Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

釧路のカナダカワウソ

[ It's been two years since I last visited to meet NARO pair at Kushiro Zoo. They have rarity value because there are only three NAROs in Japan now. ]

160311_01
日本に3頭しかいないカナダカワウソ、そのうち2頭は釧路市動物園にいることはみなさんご承知のことと思う。釧路もちょくちょく出かけられるところではないので、前回の訪問からまた2年ぶりになってしまった。

釧路のカナダカワウソに関する以前の記事は、こちらから参照されたい。
http://blog.kohan-studio.com/tag/釧路市動物園


160311_02
今日は10時30分からパクパクタイム。まずはヒヨコから。


次は名物、ホッケなのだが、ご存知の通り数年前から北海道でホッケがあまり獲れなくなってしまった。魚食性の動物の多くにホッケを与えていた釧路市動物園では大変なことになっていた。

釧路市動物園、ホッケ不漁でピンチ 割高なアジをエサに:日本経済新聞

海水温の変化など構造的な原因によるものらしく、ホッケの漁獲量は今も減ったままだ。今までホッケを食べていた動物も、切り替えのうまくいくのとそうでないものがいるわけだが、カワウソはダメだったらしく、小ぶりなホッケを遠方から取り寄せて、何とかしのいでいるそうだ。

160311_03
かつてのゴージャスなホッケより、だいぶ小ぶりである。言われなければホッケとはわからない。


160311_04
リッキーとチャッピー。


160311_05
貴重なホッケに食らいつくチャッピー。


160311_06
チャッピーは去年の夏に痩せたため、現在えさの量を1.5倍に増やしているそうで、ちょっとコロコロしていた。


160311_07
園児には見づらい高い柵。放飼場の絶対的な狭さの問題もあり、開園以来大きな変化のないカワウソ舎は、今やかなり残念な存在になっていると思う。そろそろリニューアルを期待したい。

だいたい、日本国内において今やカナダカワウソが希少であることが、ここでは全く意識されていないのだ。

今回、ある(おそらく地元の)お客さんが「あ、カワウソだー! 何だあ、コツメじゃないのか」と言っていたのを聞いて愕然とした。テレビやネットで見たコツメカワウソではなく、得体の知れないカワウソだったので残念、ということだと思うが、あまりにあんまりな反応だと思う。

地元のお客さんというのは、基本的に動物園に対し「標準動物セット」が存在することを期待する。ゾウにキリンにライオンにゴリラ、みたいなステレオタイプだ。それに対し、園側ではさまざまな理由で、標準とはちょっと違ったコレクションとなっていることがある。意図的に偏差のある動物種選びをすることもあれば、ある事情によってたまたまその種になってしまった、ということもあるだろう。開園当初のコンセプトがだんだん崩れてきて、今やポリシーがよくわからなくなってしまっているような例もあるし。

問題はわたしのように外から見に来る者は、むしろその標準とのズレの部分に価値を認めてしまう、という点にある。そのためにわざわざ来るわけである。

このギャップを埋めるには、地元のお客さんに対してもコレクションの意義を明確に示し、当該動物の特性とその希少性を積極的に伝えることだろうと思う。また地域外からのインバウンド来園者を単なるマニアと煙たがらず、うまく取り込んで情報発信に利用することだろう。もはや地域住民サービスのためだけに動物園を続けていくことが許されない時代になっているのだ。

何か、上から目線で余計なことを書いているな。
話を目の前、というか目の下のカワウソに戻したい。


160311_08
さて一方のリッキーはと言うと、


160311_09
チャッピー基準のえさの量は多すぎるようで、途中から飽きてひたすら泳ぎまくっていた。


160311_10
この2頭、よく似ているので本当に見分けにくい。見分け方は以前書いたので、バックナンバーを参照してほしい。基本的には鼻鏡の形状に微妙な違いがあるので、写真判定の際にはそこで判断している。現場では体格でわかる。もっとも以前はリッキーの方が大きかったが、今回はチャッピーの方が太っているので、今なら太い方がメス、と思ってもらっていい。


160311_11
外敵侵入!


160311_12
行け!リッキー!


160311_13
うーん、取り逃したか。


160311_14
午後から雪が降ってきた。チャッピーはここにいることが多い。


160311_15
外が気になるので、


160311_16
だんだん上の方で見張ることに。


160311_17
ふぁ〜あ。


160311_18
ん?


160311_19
やっぱり気になる。


160311_20
しかしまあ、最近塗り替えたこの壁の色がすごいな。ちょっと緑すぎなのでは。明るくしたい、という気持ちはわからんでもないが、背景としてぼかした時に現実の風景に見えるような、もっと彩度の低い色にすべきだった。あるいは、床と壁の色を逆にした方がいいのではないか。


160311_21
リッキーは木登りできないので、泳いでいるかこのへんをうろうろしているのであった。



・・・




160311_22
さて2日目。今朝は晴れだ。


160311_23
もちろん、晴れている方が気温は低い。


160311_24
ご覧の通り、左のコロコロな方がチャッピー。


160311_25
今日のパクパクタイムは11時45分。


160311_26
本日のメニューはイカナゴと、


160311_27
何と牛肉。噛みきれなそうにしている。


160311_28
牛肉はそれほどお好みではないらしく、そのうちカラスに持っていかれたりする。


160311_29
リッキー。


160311_30
チャッピー。


わたしのような愚かな外来者は厳冬期の北海道の寒さを面白がっているわけだが、この日、街中の自販機で買ったミネラルウォーターがほぼ凍っており、氷の棒のようになって取り出し口に落ちてきたのには笑った。この朝の最低気温、-18℃だったそうな。

