Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

しな水カワウソ・その2

211110_01
しながわ水族館のコツメカワウソ、ニコ(左)とシュラ(右)。つづきです。


211110_02
なんだなんだ〜


211110_03
ときどき天から神の手が伸びてきて、食べ物をくれたり、


211110_04
ターゲットトレーニングをしてくれます。

で、このコツメワールドが緑色なのは、もちろん照明によるものです。

一般に水族館の水槽の照明ってクセのある光源が多いですよね。主に明るさの効率と、水槽内の動植物への影響を考慮してセレクトされているわけです。肉眼ではそれほどクセを感じないのは人間の目のフレキシビリティのたまものですが、写真装置はそのあたりのフレキシビリティが足らないので、写真に写すと色が変、ということがしばしばあります。

中でもメタルハライドというランプは独特の色合いになってしまうので悩まされたもんですが、最近ではこれが高出力のLEDに置き換わりつつあるようです。こちらのコツメ水槽も最新のLEDだそうです。

ではそのLEDの光が緑色に写っちゃうのか、というと必ずしもそうではないようです。最新のフルスペクトルLEDという光源は可能な限り可視光線のすべての波長の光を含むように作ってあります。蛍光灯のように特定の波長が強く出ているために緑色に写る、ということは基本的にはないはず。

ということは、天井を覆うプラスチックの葉っぱを通った光が緑なんでしょうかね。フルスペクトルLEDは演色性が高いので、緑色がより鮮やかに写ってしまうのかも?


211110_05
で、とにかくこういう場合は写真を補正する必要があるわけですが、ここでちょっと注意が必要です。緑色を消すためにはその補色であるマゼンタ(赤紫)を足していくという補正をするんですが、緑を完全に消すまで補正すると、カワウソの毛皮がありえない色(紫色)になっちゃいます。

つまり毛皮の色を自然な状態にするところで補正を止めると、どうしてもこの緑色は残ってしまうのです。

さらに、上の写真のように水槽の外(別の白熱系の光源?)も写っていると、完璧な補正はかなりの手間になります。部分的にホワイトバランスを変える、という処理はできればやりたくないものです。こういうのはAIがやってくれるなら任せたい。


211110_06
ドアが開きました。


211110_07
出たり入ったり。奥行きはあまりないみたいですね。


211110_08
ぷかぷかニコちゃん。


211110_09
奥のくつろぎスペースには、


211110_10
しな水トレーナーみたいなのが落ちてまして、


211110_11
主にシュラがもぐって遊んでました。


211110_12
出たり、


211110_13
入ったり。


211110_14
ふがふが・・・


211110_15
ん?


・・・



211110_16
「カワウソえさやり体験」の時間になりました。もちろん大人気です。


211110_17
ここで水槽の側面の上部にある、謎の小型ドア(右のやつ)が活躍します。時間になるとここへ写真のように、アクリルパイプがセットされます。ちなみに左のアクリルの丸いやつはカワウソ出窓。カワウソの気が向いた時に階段で上がってくるそうです。


211110_18
で、そのままだとえさ(小さい切り身?)が下に落ちないので、その中に水が流れるように工夫されています。これはすごい!


211110_19
こうやって祈っていると・・・


211110_20
・・・出ませんね。まだ信心が足りない。


211110_21
まだか〜っ


211110_22
えさ入れるのにもコツがいるみたいですね。


211110_23
出た出た〜♡


211110_24
いただき〜

コツメカワウソの習性を見せるためのいろいろと細かい工夫のある、水族館ならではの展示と思いました。まだ見に行ってないみなさんもぜひ!


  • Posted by jsato
  • 22:28 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまで何と4刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに9巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】