Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

市川カワウソ・ちびうそ生活 5

次はひらパーの予定でしたが、ひさしぶりに市川市動植物園に行ったので、飛び込みで市川カワウソです。

明治時代の夫婦みたいなムツキとナナ。
101201a
(ナナ・右)旦那様、一体どちらに御出掛けでしたの?
(ムツキ・左)御前にはわからぬでよい


101201b
「・・・」


101201c
ムツキが何をやってたかというと、ちびたちをけしかけて砂場で穴を掘っていましたとさ。


101201d
中でも2番(ちょび)ちゃんは砂の上で不思議な動きをするので見ていて退屈しません。


さて、前回から10日以上たってますので、ちびうそたちの成長ぶりを見てみましょう。みんな顔が大人っぽくなってきました。

101201e
1番(仮称コムツ)


101201f
2番(仮称ちょび)


101201g
3番(仮称ちな)


101201h
4番(仮称ヨン)


前より体格の差が少なくなっているように見えます。でも行動パターンや鳴き声に特徴が現われてきていて、だんだん現場で個体識別ができるようになってきました。

101201i
恒例の似たもの親子w


101201j
「ごはんまだ〜?」

左から4番、3番、2番です。ずっと後ろでムツキが入りたそうにしてます。

以上簡単ですいません。このところ忙しくしてまして、じっくりカワウソ生活ができません!

Trackback

黒姫 | URL | 2010年12月01日 23:46
子供達の顔も、個性が出てきましたね〜♪
まだ、実際に会ったこともないのに、
個体認識が出来そうな気がしてきました(笑)
jsato@otterhaus | 2010年12月02日 00:26
ウッドデッキの端まで来てくれると、かみねと同じぐらいの「手の届きそうな」距離になりますので、十分に識別可能です。よその子たちに比べて、鼻の模様に差異が少ないのが難点でしょうか。
kotsu_kotsume | 評価 5 | 2010年12月02日 15:55
11月20日(土)ムツキファミリーに会いに行ったとき、ナナちゃんがウッドデッキの端に何度も来て、僕の嫁さんが興奮してましたね。

手の届きそうなって言うより、すぐに手が届く感じです。

市川市動植物園が穴場的存在なので、撮影し放題です。

ちびうそも「ちび」って言えないくらい、大きくなりましたね。それが嬉しいようでさびしい感じです。
犬嶋犬雄 | 評価 5 | 2010年12月02日 16:30
なんですかね、この言い知れない愛くるしさは。
ちなみに僕はレッサーパンダがヤンキーの子供に見えますw
へしこ | 評価 5 | 2010年12月02日 23:17
いつも更新ありがとうございます。
忙しい毎日で、このブログのコツメちゃん達に癒されてます。
特に、チビウソは…!
千葉に住んでいる人は羨ましいですよね。
近所にコツメ一家がいる生活を送ってみたいものです。
jsato@otterhaus | 2010年12月03日 00:06
>kotsu_kotsumeさん
たしかにもう「ちび」と言えない雰囲気になってきました。ぱっと見には親と区別がつかないこともあります。
市川では「育児中です」の貼り紙があり、生まれた直後の写真もあるので、全頭出てても「どこに赤ちゃんがいるの?」っていうお客さんが多くなってきました。

>犬嶋犬雄さん
わたしも「レッサーパンダ=ヤンキー」説に1票です。

>へしこさん
わたしもうっかり千葉に移住したくなったりしました。近所(多摩ズー)でまたコツメが生まれたのにもかかわらず、ついつい市川と千葉の方に行ってしまいます。

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまで何と4刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに9巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】