Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

油壺カワウソ・いつかどこかで

210926_01
みなさんご存知のとおり、京急油壺マリンパークが2021年9月末をもって閉館することになってしまいました。発表が5月だったので結構「いきなり!」ですよね。以来、日々のお客さんの入りがとんでもない数になっているようです。

神奈川方面で育った人は遠足とかで必ず行ったことがあるに違いない。閉まる前にもう一度行っておきたい、という気持ちはわかりますね。あ、トップの写真はフクです。


突然ですが、ちょっと下の2枚の写真を見比べてみてください。

210926_02

210926_03
違いがわかります?

1枚目は2010年7月、カワウソ展示が始まってすぐの頃の写真です。2枚めが現在2021年の様子。
木とか看板とか「かわうその森」と彫ってある石とか、主要なところは変わってませんが、園路がぜんぜん違ってるでしょ?

2014年にどーんと拡張されるまで、カワウソ展示は植え込みの向こうの細い園路沿いに展示室が3つだけ、だったのでした。


210926_04
トンネルゲートの下から見た現在の様子。舗装の色が左右で微妙に変わっているのがわかると思います。当初の展示は右側の舗装の色が濃い部分だけでした。2014年の拡張がいかに大規模なものであったか、ということです。何しろ奥まったカワウソ展示がいきなりメインストリートになってしまったわけなので。


210926_05
カワウソ展示室の反対側のエリアです。本来、カワウソ展示室群とこのエリアは一体的に構想されていて、その総称が「かわうその森」であるわけです。それにしてもこのエリア、できて10年以上たって、実にい〜い感じのビオトープに育ってますよね。これも潰しちゃうのかー、なんかもったいないなあ。


210926_06
ビオトープとカワウソ展示室群をつなぐ洞窟風の空間にいるのが・・・


210926_07
ここのヌシみたいになっている、ゴマ。


210926_08
寝ぼけて水に落ちるなよ、という感じで。


・・・



210926_09
これが最後なので、順番に一通りあいさつしていきましょう。まずゴマの隣の、


210926_10
ダンデ(左)&フク(右)。


210926_11
はやくご飯持ってきてよ〜状態のダンデ。


210926_12
フク。
このアクリルプールどうすんのかなあ、などと余計な心配が・・・


210926_13
こっちはダンデ。犬連れのお客さん、なんかすごい増えてますね。


210926_14
そしてその隣の、


210926_15
コテツ。


210926_17
&コハル。


210926_16
ジャンピングコテツ!


210926_18
で、このメインになってる展示に至るわけです。


210926_19
あずき。


210926_20
あられ。


210926_21
その隣に、


210926_22
アラシ。


210926_23
アラシ棟の別室にいるのが2020年8月生まれのあんこ&健(けん)。この2頭、わたしは初めてお会いします。


210926_24
あんこ。


210926_25
あんこはしっぽが切れちゃってますの。


210926_26
ジャンピング健さん。


210926_27
カリカリ散らかし健さん。


・・・


210926_28
まだの人はここで記念撮影しましょう!


210926_29
なるべくお客さんが写り込まないように撮ってるので空いているように見えますが、実際には今こんなに集まっていいのかな〜、というぐらいの大盛況状態です。


210926_30
大回遊水槽が一部、外側から見えることに今頃気がつきました。普通はこの場所で振り返らないよね。


210926_31
「ファンタジアム」で開催されるストーリー性のあるいるか・あしかパフォーマンスは、実に油壺のオリジナリティが発揮されてました。他では見れませんからね。


210926_32
トレーナーのみなさん、スタッフのみなさん、長い間お疲れさまでした。というかあとちょっとの間、がんばってください。


210926_33
こちらこそありがとうございます。


210926_34
カワウソのみなさんもお疲れさまでした。きっとまた、どこかで会えますね。その時を楽しみにしています。




  • Posted by jsato
  • 22:50 | Edit

油壺カワウソ・祝開館50周年

190328_02
京急油壺マリンパークは1968年開館なので、50周年になってたんですね。カワウソ展示だってもう9年になるので全体の約5分の1、すでにその歴史の一部と言ってもよいのです。


190328_03
よく晴れた3月下旬の朝。


190328_04
あずきあられ姉妹。必ず「あずきが左であられが右」です。


190328_05
この鉄板なポジション取り、もう見事としか言いようがありません。


190328_06
左がダンデで右がフク。


190328_07
ゴマ先生、ご隠居感が。


190328_08
前回の撮影から約2年。この間に新獺さんが入ってます。


190328_09
左がコテツで右が新獺さんのコハル。


190328_10
コハルさん、はっきりした目鼻立ち。


190328_11
ファンタスティックコハル♡


190328_12
なかよしでなかなかよろしい。


190328_13
ネスタ。写真がイマイチですんません。


190328_14
アラシというか嵐。この日は引っ込んでましたが覗くと見えます。



・・・お昼でーす・・・



190328_15
ちょいと魚屋さん!おまけしてねー!


