Das Otterhaus 【カワウソ舎】

生きることは、見ること。写真作家・佐藤淳一が動物園水族館と生息地を訪ねます。カワウソがいてもいなくてもひたすら訪ねます。

狩野川・千歳橋橋脚

090322

概念である各種水位が、リアルな場所に可視化されている。まあちょっとベタなんだけど、さすがは水位の上昇に敏感な狩野川である。ここでは水位は単なる治水計画上の概念ではなく、雨が降るたびにみんなが気にしている生活情報なのだ。

表示のバランスとか、色とか書体とか、こういう情報をもっとかっこよく表示する方法を考える、ってのは完全にデザイン領域の話なんだよね。景観配慮と称して妙に媚びた造形を施すことより、こういう細かい表示までトータルに気を使うことが、本当のドボク・デザインだろうと思うのだ。
  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 23:54 | Edit

天竜川の最初の橋

Kamaguchi_Bridge_02

Kamaguchi_Bridge_01
写真をクリックすると、Panoramio上のわたしの写真に飛びます。

釜口橋。長さ51.8m。1932年製。

諏訪湖から天竜川が流れ出るところにある釜口水門の、すぐ下流にある。鋼橋が赤いと、それだけで気になるのだった。

那珂湊の海門橋の例もあるのでアーチ橋か、と思ったらトラス橋でいいらしい。「下路ボーストリングトラス橋」というのだそうだ。よく見比べたらぜんぜん形が違う。いかに色しか見てないか、もうバレバレである。

そうだ、去年の今ごろ、橋を勉強しておこうと思ったんだった。ぜんぜんやってない。こりゃいかん。
  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 23:06 | Edit

第2是政橋

080626

正直なところ、今まで斜張橋ってあんまりぐっと来なかったのだが、意外や工事中は結構な迫力で、なかなか主張があるではないか。いっそ完成してもこのまま足場残しておいてくれればいいのに、とか思う。

たぶん設計する側としては、「すらっ」と立っている感じ、無理せず余裕ぶっこいて立っているクールな感じ、そういったあたりを表現されたいのだと思う。もちろんそれはそれでわからないでもない。

でも、見る側は勝手なもので、「がんばってやっと立っている」感を応援してしまいがちだ。作っている最中の足場がまとわりついている様子は、とてもがんばっている感、があるので、そっちの方が見応えがあるように思えてしまう。完成品より足場付きの方に愛着が持てそうな自分、をカミングアウトだ。申し訳ないが、本当にそう思えるのだ。


作る側と見る側のこのギャップが、なかなか深いんだ。


この位置から見ると、既設の是政橋のワイヤーが、マンガで登場人物がびっくりしたコマのいわゆる「ズーム表現」のように見えてくる。あるいは「錯視」の例。2本の平行線が、クロスする斜線群によって平行に見えなくなるあれ。ちょっと違うか。

仏像の頭に付いている「後光」の表現にも見えるな。そういや斜張橋って、塑造な感じも何だか巨大仏と似ている。


  • Posted by jsato
  • TB(0)
  • 16:31 | Edit

おやすみ前にこの一冊・・・
160px_kawauso_book
東京書籍刊『カワウソ』をお買い上げくださいましてありがとうございます。おかげさまで何と4刷!

「カワウソなび」の最新情報はこちらをどうぞ↓


Where captive otters live in Japan.

 Otter holding facilities in Japan

動物園・水族館・生息地

[動物園・水族館・生息地ごとの記事アーカイブ。カワウソ中心ですが、たまにほかの動物も出ます]

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
タグ絞り込み検索
Junichi SATO

self portrait

[佐藤淳一]1963年生まれ。土木構造物と動物という、かけ離れた領域を行き来するあまり類を見ない写真作家。上の写真はベルリン地下鉄の駅の壁に貼ってあった「ハンケンスビュッテルかわうそセンター」のポスターを撮ったもの(2005年)。意図せず自分も写り込んでしまったので、公式セルフポートレートに認定。光学的にカワウソと一体化しています。

 Biography + Bibliography
(展覧会と各種掲載リスト)


 Floodgates

 Twitter : otterhaus
 Facebook : otterhaus
 Tumblr : otterhaus
 Tumblr : otterhausanbau
 Flickr : Otterhaus

 メールはこちら

* 依然として記事の内容に無関係なスパム的書き込みが多いため、各記事に対する新規コメントは現在、受け付けておりません。ご連絡は上のメールフォームから、公開ツッコミなどはFacebook、Twitterをご利用いただければ幸いです。


キュイキュイ書房
カワウソ本とカワウソグッズの密林セレクトショップ♪

かわうそ店長、とってもハマります。すでに9巻まで出てるよ。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス) [コミック]

こやまけいこ
芳文社
2014-10-16


酒ケーキもいいんだけど、せんべいの方がもっといいよ獺祭。

旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り
旭酒造 獺祭 煎餅 だっさい せんべい 山田錦の砕米で作りました 30枚入り [その他]
旭酒造


世界13種のカワウソが網羅されているすばらしい入門書が出ました。写真もいっぱい!

Otters of the World
Otters of the World


ハンザのぬいぐるみが各種、買えるようになってますよ。
カワウソ No.3320
カワウソ No.3320 [おもちゃ&ホビー]


フィギュアはシュライヒが造りがいいですね(なぜか最近すごい値段になってる!)。
Schleich シュライヒ カワウソ
Schleich シュライヒ カワウソ


かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)
かわうそ3きょうだい そらをゆく (にじいろえほん)


かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ (えほんひろば)


かわうそ3きょうだい (えほんひろば)
かわうそ3きょうだい (えほんひろば)


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)


ぼく、およげないの
ぼく、およげないの


ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学
ニホンカワウソ―絶滅に学ぶ保全生物学


Otter (Animal)
Otter (Animal)


Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)
Otters: Ecology, Behaviour And Conservation (Oxford Biology)


カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))
カワウソと暮らす (富山房百科文庫 (34))


The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother
The Ring of Bright Water Trilogy: Ring of Bright Water, The Rocks Remain, Raven Seek Thy Brother


椋鳩十全集〈20〉カワウソの海
椋鳩十全集〈20〉カワウソの海


ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)
ガンバとカワウソの冒険 (岩波少年文庫)


河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅
河合雅雄の動物記〈2〉カワウソ流氷の旅

・・・
わたしの本も、ついでにいかがでしょう?


カワウソ

おそらく日本初の、カワウソだけ写真集


ドボク・サミット
ドボク・サミット

みんなで作ったドボク本



恋する水門―FLOODGATES

一家に一冊!世界初の水門写真集


  • ライブドアブログ
Das Otterhaus 【カワウソ舎】