Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

蔵出し2013冬・その1・須磨ラッコ!

[ Sea otter at Kobe Municipal Suma Aqualife Park. These photos are taken in July this year. First one is 19 year old male. And the next pair is 13 years and 14 years old. Their keeper use a handy camera during open feeding. So we can watch how otters catch foods frontally by a monitor beside the exhibit. ]

131223_01
今日から冬の蔵出しシリーズを始めます。その1は、神戸市立須磨海浜水族園のラッコです。2013年7月の撮影。


131223_02
19歳のオス、トコさん。


131223_03
登場!


131223_04
トコ先生、いきなりマド掃除ですか?


131223_05
ちょっと〜ごはんもっといで〜


さすがは長老。貫録十分ですな。



131223_06
若者はこの2頭。ラッキーは新潟から出張中。


131223_07
で、これはどっちだろう? 歳が同じぐらいなので、よほど特徴のある顔でないと、わたしは水上写真では区別がつきません。→明日花だそうです


131223_08
と、ここまで書いててようやく違いを発見。明日花 ラッキーには鼻の左に黒い部分があります。つまりこれは明日花 ラッキー


131223_09
これも明日花 ラッキーですね!


131223_10
空っぽだよ。

これは首がゴツいので、ラッキーでしょうw これはどっちだろ?→ラッキーで当たりでした


131223_11
須磨のラッコ館では、お食事タイムをラッコ正面からハンディカメラで写し、水槽横にあるモニターででっかく見せてくれます。これは映像的に迫力もあって、なかなかおもしろい仕掛けです。


131223_12
食い足りないラッキー 明日花


131223_13
明日花ちゃん ラッキーくん、デザートはゲソかいなw


131223_14
食べた食べた ←ラッキー


131223_15
おクチの中をそうじするよ〜 ←ラッキー


131223_16
あら、見られてた〜 ←ラッキー



ちょっと休憩。外行ってきます。



131223_17
いえ〜い!


131223_18
ジャ〜ンプ!


131223_19
ところでラッコの説明コーナーにはこのような展示も。ラッコがどんだけ食べまくるか、直感的にわかりますね。


131223_20
ふたたびラッキー 明日花。もうすぐ3回目のお食事タイムでそわそわ。


131223_21
はらへった〜 ←明日花


131223_22
明日花ちゃん ラッキーくんは陸上でおねえさんからもらいます。


131223_23
はよちょーだいっ! ←ラッキー


131223_24
イカ耳ジャンプもするよ! ←ラッキー




【追記 2013.12.24】
すいません。明日花とラッキー、逆だそうです! ご指摘ありがとうございました。

【追記 2013.12.24 -2】
念のため、全部の写真に個体名を入れました。


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。
「カワウソなび」の追補はこちら↓


How we keep and watch wild animals in zoos and aquariums. Junichi Sato's recent works.


 Zoological Portrait Series


 Zoological Landscape Series


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマりました。2も出てます。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】