増して泳ぎまくってます!


110404_03
3頭で同時に飛び込みます。あべ弘士さんの『かわうそ3きょうだい』の一場面のよう。

かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)



110404_04
ぐいぐい泳いで、


110404_05
みんな何かを追ってます。


110404_06
そう、アユです!!! しかも展示用のw。


海遊館では、毎年3月末に新鮮なアユを仕入れるのだそうです。

シーズン到来!! | 海遊館日記 | 海遊館

おそらくこの日はアユ入れた翌日ぐらいだったようで、ファイブぶらざーずはそれはもう熱心に追いかけてました。狩ったらダメだよー。



110404_07
「知らんがな」


110404_08
びゅーん。


110404_09
「どれもうまそう!」


110404_10
「ひゃっほーい♪」


110404_11
ざばーん。


110404_12
くるりっ。ぎゅいーん。


110404_13
しゅぱー。

カワウソにアユ狩るな、と言ってももちろん無駄なのでして、ばかファイブは生アユを好きなだけ召し上がっておられました。この3500匹のアユ、秋まで持つのだろうか。



・・・


さて、7Fのパナマ湾水槽に、2月から新人さんが入ったので様子を見に行きましょう。

110404_14
なーんだ?


110404_15
こんなやつです。アカハナグマだ!


110404_16
以前、カピバラがエクアドル熱帯雨林水槽に入ったときは、明らかにオーバーサイズな感じがするためかお客さんが引いてましたが、アカハナグマは程よいサイズで、水槽のパースペクティブを破壊せずに納まっておりました。


110404_17
ただ、ものはいろいろと破壊するそうです。


110404_18
あっという間に天井まで駆けのぼってました。基本的に3次元な動物です。重力があまり気にならない性格らしく、壁も天井も関係ないようです。


110404_19
そういえばアカハナグマが鳴いているのを聞いたことがないなあ。


110404_20
べー。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】