Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

越前カワウソ・口のまわりの白い毛

100531j

また越前松島水族館に戻りましょう。ベビーズもいいのですが、おねえちゃん、おにいちゃんたちも絶好調でした。

以前書いたように、越前松島の展示場は3部屋に分かれており、中央の部屋が女子部屋、左の部屋が男子部屋です。現在、女子部屋にはラズリとユズ、それに去年生まれたクルミとアリスが暮らしてます。

個体の特徴を教えてもらったのですが、4頭一度にこっち向いている写真が撮れてなくて結局、判別できてません。上の3頭と下の1頭で女子全員だと思いますが・・・下の写真がクルミかなあ。違ってたらすいません。

100531a

この塩ビのツボみたいなパイプ、みんなで代わる代わるだっこしてました。何か変なのw


100531b

しかもわざわざ新入りおもちゃであるプラチェーンを塩ビの中に突っ込んで、クネゴロでだっこしてるんですよね。そんなに気に入ってるのか塩ビのツボ。


男子部屋も見てみましょう。

100531c
しゅたっ。


100531d
ニュニュー。

男子部屋にはタイムとアシュに、去年生まれたダンデが暮らしてます。これは誰かな。横顔ですが、オメガラインの端がキュイっと見えて、笑っているように見える角度です。でも鼻が見えないのでこの角度からの個体識別はむずかしい。


100531e

むぎゅ〜。名カワウソキーパーで、いつも越前松島のブログでカワウソ記事を書いてくださってる「++ き く ++」さんの手です。とりわけ男子カワウソたちは、もうこのすてきな手にメロメロなんです。


男子部屋はまた後で。女子部屋に戻りましょう。

100531f

ニコとシウバのお子たちは、けっこう地黒なんですね。胸の毛はちょっと黒ずんでいて、口のまわりだけがキリっと白い。で、かなりの確率で鼻の上まで白い毛が生えてます。


100531g

この口のまわりの白い毛、ちょっと薄暗いところで見ると妙に目立ちます。もしこの毛がボディの毛と同じ色だったら、ぜんぜんかわいくないなあ。この毛があってこそのカワウソですかね。


100531h

白目むいて何やってんでしょう?妹をいじめたらいかんよ(逆だったりして)。


100531i
「ぴゃ!」(続く)



Trackback

松原 | URL | 2010年06月01日 06:24
そうそう、この白い毛があるおかげで、顔に愛嬌が出ますよね。あとそれからこの白い毛は、変な色のアクリル越しに撮った写真をあとからホワイトバランス調整する時に、けっこう使えます。なかなか便利で実用的。
jsato@otterhaus | 2010年06月01日 22:49
なるほど。
「オメガ毛」でホワイトバランス!
意外な使い道です。
lucrezia4 | URL | 2010年06月01日 22:51
なるほど。あの白い毛はWBの調整用なんですねw
最近思うのですが、カワウソって「カワウソってカワイイでしょ」アピールを意識的に行ってるのではないかと。作為と知りながら、先日もうかうかはまってしまいましたよ、王子にて。
jsato@otterhaus | 2010年06月01日 23:04
うんうん、たしかに!
カワウソってかわいさを笠に着たずるい連中だな、って思うときありますねw。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまで何と4刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに9巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】