Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

夏の盛岡ズー3・園内ひとまわり

[ Continuing report of Morioka Zoological Park. Their African elephants are expected to breed recently. We can't take our eyes off the pair. ]

130810_01
岩手県ではとんでもない量の雨が降って大変だったようで、お見舞い申し上げます。夏の盛岡市動物公園がつづきます。7月の末の撮影でございます。


130810_02
まいど定点観測のパンダw


130810_03
ヤギもいっぱい生まれました。


130810_04
ひづめでどうしてこういう不安定な足場で踏ん張れるのか、不思議です。


130810_05
シタツンガも生まれました。ベビーちゃんの写真はまた明日。


130810_06
リンタくん。


130810_07
パートナーが多摩からやってくることになってますが、まだ来ません。
[訂正 2013.8.12]掲示には「東京都からブリーディングローンで借りてきます」とありました。不正確な書き方ですいません。


130810_08
待ち遠しいぞ〜


130810_09
今回、いちばん貼り付いていた時間が長かったのは、前回のタヌキのところか、あるいはこちらのマオ&たろうのところだったような。


130810_10
すっかりラブラブなおふたり。

というか、たろうがもうガンガンにアタックし、それをマオちゃんは多少めんどくさそうに受け流しつつ、まあ総合的に見ると実にいい方向へ行ってるっぽい・・・という雰囲気でした(なんだそりゃ)。


130810_11
受け流してます。


130810_12
たろうアタックに飽きたマオちゃんは、じぶんとこの放飼場に。


130810_13
わあ、わざわざごあいさつに来てくれたんだったの?(単にあやしいやつの様子を見に来ただけ)



後ろにいるたろうの猛烈アタックの様子とかは、また明日。



ところで盛岡市動物公園は、入口がいちばん標高の高いところにあって、そこからどんどん下って最後のアフリカ園がいちばん、低くなるわけです。ふつうのお客さんはそこからシャトルカー?で引き返しますが、わたしはレストハウスの横かシロサイのとこのショートカットの山道を自力でのぼって、ツキノワグマのところへ戻ってくるようにしています。ニホンザルまで一気に戻れる、もっとワイルドな道もあります。


130810_14
あ〜あ!


130810_15
いや、っていうか・・・


130810_16
ぽみゃー


130810_17
実にいい感じに草に隠れてました。


130810_18
ここのアナグマの子たちって、実は大人になっても好奇心旺盛な個体だったんだ。


130810_19
また下って、カワウソに戻ります。カエデちゃんおトイレ中。


130810_20
午後のカエデちゃん。


130810_21
午後の爺様。


130810_22
プールタイムのあとは岩の上でラブラブなひととき。


130810_23
はーい、ちょっと待った〜!


130810_24
もはや盛岡ズー名物。夕方になるとずっとこんな感じでありますw


夏の盛岡ズー2・タヌキベビーズ

[ Raccoon dog pups at Morioka Zoological Park. They were born on June 7 this year. They are not only adorable but their behavior is quite funny and interesting. ]

130807_01
ガブー!
真夏の盛岡市動物公園特集がつづきます。今回はホンドタヌキ。


130807_02
6月7日に生まれました!


130807_03
まだお母ちゃんにまとわりついてますね。


130807_04
上が母、下が息子。


130807_05
それっ!

なんだ、もう勝手に動き回ってましたね。


130807_06
何か出るかな


130807_07
あんただれ


130807_08
おトイレ中。
お子様はフン場じゃないところでもするのね。というか水に浸かったらおしっこしたくなっちゃったよー、という感じだと思う。


130807_09
こんなところものぼれます


130807_10
あのな・・・


130807_11
ん?


130807_12
気になるぞ


130807_13
このぐらい時期のタヌキ親子は、離れていても独特の声で鳴き交わします。その声、わたしは「ぽみゃ〜」って音で表現してますが、今まで誰も賛成してくれたことがないw


130807_14
えだゲット!


130807_15
それ貸して〜     いやじゃ


130807_16
ぎゃうぎゃう


130807_17
なんだよ


130807_18
ガブー


130807_19
か、母ちゃ〜ん


130807_20
ぽみゃー ポミャー


130807_21
体つきにくらべて、顔つきはもうけっこう大人っぽい。


130807_22
母が何か指導してます。


130807_23
ぽ・・・みゃ


130807_24
ふんふん


130807_25
おうち帰るよ〜


ちなみに2010年7月に5頭生まれたときにもちょっと撮ってます。どれどれ見てやろう、という方はこちらからどうぞ。
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 盛岡タヌキ・ぽみゃ〜

夏の盛岡ズー1・カエデちゃんとカミキリ虫

[ A female North American river otter named Kaede (or maple in English) is trying to catch a Longhorn beetle. Morioka Zoological Park is a cozy zoo located in northern Japan. ]

130806_01
夏の朝のひと泳ぎ。
盛岡市動物公園のカナダカワウソ、カエデちゃん。


130806_02
あら、いらっしゃい


130806_03
カンタ起こすね


130806_04
ちょっと!起きなさいよお     ギャー


130806_05
ん?


130806_06
また寝ちゃった




・・・




130806_07
あら?


130806_08
あらら〜?


130806_09
おいしそう!



カワウソのなかまはだいたい喜んで昆虫を食べるみたいです。カエデちゃんもさっき別の甲虫を食べてましたよ。



130806_10
にげろ〜


ゴマダラカミキリ?



130806_11
もっと上だよカエデちゃん!


130806_12
もうちょい!


130806_13
ぱくっとな


130806_14
ありゃ?



カミキリ、逃げきったようです。



130806_15
どこ行ったー?


130806_16
ふんふん


130806_17
いないな〜


130806_18
おーい、わたしのおやつ出てこい!



カミキリ、もう飛んでっちゃったよw



130806_19
うーん、おやつ・・・


130806_20
真夏のビクトリアコーナーとカワウソ舎。今年は去年のようにむやみに暑くないので助かります。


130806_21
眠〜い、おとなりさん。


130806_22
そのまたおとなり。


130806_23
なんですの?


130806_24
実に、りっぱなツノです。



さらにそのとなりは先日脱柵があったとかで、現在改修中。

130806_25
で、こちらはもひとつおとなりさん。目がすてき!

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】