Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

カナダちびうその1年

このところしばらく出先なもので、写真がアップできずに申し訳ないです。代わりと言っては何ですが、今日は動物ドキュメンタリーの名作「Wild Kingdom」の中から、カナダカワウソの子供たちの成長を追った回を見てみましょう。



Mutual of Omaha's Wild Kingdom
シーズン 7 エピソード 99
リリース日: 69/01/01

埋め込み禁止になってるので、上の画像はダミーです。プレイボタンを押すと出てくるリンクから、ぜひYouTubeで見てきてね。

わたしが子供のころに見ていた動物番組がこれです。
って言ってもアメリカで育ったわけじゃないよ。日本語化された「野生の王国」という週1回の30分番組を見ていたわけですが、そのオリジナルがYouTubeにちゃんと上がってて、うれしい。

すべてのエピソードを見直したわけではないのですが、カワウソの出るのが何本かあるようで、その中でもこの「Year of the Otter」は出色の出来です。

2頭のカナダカワウソのちびうそが、成長して約1年で独立するまで、さまざまな出来事が短い時間の中で次々と起こります。子育て中のオポッサムに出会ったり、カメをいじめたりw、アライグマやボブキャットと戦ったり、雪すべりをしたりガマの穂遊びをしたり・・・。やらせなんじゃないかと思わせるほどのわかりやすい映像は今見ても驚異的。

しかし、低感度フィルムの時代に、これだけの映像を完璧な光線状態の下で撮ってるってすごい。いったいどうやって撮影してたんだろうか。まさかとは思うが大勢のスタッフが巨大なレフ板を並べてたのだろうか。そして完璧なフレーミングと絶妙なタイミング。やっぱりやらせ一歩手前ぐらいの演出があったのか。

まあ今となってはいろいろ勘ぐったりせずに、映像そのものを楽しめばよいのだと思います。何よりこの番組を見て育つことができたというのは、とてもラッキーだったような気がする。

Trackback

lucrezia4 | URL | 評価 5 | 2011年03月29日 23:30
雪ずさ〜
なんだか映像がSound of Musicで絵本みたいです。
だけど、最近の日本の「カワイイでしゅね〜」番組とは一線を画してますね。アライグマと戦うとかw
あ、私も意図せずして旭山一番乗りやらかしましたよ。
会いたかったトラさんが11時からだというのに、まさかの先頭で開門待ちでした。
カシワヤ | URL | 2011年03月30日 01:45
コンバンハ。只今帰宅だキュイ!
こーゆー番組懐かしいですね。日テレの「すばらしい世界旅行」とか夢中で見てました。

>lucrezia4さん
コチトラも東山動植物園でやらかし一番乗りしましたよ。
開園ダッシュでコツメカワウソに一番乗りしたものの結局カワウソが出てくるまで一時間待たされましたw
Tomo | 2011年03月30日 06:58
この番組おもしろいです〜。やらせ!?って思っちゃうくらいよくできてますね。
Rei | 2011年03月30日 09:34
私も子供の時この番組よく見てました。
今でもテーマソング覚えてます。
結構勇ましい系な音楽ですよね。

それにしても、このドキュメンタリーを作るのにあたり
スタッフはどれほどの期間ちびうそ達に張り付いて
撮影したのかと思うと頭が下がる思いです。
(機材も旧式ですしね・・・)
jsato@otterhaus | 2011年04月01日 12:28
>lucrezia4さん
絵本みたいなテイストなんだけど、基本姿勢が大人なんですかね。こういう空気の動物番組って日本人には作れないのかも。

>カシワヤさん
世代的に、これはご存知と思ってました。

>Tomoさん
ぜひ他の回も見てみてください。語りのおじさん(マーリン・パーキンス)の渋さにはまります。

>Reiさん
あー同世代だw
まあ少なくともまる1年、時間かけてますからね。
ゑび | 2013年09月25日 14:53
パーキンソンさんの案内。懐かしいです!先日、家族のエサのためにワニと闘うカワウソのテレビをなにげに見ました。この番組を思い出しました。
jsato@otterhaus | 2013年10月17日 20:52
>ゑびさん
そうなんです。もうなつかしいとしか言いようがない!
でもこの番組をご存知の方は、思いっきりリ年齢がばれますよね〜^^

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまで何と4刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに9巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】