次回、ホッキョクグマのミルクと移動直前のツヨシの様子を。

釧路シロクマ・釧路キリン、あとオランとか

[ One more report of Kushiro Zoo. At present, they have three Polar bears. The mating season is coming but this pair doesn't seem to success. And the young bear named Milk has just moved here from Oga Aquarium. She is in sub enclosure to be trained to new environment now. And this giraffe is also a newcomer. ]

140324_01
釧路市動物園、1か月ほど前の撮影です。エゾジカどアップ。


140324_02
ユキオとツヨシ。ちょうど前日ぐらいから発情に入ったところ、らしいんだけど・・・


140324_03
ちょっとその前に、隣のサブ展示場に来ているミルクの様子を見てみましょう。


140324_04
クルミの娘で、1月に男鹿水族館から移動してきたばかりのミルクですが、予想より大きくなってました。


140324_05
移動直後の個体はあえて公開給餌(パクパクタイム)をやって、遊びと馴らしをするのだそうです。


140324_06
前足が出てますね。


140324_07
もう空っぽ。


140324_08
ちょいちょい。


そういえば昨年夏の、ミルクの男鹿時代の写真をまだアップしていませんでした。そのうち上げます。今さらだけど。




140324_09
で、ユキオとツヨシですが、


140324_10
どうもツヨシちゃんがまったくその気になってないようでした。こりゃダメかー。





さて、長らくキリンがいなかった釧路ズーですが、チャイルズエンジェルという「60〜70代を中心とした女性」のみなさまが募金活動(すんごい金額になった)を行い、それがきっかけとなって、お隣のおびひろ動物園からスカイが移動して、去年の10月から公開されているのはみなさんご存知と思います。

140324_11
おー、いるねえ!
フェンスの上が曲線なのは、キリン仕様?


140324_12
放飼場はちゃんと除雪されているので安心ですね。


140324_13
リボンの息子なのでツノ毛がぼわ〜、かと思ったらそうでもないな。


140324_14
バックが透けて見える扉も、キリン仕様でいいですね。


140324_15
キリンもよく雪を、


140324_16
食べるんだよねー。


140324_17
トナカイってなかなか撮りにくいような気がします。あまり顔を上げないからだろうか。


140324_18
エゾジカは飼育でも野生でも結構、カメラ目線。


140324_19
白いおしりのでっかいシカ。


140324_20
やっぱりワピチはかっこいいなあ。


140324_21
類人猿舎の室内展示を覗きましょうか。

中途半端に雪が解けてて歩きやすいように見えるかもしれませんが、基本的に雪のないところの半分ぐらいは凍結しております。


140324_22
ひなちゃん。さすがに2年ぶりだと大きくなったことがわかる、って当たり前だけど。


140324_23
で、ロリー母さんはふたたび子育て中でした。


140324_24
1月15日うまれ、おんなのこ。元気そうですね。名前はまだないのかな。


2年ぶりの釧路カワウソ

[ Kushiro Zoo is the only zoo that has NARO pair in Japan now. Last month I visited there to watch them living healthily. It has been two years since I last visited. ]

140322_01
釧路市動物園のカナダカワウソ。2年ぶりに訪ねました。これはオスのリッキー。


140322_02
どうもお久しぶりです。おふたりとも元気そうで何より。


140322_03
以前担当だった方はすでに定年になっちゃってて、ちょっと展示の雰囲気も変わっていました。雪をちょっと残してくれるようになったのですね。「なんのこっちゃ?」と思った方はこちら↓を。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 釧路カワウソ・雪すべりは?


140322_04
じゃまリッキー。


140322_05
今年の2月の釧路は、それほど寒くありませんでした。しかし今の担当さんは寝室との扉を開けっぱなしにされるようで、2頭はこっちにいることも多い感じ。


140322_06
もちろん巣穴覗きも、おもしろいですけどね。


140322_07
大見得リッキー。


140322_08
中途半端なあくびチャッピー。


140322_09
というわけで、巣穴でゴロゴロに飽きると出てきます。まずはチャッピー。


140322_10
リッキーも出ます。


140322_11
ずざー(もうちょっと距離がほしい!ですよねえ・・・)





じゃあ、いつもの撮影会やりますか。リッキー、ちょっと土管に乗ってみて。

140322_12
はいはい、そんな感じ。


140322_13
なかなかいいんじゃないすか。


140322_14
チャッピーの番になったら日が出ちゃって、目をつぶってしまわれました。


140322_15
もういちどリッキー。


140322_16
リッキーはなんか、撮られ慣れてますよね。


140322_17
それにくらべて、チャッピーはぜんぜんいい表情してくれない!


140322_18
雪もあんまりなかった、っていうかもともと釧路はそんなに雪はないけど。


140322_19
あれ、あんなところから接客してるw


140322_20
チャッピーでした。


140322_21
カナダカワウソって、よく木に登りますよね。というか、カギツメのあるカワウソって、というのが正しいのでしょうか。


140322_22
あれ?
リッキーはそこで終わりですか?


おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】