Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

巨大重機特集6【SRs1300】

SRs1300_1

SRs1300_2

SRs1300_3

SRs1300_4

SRs1300_5

SRs1300_6

SRs1300_7

SRs1300_8
写真をクリックすると、Panoramio上のわたしの写真に飛びます。

ちょっと間が空いてしまった。

巨大重機も休み休み言え、ってことかと思う。

でも残念ながら、これで持ちネタはおしまいだ。思えば大放出であった。次にドイツに行けるのはいつになるかわかんないので、それまでせいぜい文献調査を進めておきたい。そういえばドイツで出ているはずの巨大重機本もまだ買ってなかった。いかん。もっと精進せねば。

というわけで、最後は一番おいしいマシーンだ。好きなものは一番最後に食べるタイプ、ということもあるが、Ferropolisの中で最も新しいのがこのSRs1300である。何枚かの写真は前に一度お見せしてるけど、また見てね。


Schaufelradbagger SRs1300

1984年 TAKRAF人民公社製
3〜5人乗り
重量1718t
高さ31m
長さ74.5m


ちなみにTAKRAFはドイツ統一後も生き残り、今もこんなメガマシーンを作ってるので、われわれもいっちょ奮発して最新モデルなど買ってみたいものである。男の一生に一度のビッグな買い物、というやつだ。
090120a
↑カタログのご請求、ご試乗、ご商談はこちらから

あ、そうだ。明日から忙しくなるので、次回の更新はちょっと先になる予定。ではまた。
  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 23:11 | Edit

巨大重機特集1【F60】

F60_6

F60_5

F60_4

F60_3

F60_2

F60_1
写真をクリックすると、Panoramio上のわたしの写真に飛びます。

ずっと不思議に思っていたのだが、このブログの検索キーワードにはほとんど毎日、「巨大重機」が出現するのだ。毎日多くのひとびとが、ひたすらキーボードで「kyodaijuuki」とか「きょた゛いし゛ゅうき」とか打っている。そんな冬の日。現代日本の国民の皆さんは、それほどまでに巨大重機に飢えておるのですか。そうですか。ひょっとしてみんな疲れているのではないか。そうだとしたら、これはわたしが何とかしなければいけない。

せっかくの連休などもつぶして写真整理をしたので、これから少しずつご覧に入れます。まずは既出だけどF60から。またか、とか言わないこと。すべてはこの世界最大級の巨大重機から、だ。一番はじめに頂点を知ってしまえばあとは楽勝だ何ごとも。

というわけで、唐突ではあるが、今週は

「巨大重機週間」

だよ。よろしくね。

あ、ひとつ宿題。「巨大重機」って英語で何と表現したらいいのかしらん?誰か教えてください。
  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 17:05 | Edit

巨大重機SRs1300

080920a

もう一目ぼれ。
Schaufelradbagger TAKRAF社 SRs1300型 1521号機。

080920b

なんでこんなものができちゃうのか・・・。

080920c

このままここで一夜を明かしたい、と思ったよ。

F60が表土を掘って褐炭層が出たら、こんなのが群がって掘り出すのだ。何としても稼働中のやつを見てみたい。

型は違うんだけどね。人間との大きさの比較が楽しめる。


  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 13:57 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまですでに3刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

佐藤淳一リアルタイム
最新の写真は flickr | Otterhaus で公開中。たまにカワウソも。

Created with flickr badge.
動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに6巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


新版 電脳の教室
新版 電脳の教室
こういうのもあります


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】