190328_17
もらったぁ〜♪


190328_16
それちっさいよん


190328_18
はじめからおっきいのちょうだいよ


190328_19
ゴマ先生は独特の食べっぷり。


ところで前回、油壺マリンパークではコツメカワウソに対し、ハズバンダリートレーニングを行っていることをご紹介しました。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 油壺カワウソ・最先端ハズバンダリートレーニング!

これってなかなかすご〜いことなのであります。どんなにキーパーさんや獣医さんが凄腕でも、カワウソの方も個体差が激しいですから、どのカワウソに対しても採血などができる、ってわけではありません。

前回、採血を見せていただいたのはコテツだったのですが、ゴマにもできるとのことでした。

というわけで、今回はゴマの採血。


190328_20
この見事な保定!

今日は練習なので本物の注射器ではなく、爪楊枝?です。注射針の代わりにしっぽの付け根 後肢 にプスッっと行きます。

【2019.4.1 訂正】採血をするのはしっぽではなく、後肢の伏在静脈(サフェナ)という部位とのことです。


190328_21
ごほうびだ〜♪



・・・



190328_22
さあ、今日も営業すんよ〜


190328_23
フクさんひげに水の玉が。


190328_24
水中で抱きつき♡ 左フク、右ダンデ。


190328_25
また来てね〜!
(やっぱり必ず、左あずきで右あられ)


  • Posted by jsato
  • 22:47 | Edit

バーゼルカワウソ・その2

[ Asian small-clawed otters at Zoo Basel. A mysterious object has turned out to be an automatic feeder for the otters! ]

180925_01
バーゼル動物園のコツメカワウソのつづきです。


180925_02
[前回のあらすじ]広大なインドサイ放飼場を取り巻く細い水路に設けられた謎のバケツオブジェ。これは本当にコツメカワウソ用のフィーダーなのか。本当にコツメたちはここにやってくるのであろうか。



・・・



180925_03
あら!本当に来たw

すでに時刻は午後4時23分です。ちょうどお腹のすく時間帯。それまでに一度も現れなかった、ということは、夕方になるとここで何か食べられる、ということを学習しているとみていいのでは。


180925_04
でもね、


180925_05
まだバケツが高いのですよ。バランス用の氷が解けきっていません。


180925_06
うーん


180925_07
でもはやく食べたい


180925_08
思いっきり横目で見てますねw


180925_09
未練たらたら〜
ヨダレみたいw


180925_10
まだかまだかまだかまだか


180925_11
うりゃ〜っ
仕方なく水路で滝登り。


180925_12
でも、


180925_13
すぐに戻ってきて、


180925_14
バケツが気になる。


・・・そんなこんなで20分ぐらい経過・・・


180925_15
お、もう届きそうだぞ!


180925_16
バケツにはちょうどコツメの前肢が入るぐらいの穴が開けられています。


180925_17
でも、


180925_18
まだ十分に届いていない感じ。


180925_19
ダメだこりゃ


180925_20
引き下がって対策を練る(ように見えます)。



で、その対策とは?


180925_21
おーい!


180925_22
なんじゃい!


180925_23
メインの放飼場にいる仲間を呼び寄せた(ように見えた)。


180925_24
やってきた2匹は共同作業でバケツを攻略して、


180925_25
わりとあっさり、おいしいものゲット。


180925_26
いいなー


180925_27
よっしゃあ!
気合が入る(ように見えた)。


180925_28
お、とれた!


180925_30
持って帰って土手の上で食べてます。
おいしいものの正体は、どうやら貝のむき身のようですね。


180925_31
よかったね。


180925_29
おいしいもの探しはつづきます。


180925_32
このバーゼル方式(?)のフィーダー、どっかで見たような気もするんだけど思い出せません。


  • Posted by jsato
  • 18:00 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまで何と4刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに9巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】