Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

豪太とクルミ

[ Polar bears at Oga Aquarium GAO. They keep two polar bears under the Polar bear breeding project which has been operating by JAZA (Japanese Association of Zoos and Aquariums). Gota, a 9-year-old male and Kurumi, a 15-years-old female had copulation in this April, so it is expected a success of breeding. ]

120814_01
男鹿水族館GAOのホッキョクグマ、豪太です。ところでGAOって何だ?


120814_02
ふ〜む・・・


120814_03
魚うまー


120814_04
どぉーりゃっ


120814_05
食後の運動すっかな


120814_06
この展示場(クマ舎別館)の広さは370平方メートル。屋根はなくて、すぐ外には日本海の荒波がせまっています(右下の窓から外の岩礁がちらっと見えてます)。北国で海のすぐそばってことは、ひょっとして日本のホッキョクグマ飼育施設の中でいちばん、環境が生息地に近いってことになるんだろうか? 冬に再訪してみたいですね。


120814_07
一方こちらはクマ舎本館(ペンギン展示の隣。古いマップを見ると以前はゴマフアザラシがいたことになってます)。広さは130平方メートル。こっちには今、クルミさんがいます。今年の3月から4月にかけて2頭を同居させたところめでたく交尾がみられたので、その後は別居となりました。やったね!

クルミは釧路生まれ。2011年の4月に男鹿に移動になってます。移動ちょっと前の釧路での姿はこちら ↓(ちょっとだけ。ツヨシと区別できてませんw)。
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 釧路カワウソ・また来ますよ



120814_08
クルミです。


120814_09
あ!


120814_10
ちゃっぽ〜ん(ガラスごしなので音は聞こえません)


120814_11
すい〜


120814_12
ぶくぶく・・・


120814_13
すてきなおしり・・・


120814_14
サバもらった♪


120814_15
というか、ごはんタイムです。最近は豪太が11時40分、クルミが13時30分となってます。どちらの回も、事前にキーパーさんがあちこちにいろんなエサを隠しておきます。


120814_16
もういっぴき♪


120814_17
え?トマトっすか?


120814_18
何でも食べるよ〜


120814_19
あれ?もうないの?


・・・



120814_20
別館に戻ります。豪太はちょくちょく泳いでくれますね。


120814_21
ぶるぶるっ! 定番ショット


120814_22
手ぬぐいちょうだい!


120814_23
いよっ、おつかれっ!


120814_24
いや、まだまだっ!


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】