Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

油壺カワウソ・祝開館50周年

190328_02
京急油壺マリンパークは1968年開館なので、50周年になってたんですね。カワウソ展示だってもう9年になるので全体の約5分の1、すでにその歴史の一部と言ってもよいのです。


190328_03
よく晴れた3月下旬の朝。


190328_04
あずきあられ姉妹。必ず「あずきが左であられが右」です。


190328_05
この鉄板なポジション取り、もう見事としか言いようがありません。


190328_06
左がダンデで右がフク。


190328_07
ゴマ先生、ご隠居感が。


190328_08
前回の撮影から約2年。この間に新獺さんが入ってます。


190328_09
左がコテツで右が新獺さんのコハル。


190328_10
コハルさん、はっきりした目鼻立ち。


190328_11
ファンタスティックコハル♡


190328_12
なかよしでなかなかよろしい。


190328_13
ネスタ。写真がイマイチですんません。


190328_14
アラシというか嵐。この日は引っ込んでましたが覗くと見えます。



・・・お昼でーす・・・



190328_15
ちょいと魚屋さん!おまけしてねー!


190328_17
もらったぁ〜♪


190328_16
それちっさいよん


190328_18
はじめからおっきいのちょうだいよ


190328_19
ゴマ先生は独特の食べっぷり。


ところで前回、油壺マリンパークではコツメカワウソに対し、ハズバンダリートレーニングを行っていることをご紹介しました。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 油壺カワウソ・最先端ハズバンダリートレーニング!

これってなかなかすご〜いことなのであります。どんなにキーパーさんや獣医さんが凄腕でも、カワウソの方も個体差が激しいですから、どのカワウソに対しても採血などができる、ってわけではありません。

前回、採血を見せていただいたのはコテツだったのですが、ゴマにもできるとのことでした。

というわけで、今回はゴマの採血。


190328_20
この見事な保定!

今日は練習なので本物の注射器ではなく、爪楊枝?です。注射針の代わりにしっぽの付け根 後肢 にプスッっと行きます。

【2019.4.1 訂正】採血をするのはしっぽではなく、後肢の伏在静脈(サフェナ)という部位とのことです。


190328_21
ごほうびだ〜♪



・・・



190328_22
さあ、今日も営業すんよ〜


190328_23
フクさんひげに水の玉が。


190328_24
水中で抱きつき♡ 左フク、右ダンデ。


190328_25
また来てね〜!
(やっぱり必ず、左あずきで右あられ)


  • Posted by jsato
  • 22:47 | Edit

SCZカワウソ祭り特別講演会♡ご来場御礼

190328_01

5か月ぶりの更新です。またまた盛大にサボりました。

いきなりで恐縮ですが、先週の土曜(2019年3月23日)、埼玉県こども動物自然公園のイベント「カワウソ祭り」で今年も特別講演会をやらせていただきました。

昨年はなんと開園から15分で100名様分の入場整理券がなくなってしまい、わざわざ行ったのに聞けずに残念との声をちょうだいいたしましたので、今年は席数増量、110名様分をご用意いただき、しかもあえてあまり良い天気にならないように(昨年は快晴で温暖、今年は雨こそ降らないものの微妙な天気で、しかも寒かった〜)調整しました。何言ってんだか。

内容はですね、

「ヨーロッパのカワウソ展示 異種混合飼育あれこれ」

というタイトルで、75パーセントはすでにこのブログ上で書かせていただいたお話ではありましたが、ブログに出してない写真も加えてちょっと盛りました。しかもお子様のお客様も多いので1時間で終わるように、締めるところは締めます。

復習を兼ねて、取り上げた異種混合展示例に関するわたしのブログ記事のリンクを挙げておきます。


【福岡のコツメ+シシオザル】
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 福岡カワウソ・リラちゃん新居完成!
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 福岡カワウソ・ふく太のできた!
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 福岡カワウソ、もう1回!


【福岡のコツメ+ビントロング】
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 第2回カワウソ講座、終わりました


【シンガポールのコツメ+ビントロング】
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | シンガポールカワウソ・本場でキュイ

【ときわのコツメ+ボンネットモンキー】
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | ときわ動物園の新コツメ展示・その1
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | ときわ動物園の新コツメ展示・その2
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | ときわ動物園の新コツメ展示・その3

【バーゼルのコツメ4種混合】
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | バーゼルカワウソ・その1
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | バーゼルカワウソ・その2

【チューリッヒのコツメ+インドライオン】
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | チューリッヒカワウソ・その2

【シュヴェリーンのユーラシア+レッサーパンダ】
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | シュヴェリーンカワウソ・その1

【ハーゲンベックのコツメ+オランウータン】
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | オランとコツメの共生展示・ハーゲンベック・・・実はこれの続編、実際にコツメがどのようにオランと対峙しているのか?をブログに書いていないのでした。講演を聞かれた方の特典です!

