Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

巨大重機特集6【SRs1300】

SRs1300_1

SRs1300_2

SRs1300_3

SRs1300_4

SRs1300_5

SRs1300_6

SRs1300_7

SRs1300_8
写真をクリックすると、Panoramio上のわたしの写真に飛びます。

ちょっと間が空いてしまった。

巨大重機も休み休み言え、ってことかと思う。

でも残念ながら、これで持ちネタはおしまいだ。思えば大放出であった。次にドイツに行けるのはいつになるかわかんないので、それまでせいぜい文献調査を進めておきたい。そういえばドイツで出ているはずの巨大重機本もまだ買ってなかった。いかん。もっと精進せねば。

というわけで、最後は一番おいしいマシーンだ。好きなものは一番最後に食べるタイプ、ということもあるが、Ferropolisの中で最も新しいのがこのSRs1300である。何枚かの写真は前に一度お見せしてるけど、また見てね。


Schaufelradbagger SRs1300

1984年 TAKRAF人民公社製
3〜5人乗り
重量1718t
高さ31m
長さ74.5m


ちなみにTAKRAFはドイツ統一後も生き残り、今もこんなメガマシーンを作ってるので、われわれもいっちょ奮発して最新モデルなど買ってみたいものである。男の一生に一度のビッグな買い物、というやつだ。
090120a
↑カタログのご請求、ご試乗、ご商談はこちらから

あ、そうだ。明日から忙しくなるので、次回の更新はちょっと先になる予定。ではまた。
  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 23:11 | Edit

巨大重機特集5【As1120】

As1120_1

As1120_3

As1120_2

As1120_4
写真をクリックすると、Panoramio上のわたしの写真に飛びます。

週末ということもあるので、今日はマイルドな巨大重機をお見せしたい。As1120だ。え?既出じゃないのかって? ちっちっち、前に見てもらったのはEs1120だぜ。

え?違いがわかんないって? そのへんは心配いらない。大丈夫だ。わたしもよくわかってない。ヤミクモに「ドイツ巨大重機の森」をさまよっているのだ。ヘンゼルとグレーテルの頃からのドイツの正しい伝統で、撒いたのはパンくずだ。したがって帰り道などもわからないのでよろしく。


Absetzer As1120

1959年 Förderanlagenbau Köthen 人民公社製
5〜7人乗り
重量1200t
高さ36m
長さ102m

今まで見せる順番をテキトーに決めた割には、ちゃんと年代順になってるところが大したものである。誰もほめてくれないので自分でほめとく。

ところで、Ferropolisにある5台のうち、3モデル(Es1120、A2s2240、As1120)を産み出したメーカー、Förderanlagenbau Köthen(フェルダーアンラーゲンバウ・ケーテン)人民公社ってどんなメーカーだろう? ちなみにフェルダーアンラーゲンバウってのはコンベヤ装置製造、という意味です。ケーテンは街の名。


ちょっとちょっとこのロゴ↓見て。「FK」ってやつ。

090117a

今まで気がつかなかったけど、かっこいい。
ちょっと悪っぽいテイストが絶妙。
戦闘員とかいそうだわ。

TAKRAFのTシャツもほしいが、FKのTシャツも、なかなかいい。
これ着てギターなど弾いたら、そりゃもう本物のメタル、という音がしそうだ。

で、そのフェルダーアンラーゲンバウ・ケーテン人民公社は、検索したら今はこんな会社になってた。

Kranbau Köthen GmBH

クランバウ、ってのはクレーン製造、ってことだ。

この会社の沿革のページを斜めに読むと、フェルダーアンラーゲンバウ・ケーテン人民公社(いいかげん面倒なので、以降FKと略しますよ)って、以前のユンカースって書いてある。はあ?本当か? ユンカースっていったらあのドイツの戦前戦中の飛行機メーカー、ジェットエンジンなんかを昭和10年代に開発しちゃったメーカーですよ。

今、ユンカースで検索すると時計の会社のサイトが出てくる。こりゃどう見てもブランドが売られたっぽいね。ユンカースのブランドはともかくとして、ソ連占領〜東ドイツ時代の旧ユンカースの実体は、このFKだったというのだろうか? だとしたらびっくりだ。


【追記というか訂正】
よく読んだら、ユンカースのエンジン工場の跡地に設立、って書いてあった。なーんだ。考えてみれば飛行機とクレーンじゃ、作ってるもんまるっきり違うもんなあ。

  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 23:19 | Edit

巨大重機特集4【A2s2240】

A2s2240_1

A2s2240_2

A2s2240_3

A2s2240_4
写真をクリックすると、Panoramio上のわたしの写真に飛びます。

今日も巨大重機ですまない。

作り置きのカレーを毎日食べているような、ちょっとせつない心境になってきた。でもこの巨大重機群、一度に全部見せたら、どれが何だかぜんぜん区別がつかないでしょ。だから小分けにして、少しずつ目が慣れるように読者のみなさんを正しく導いているのだ。でもやっぱりカレーだけじゃなくて、福神漬けかラッキョウ、それとサラダなんかも欲しい。

そうそう。カレーといえば、うちの大学の学食の名物って何だと思います?

答え「カレーとハヤシの合い盛り」


・・・


さて、今日のジャーマン・メガマシーンはこれ。

Zweiteiliger Absetzer A2s2240

1958年 Förderanlagenbau Köthen 人民公社製
6〜8人乗り
重量1980t
高さ30m
長さ125m

少しずつ新しく、少しずつ大きくなってきたね。いいよいいよー。

例によって間取りの気になる黒い後部キャビンだが、かなり広々としている。実はこのA2s2240は中に入れるようになっていて、入ってみた。別に100畳敷きの宴会場があったりするわけもなく、生活感あふれる居住区画とかがあるわけじゃなく、何というか鉄骨と機械が普通に入り組んだ、ごく当たり前な空間でした。

じゃあ何でこんなキャビンにしてるのだろう。やっぱり東ドイツの冬は、とてつもなく寒いからなのか。こうでもしないと、石炭の露天掘りなんてやってらんねー!というような気持ちは何となくわかる。

基本的に、これらの巨大重機って、いわゆる建機としての重機ではなくて、言うならば工場が工場の建物ごと動き回れるようになっているようなもの、と考えてもらうと現実にマッチしてリアルだ。


さて全長500メートル超えのF60ほどじゃないにしても、A2s2240は125メートルもあってかなり長い。長いものには巻かれる性格が災いしたのかどうか知らんが、ちゃんと全景が撮れていなかった。これじゃあ全体像がつかめないぞ。完全に被写体に負けてるよ。>自分

人間としてちっぽけなわたしと巨大重機、であった。

つづく

  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 23:53 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】