Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

王子カワウソ・第3のカワウソ登場

神戸市立王子動物園のコツメカワウソ。何でストーリー仕立てにせねばならんのか、いまひとつよくわからんのですが、とにかく起承転結で言えば「転」の部分にさしかかっています。

101117a
ガラス越しにこちらを覗くナゾの影。第3のカワウソの出現に2頭が色めき立ちます。いや、正確に言うと色めき立ってるのはアケビ(左)だけです。


前々回でカワウソの説明書きをきっちり読まれた方はお気付きと思いますが、実は王子動物園のカワウソ舎はふたつに区切られており、双方にカワウソが住んでいるのです。


101117b
実にわかりやすい説明写真が貼ってありました。右側にガラス越しに写っているのが、第3のカワウソ、ハジメ(はじめ?)くんです。


101117c
こちらがいわゆる「山側」の展示場。何でこういう構造になっているのかというと、少し前までユーラシアカワウソも同時に飼われていたため、と思われます。

で、こちらの主であるハジメは朝から今まで、ずっと姿を見せていなかったのです。貼り紙に、いないときは隣の「リスと小鳥の森」から寝室がご覧になれます、とあったので行ってみました。


101117d
これです。面白い構造です。
でも今日は湿気が多く、残念ながら中が見えません。



・・・・・・



さんざん待たされたあとで、ついにハジメくん登場です。



101117e
どーん。ハジメです。


101117f
ヒゲの飛び散り方に、奔放な性格が現われているようですが、実際はどうなのかな。


101117g
ハジメは密輸保護個体で、2003年生まれ。アケビとアトムのちょうど真ん中ぐらいの年齢になりますね。胸から下の毛が抜けてます。キーパーさんによると来たときからこうだったそうですが、やはり野生捕獲個体ならではの、さまざまなストレスを被ったことによるものなんだろうか。

前はかなり太ってた(ゲモってた)とのこと。
Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん ■ジタバタするコツメ


101117h
そのころ海側の展示場の方では、アケビちゃんがじたばたしてます。葉っぱを仕切りの下へ突っ込んで、向こう側へ押し出そうとしているようです。


101117i
何となく「服役中の夫に葉っぱを差し入れる妻」というような風情がただようのであった。

そんな風に見えるのも無理はない。実はハジメはアケビの前の夫なのでした。繁殖遂行のために今はアトムという若い子と一緒に暮らしているのですが、心はまだハジメの方に向いているのかもしれませんね。


101117j
アトムとしては複雑な心境。


101117k
ちょっと距離をとってみたり。


101117l
でもまあ、別に仲は悪くないわけで。




101117n
こっち(アトム)と、


101117o
あっち(ハジメ)の、


101117m
どっちを取ったらいいのか。ふたりの男の間でゆらぎよろめく女心。波打ち際(波ないけど)を走り抜ける、アケビ10才。


101117p
というわけで、この三角関係は当分つづくものと思われます。




【追記 2010.11.18】
くろしおさんが、アケビとハジメがいちゃいちゃしている動画を記録されてました。2008年2月だそうです。

コツメカワウソさん達 | クリップ | くろしおのホームページ | 動画・写真アルバム FlipClip

カワウソも、ほんとに人生いろいろだと思います。

王子カワウソ・どじょうタイム

神戸市立王子動物園のコツメカワウソがつづきますよ。

101116a
ん?


101116b
ぴゃ?



アトムとアケビ、何かを待っているように落ち着きがありません。それはなぜかと言うと・・・


101116c
そう、王子名物「どじょうタイム」の時間が迫っているからです。




やがてどじょうを持ったキーパーさんが現われて、プールに生きたどじょうを投入しました。




101116d
それ食え〜!


101116e
もっとちょうだいちょうだい。

あっという間に食べ尽くした2頭は、キーパーさんを追いかけます。


101116f
もうおしまい。からっぽやろ?


101116g
もっとドジョウ、食いたいのお・・・


101116h
お昼のどじょうタイムが終わったあとは、泳いだり、


101116i
楽しくご歓談などされてお過ごしになります。



ところが!



101116j
アトムが何か異変を察知したようです。





101116k
おや、窓越しに別のカワウソがこちらを覗いているではありませんか!

やつは一体、何者なのか?
つづきをお楽しみに!

王子カワウソ・高級カワウソ住宅

お待たせしました。神戸市立王子動物園のコツメカワウソです。訪ねたのは寒〜い寒〜い雨の日でした。

101115a
でもカワウソはむしろ雨の日のほうが活発なぐらい。


101115b
こちらはオスのアトム。確かに雰囲気アトムっぽい。ヒゲがりっぱ。


101115c
乾くと大してアトムっぽくもないです。


101115d
こちらが葉っぱで窓を拭く、アケビちゃん。


101115e
キュイ〜!


101115f
さて、王子カワウソはなかなかいいところに住んでるんですよ。「動物とこどもの国」の一番奥の、言うなれば高級住宅地。後ろの欧米な建物はリス舎のファサード。んもう信じられないほどこじゃれた空間。さすが神戸だ。

ちなみにそのまた後ろはすでに動物園の外です。あのマンションからは間違いなくカワウソ見えるよね。いいなあ。そんなところに住みたい。


101115g
左手に回ると水中観察用の窓が3つも!そしてあちこちに「どじょうタイム」の貼り紙が。


101115h
カワウソの個体説明も詳しく書かれています。
しまった、もう1頭いることがバレてしまった。


101115i
寒い日はヒーターの上でゴロゴロするに限りますわ。

まだつづきます。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】