Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

油壺カワウソ・はじめまして〜3

油壺マリンパーク「かわうその森」、3回目です。今日はお食事タイムの様子を見てみましょう。

100726a

伸び上がってワカサギをもらっているのは、ダンデです。


100726b

ダンデは水族館育ちなので、こうやってキーパーさんから直に、さかなをもらうのに慣れています。


100726c

一方、フクは動物園育ち。たいていの動物園では、水族館ほど細かく給餌をコントロールしていません。いや、もちろん食べる量はちゃんと管理してるのですが、何というか水族館のように毎食、一頭一頭の顔を見ながら、特定の個体が先に食べ終わったりしないように時間の配分も見計らって・・・なんてことまではやっていないのです。どっちがいいのわるいのという話ではなくて、動物園と水族館は飼育文化が違う、ということでわたしは理解しています。

ということもあって、フクはキーパーさんの手から直にさかなをもらうのに、まだ慣れていません。

あ、キーパーさんが色の違うバケツをふたつ持っているところ、しっかりチェックしてください。ダンデとフクのえさの内容と量を変えている、ということがわかるでしょ。


あ、もう一頭、動物園育ちのひとがいましたっけ。

100726d

大麦はプールに続くアクリルパイプに入り込んだ状態で、キーパーさんを威嚇しつつ、さかなをもらってました。食べ物くれる人を威嚇してどうするw。


100726e

というわけで、大麦も何ともぎこちない感じです。まあ嫁ぎ先の作法には慣れていただくしかないわけなので、いちいち食事の度に興奮したりせず、普通に食べられるようにがんばりましょう。


そしてヒッキーぎみのゴマはというと、これが水族館育ちなんです。

100726f

展示場の隅でいじいじしている(前回の一番上の写真)ところにキーパーさんが入ると、最初は興味なさそうにしていました。でもさかなを目の前に出されると・・・


100726g

すんなり食べます。大麦よりもよほどスムーズにさかなをもらえます。ほんと出身文化の違いがはっきり現われて、興味深いお食事タイムでした。


100726h

ゴマは基本的にすねすね状態なので、食べ残したワカサギでいじいじと遊んでしまいます。このあと氷ももらったんですが、それには興味がないようでした。

・・・・・・

というわけで、油壺で暮らしはじめたコツメカワウソ4頭は、寄せ集め(悪い意味じゃなくてね)の混成部隊なので、それぞれ個性がはっきり出てて実に面白かった。こいつらが落ち着くまで、スタッフのみなさんはなかなか大変だと思いますが、どうか本物のカワウソの森になるまで、育て上げていってほしいものです。

では最後にもういちど、4頭の顔をひととおり、ご覧ください。

100726i
ダンデ。


100726k
フク。寝てるけど。


100726j
ゴマ。すねてるけど。


100726l
「べー」とかしてていいのか、大麦!


100726m
そうそう。お客さんが来たらそういう顔して、かわいがってもらうんだよ。

Trackback

kitto | 評価 5 | 2010年07月27日 08:56
いじいじしてて、可哀想だけど、なんか可愛くて悶えそうです。
お魚持っていじいじw

みんなの食事の風景が違うのが、興味深いです!
もっと落ち着いてから行く予定だったけど、ちょっと早く見に行きたくなっちゃいました。

大麦ちゃんは、やっぱり可愛いなぁ〜?
松原 | URL | 評価 5 | 2010年07月27日 10:48
いつものことながら、ナイスオメガな写真、ありがとうございます。まいどまいど鼻息を荒らげて見物させていただいております。ペコリ。
jsato@otterhaus | 2010年07月28日 01:55
>kittoさん、
大麦はすでにキャラが立ちまくってますねw。他の3頭を大きく引き離してます。

>松原さん、
どうもですっ!
『動物アルファ図鑑』もうすぐ発売ですね!

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまで何と4刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに9巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】