Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園と水族館を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

平川どうぶつ・ちびカピ物語

[ Capybara and Lama at Hirakawa Zoological Park. ]

120505_01
鹿児島市平川動物公園のカピバラ。まだ、ちびカピ。
今日はこどもの日スペシャル!(ただし撮影は3月)。


120505_02
ふんふん


120505_03
ずて〜ん


120505_04
ひー


120505_05
!                              ?


120505_06
♪     ♪



120505_07
ふも     ふも



120505_08
ん?


120505_09
あ、父ちゃん(だよね?)


120505_10
父ちゃんでっけえ!


120505_11
・  ・
  エ 


120505_12
♪〜


120505_13
ぴょん


120505_14
しゅたっ


120505_15
しゃばしゃば


120505_16
ふぃ〜


120505_17
またひなたぼっこ。




オチないです。
強いて言うなら、踏み外してコケたところでオチて。





120505_18
春だよねえ(今の鹿児島はもうほとんど夏だろうけど)




後半は「リャマ天国」でお楽しみください。




120505_19
平川のリャマ、みんな色白さん!


120505_20
3月の時点では新しいリャマ放飼場がまだできてなくて、何というか山の上の、桜がぽろぽろ咲いているようなところにみんなでわちゃっといました。山のてっぺんで気候がよくて、桜が咲いてて白いリャマがいっぱいたわむれてて・・・どこの天国だここはw。



120505_21
じぃ〜っ。
おいしそうなチョコレート色 ^エ^。


120505_22
いいなあ真っ白リャマ。ぜったいアルパカよりかわいいと思うんだ。みんな、アルパカの顔の濃さって引かない? リャマぐらいがちょうどええ。


120505_23
わたしの考える天国のイメージのひとつがここにあったんだけど、新しい放飼場ができてしまったのでもうリャマたちはここにいないそうです。何か残念。この中で遊びたかった。




【追記:2012.5.6】
いまひとつ「すごい感」が足らないような気がするので、3枚ほどリャマ天の写真追加します。


120505_24
わちゃわちゃ


120505_25
もっと接近して〜


120505_26
このたむろ感がたまらん!


もうどうにでもしてください。

平川カワウソ・ひみつへいき登場

[ Oriental small-clawed otters at Hirakawa Zoological Park eat local fish named Kibinago (Slender sprat : Spratelloides gracilis). For enrichment, the fish are hidden within a bamboo tube, which is adjusted to float at suitable position on the surface of the pool. ]

120402_01
鹿児島市平川動物公園がつづいてます。カワウソに戻るよ。


120402_02
平川のコツメはキビナゴを食べていることは以前、ジロウ老師が存命だった頃にお伝えしたとおり。


120402_03
うまそ〜♪
実はわたしはキビナゴが大好きです。毎日食べ放題のヤマトたちがうらやましい。


120402_04
ここで秘密兵器・竹筒1号(←勝手に名付けましたすいません)が登場。キーパーさんはキビナゴの一部を放飼場にばらまきますが、残りを竹筒1号に仕込みます。キビナゴがたっぷり詰まったところで竹筒1号をプールに投下すると、


120402_05
ヤマトが泳いで、


120402_06
でもすでにチェリーちゃんがいて、


120402_07
先にキビナゴゲットです。そう、この四角い穴↑をほじほじするとキビナゴが出るのだ。


120402_08
チェリーちゃんも結構キビナゴ好きみたいね。


120402_09
つぎ、ヤマトがほじほじ。

この秘密兵器・竹筒1号、見かけは超シンプルですが、単に竹を切って穴を開けただけではないのだそうです。ちょうど浮かず沈まず、というような、カワウソ心をくすぐる微妙な位置に穴が来るようにチューニングしてあるのだとか。なかなか深いぞエンリッチメ〜ント。


120402_10
食った食った。


120402_11
ただ食べるだけじゃなくて、ほじほじして食べればこれは仕事をした感じがするわけで、胸張って昼寝ができるってもんだ。



・・・


120402_12
せっかく水中が見えるようになっているので、水中からも竹筒1号の活躍を見てみましょう。


120402_13
おお。2頭で仲よく、代わる代わるほじほじしています。


120402_14
別にケンカになる様子もないし、平和なもんです。


120402_15
このヤマトの目がいいよねえ。


120402_16
ぷはっ。


120402_17
竹筒1号は、お子様に対する教育効果も期待できます。


120402_18
竹筒1号は、キビナゴを食べ尽くしてもおもちゃとして使えます。


120402_19
竹槍じゃあ〜♪

あ、ちなみにもっと長い「竹筒2号」もあるんだそうです。そっちも見てみたい。


120402_20
しかしまあ、実に楽しそうなヤマト(左)&チェリー(右)だこと。

平川どうぶつ・お花見キリン

[ Hirakawa Zoological Park has a lot of attractive exhibits. Above all, Savanna area is worth seeing. It's a magnificent landscape against the famous mountain (Sakura-jima) in this region. Take a look Maasai Giraffes are hanging around the area. ]

120401_01
マサイキリンのハートくん。

鹿児島市平川動物公園がつづきます。カワウソをつづける前に他の動物たちを。あ、今年はエイプリルフール仕様ではないので普通に見てください(ネタを考えとくのを忘れてました)。


120401_02
ハートくんは2010年1月20日生まれ。昨年11月に日本平からやって来ました。なかなかこの草原エリア(正門入ってすぐ、桜島がどーんとバックに見える平川最大の見せ場)に出てくれなかったそうですが、この日はバッチリ出てくれてました。


120401_03
ヤングなマサイは貴重な存在ですな。


120401_04
愛想のいいハートくんですが、そのうしろで食べるのに熱心なひとたちもご紹介しましょう。


120401_05
こうやって横並びになってくれるとわかりやすいね。背の高い方からアヤメちゃん、クルミちゃん、ハートくんの順。


120401_06
ただし背の高さだけで判断してるとあとで写真による個体判定ができないので、ツノで覚えましょう。このツノ毛がぼわっとなってるのがクルミちゃん。キーパーさんに教えてもらったので間違いないです。リッピさんの Giraffe blog : キリンのいる動物園 その2 によりますと、1997年7月25日平川生まれ。


120401_07
お花見クルミちゃん。


120401_08
このアングルから見ると、ツノ毛が実にアフリカンな感じです。アフリカンな感じってどういう感じだ?


120401_09
そしてこっちがアヤメちゃん。ツノ毛の先が丸まってます。アヤメちゃんは1995年6月29日平川生まれ。クルミちゃんの姉ですな(両親ともいっしょ)。


120401_10
アヤメ〜、ごはんだよ〜!


120401_11
平川にはオスがもう1頭。1993年9月29日生まれのフジ。


120401_12
フジはもういい年なのでパドック勤務です。同じく平川生まれですが、アヤメ&クルミとは両親が違うとのこと。


120401_13
本当はキリンたちは、こんなふうに広々とした草原エリアに常にいてくれると絵になるわけですが、実際には奥の寝室との通路にたむろっていることが多いようなので、いないときは裏に回ってね。


・・・


120401_14
新しくなったクマゾーンへ。こちらはもう21歳になるカナさん。カナダ生まれなのでカナさん。


120401_15
ホクトくん(1990年11月24日ベルリン生まれ)が遊びに来た。


120401_16
はあー。       はあー。


120401_17
んじゃ、わたしは寝るから。


120401_18
ほ〜い。仕事してくる。


120401_19
ホクトくんスリムだなあ。


120401_20
仕事w

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.




コメントありがとうございます。
すべてにリプライできなくてごめんなさい ↓

最新コメント
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、意外にハマります。すでに4巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】