【エメンのサバンナ混合展示】
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | エメン動物園・その1


というわけで、ご来場ありがとうございました。それにしても異種混合展示のカワウソ撮影って、やっぱりむずかしいです。みなさんがんばってください。


・・・


2018年10月22日生まれの6つ子ウソのお名前は、投票の結果「焼き鳥シリーズ」になったそうで、東松山名物「みそだれ焼き鳥」の知名度アップに貢献しそうですねこれは。

埼玉県こども動物自然公園 | コツメカワウソの赤ちゃんの名前が決まりました!(コツメカワウソ舎)

  • Posted by jsato
  • 16:21 | Edit

カワウソセンター再訪

[ The final report of this summer otter trip is Otter-Zentrum in Hankensbüttel. All photos were also taken in the end of Aug. 2018. And this second visit after 6 years was helped by Dr. Hans-Heinrich Krüger of Otter-Zentrum. Many thanks to him! ]

181027_01
というわけでこの夏の訪問記の最後は、ドイツのハンケンスビュッテル・カワウソセンター(Otter-Zentrum)です。前回はじめて訪ねたのが2012年のことでした。

カワウソをはじめとするイタチ科動物の研究拠点に付属する展示施設ですが、一般には「イタチ科しかいないちょっと変わった動物園」ということで有名です。

詳細な紹介については、以下のリンクから6年前の記事をお読みください。調子に乗って7本も書いとったw

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | ヨーロッパケナガイタチ・ドイツカワウソセンター

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | アナグマ、オコジョ、ミンク・ドイツカワウソセンター

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | マツテン・ドイツカワウソセンター

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | ムナジロテン・ドイツカワウソセンター

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | ユーラシア展示その1・ドイツカワウソセンター

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | ユーラシア展示その2・ドイツカワウソセンター

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | ユーラシア展示その3・ドイツカワウソセンター



181027_02
オコジョです。


181027_03
小さくてすばやいのでカワウソより撮影の難易度は高いですが、この展示では普通に撮れてしまいます。本当に見やすく作られてます。


181027_04
目がオコジョに慣れてくると、なんかカワウソが巨大に感じる。


181027_05
ここ「カワウソの池」の風景は6年前とぜんぜん変わってないようですが、倒木があったりしてちょっとワイルド感が増したかも。


181027_06
もうすごごはんだ


181027_07
いけー


181027_08
もらった〜♪



それぞれの動物の給餌&解説の直前を狙って順に撮影していきます。次はムナジロテン。

181027_09
お、出迎えありがと。


181027_10
ほれぼれするイタチっぷり。


181027_11
このムナジロテンの納屋展示は、さすがにちょっとくたびれてきました。でも本物の納屋だって6年もすればいろいろ経年劣化するしね。



つぎ「カワウソの小川」行きます!

181027_12
デッキ下の地下観察窓から。まだお客さん来ないと思ってくつろいでますね。


181027_13
ん、仕事か!


181027_14
いらっしゃい


181027_15
耳とヒゲに水草がついとるよ。


181027_16
ここの水路はほんとに見事です。


181027_17
自然河川にしか見えません。


181027_18
切り身いただき


181027_19
カワウソが出てないときは、説明板左下のQRコードからスマホでビデオを見てね。


つぎ、ヨーロッパケナガイタチ。

181027_20
釣りですかw


181027_21
ポーズ決まった!


そいでもってつぎはマツテン。

181027_22
ムナジロテンやケナガイタチが愛嬌たっぷりなのに対し、マツテンの魅力はこのツンデレ感。


181027_23
おやこんなところにたべものが


181027_24
ここにもあるぞ


で、だいたい最後に「カワウソの滝」です。ミンクとアナグマは省略しましたごめんね。

181027_25
おくつろぎのところお邪魔します。


181027_26
ここの展示、最後のポイントなのでお客さんはこの滝のところしか見ない傾向がありますが、実は周りが結構広いことに気づきました。


181027_27
なんか視線を感じます。


181027_28
あらそんなところにw


というわけで、行くのに結構たいへんなハンケンスビュッテルなのですが、その環境の良さを再認識しました。今回写真出してませんが、鳥の出なんかもやはり都市部とは全く違う感じでした。


  • Posted by jsato
  • 15:40 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】