Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

越前カワウソ・女子のお部屋♪

[ Continuing article of Echizen Matsushima Aquarium. In order to breeding control, otters are divided into groups according to their sex. This time, take a look into the female room. ]

111122_01
ユズのどアップ

越前松島水族館のつづき。以前の訪問の際には、二度ともちびうそに気を取られ、全個体をまんべんなく撮ることができなかったような気がする。以前のエントリへのリンク。

Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 水中カワウソ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 越前カワウソ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 越前カワウソ・ベビーズ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 越前カワウソ・口のまわりの白い毛
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 越前カワウソ・ベビーズ2
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 越前カワウソ・女子部
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 越前カワウソ・全部のせ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】 | 越前カワウソ・ありがとうニコ

しかしまあ、結構多いな越前松島のエントリw。

現在のファミリーのお母さんであるニコが昨年11月にお星さまになってしまい、パートナーのシウバもアドベンに帰ってしまい、ちょっとさびしくなってしまったんだけど、それでも越前松島カワウソは魅力的だと思う。その理由は次回以降に書く。


111122_02
ユズさんぽよぽよ。


今回はその反省に立って、全部の個体をちゃんと識別するようにしました。ちびうそがいないとこんなにも冷静になれる自分にびっくりだ。


111122_03
ユズの特徴は鼻の左側のピンクの部分。うしろにいるのはアリス。


111122_04
アリスの特徴的な「口のまわりの白い毛」。


111122_05
口が白いというか、まわりが黒いと言うか。とにかくアリスは一発で見分けられる。


111122_06
なによー!


111122_07
こちらはカレン。ちょっとタラコw


111122_08
前回(2010年5月)に会った時はちびうそだったのに。当たり前だがこんなに大きくなっていて笑った。長いこと会ってなかった親戚の子がでかくなっててびっくり、という感覚に近いんだろうか。


111122_09
いたずら者っぽい感じですが、そのとおりです。みんなの毛を抜きまくってるらしい。


111122_10
カレンは濡れると鼻の右下に黒い部分が現われる。あと鼻の上の毛が白い。


111122_11
これはレイ。カレンと同じく前回のちびうそのうちの1頭。


111122_12
カレンと似てるんだけど、レイは鼻の上の毛が黒い。


111122_13
あと口もとの表情が堅い。何というか意志が強そうな、強情?な感じだろうか。


111122_14
女子部屋ぞろぞろ。先頭のユズの毛がボロボロなのは、カレンの毛抜き攻撃をもっとも激しく受けまくっているため。


111122_15
おねえちゃんは大変だ。


111122_16

手前からカレン、ユズ、アリス、レイ。

まだまだつづきます。

  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 23:44 | Edit

越前カワウソ・おなかが空くと起きてきます

[ Echizen Matsushima Aquarium is one of distinguished otter keeping aquarium. They have had good results in breeding of small-clawed otter by their carefully treating. ]

111121_01
アシュ元気だったかー?

1年半ぶりの越前松島水族館。なかなか行けないけど、ここ3年間、どうにか毎年行けてるので勘弁してね。10時過ぎに着いたらみんな寝てたんだけど、男子部屋でアシュだけが起きてた。


111121_02
あれ、氷食べてる?


111121_03
もう1頭のタイムはねむねむ。


111121_04
ねむ〜。


111121_05
女子部屋のみんなは爆睡中だ。


111121_06
ユズちゃんねむねむ。


111121_08
かわええカワウソガイドが貼られてました。


111121_07
ま、そういうわけなんで、ちょっと他を回ってからまた来るよ。


111121_09
シーズンオフの晴れた平日の水族館で、イルカショーを脇の方からぼーっと眺めるのって悪くない。何だかとてつもなくシアワセな気がする。


あ、そうそう。越前松島水族館では今年の7月29日に「ぺんぎん館」がオープンしたんだよね。ちょっと覗いてみよう。


111121_15
おお、いきなり水中トンネル。そんで普通に泳いでるのがキングペンギンというw


111121_10
以前の極地ペンギン展示棟はかなり狭かったので、もうまるっきり別の世界になってます。新しいペンギン展示は陸地面積が5倍、水量は20倍だそう。


111121_11
ジェンツー♪


111121_12
イワトビ♪


111121_13
「なんやおまえ」

ペンギンにカツアゲされてはたまらんので、ここらでカワウソに戻ることにします。ぺんぎん館はかなり冷えるので、ねばる人は防寒着を忘れずに。



111121_14
お、起きてきた!


つづく〜♪

  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 22:31 | Edit

越前カワウソ・ありがとうニコ

越前松島水族館から訃報です。残念です。



【記事転載】越前松島水族館の飼育ブログ:お引越し

お知らせ:
これまでたくさんの子どもを産み育ててくれたお母さん「ニコ」が、先月死亡しました。
多くの方に可愛がっていただき、ありがとうございました。
また、今年2月生まれのオス「ナル」が池田動物園へ引っ越しました。
現在はお父さん「シウバ」と息子2頭、娘4頭が元気に暮らしていますので
冬休みにぜひ会いにきてくださいね。




今まで越前松島には2度、出掛けているのですが、いつも生まれたての子たちと、元気に動き回る若い子たちばかりを撮ってて、ニコとシウバ夫妻はろくろく撮れていなかった。それどころか、ニコとシウバの個体識別ポイントすら、教えてもらっていませんでした。

101216a
2009年11月撮影

したがって、この写真のどっちがニコなのか、わからないという体たらくです(左かなあ)。とにかくこの2頭はまたいつでも撮れるだろう、と考えていた。とっても不覚。とってもくやしい。



こっちは間違いなくニコだと思います。同じ日の撮影。

101216b

キーパーさんが合図すると、お腹見せてゴロゴロしていました。今さらですが、しっぽに特徴があることに気が付きました。

越前松島のブログで公開されている情報を総合しますと、ニコは2004年9月東山動物園生まれ。越前松島に来てシウバとカップリングし、2007年1月、11月、2008年9月、2009年5月、2010年2月と立て続けに出産しています。毎回3頭ずつで、このうち2007年1月の子うち1頭はサンピアザ水族館に行った「つぶ」、それと2007年11月の子の1頭は千葉市動物公園の、あのチイコです。それ以外の移動は積極的に公開されていないのかな。これはシウバがアドベンチャーワールドからのブリーディングローン個体である、という事情があるためと思います。

とにかく、15頭も産んでくれたニコ、ありがとう。安らかに。


【追記 2010.12.19】
2頭の写真、やはり左がニコだそうです。
口から胸にかけて色白なのがニコ。口のまわりが黒いのがシウバとのことです。

  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 01:56 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまで何と4刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに9巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】